AWS CodeCommit リポジトリイベントの通知を設定する - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit リポジトリイベントの通知を設定する

指定したリポジトリイベントタイプについてリポジトリユーザーが E メールを受け取れるように、リポジトリの通知ルールを設定できます。イベントが通知ルールの設定と一致すると通知が送信されます。通知用の Amazon SNS トピックを作成するか、AWS アカウントの既存のトピックを使用できます。CodeCommit コンソールと AWS CLI を使用して、通知ルールを設定できます。


      CodeCommit リポジトリで設定された通知ルール

リポジトリ通知ルールの使用

通知ルールを設定すると、他のユーザーに影響を及ぼすアクションがあったときにリポジトリユーザーに E メールを送信できます。たとえば、コミット時にコメントが作成されたときに通知を送信するよう通知ルールを設定できます。この設定では、リポジトリユーザーがコミット中のコード行についてコメントすると、他のリポジトリユーザーに E メールが届きます。サインインしてコメントを表示できます。コメントに応答しても E メールが生成されるため、リポジトリユーザーは常に把握することができます。

通知ルールはリポジトリトリガーとは異なり、2019 年 11 月 5 日以前に CodeCommit コンソールで設定できた通知とも異なります。

  • 一部のリポジトリイベントに関する E メールを送信するために Amazon SNS を使用するようにトリガーを設定できますが、それらのイベントはブランチの作成やブランチへのコードのプッシュなどの操作イベントに制限されています。トリガーは、リポジトリイベントを評価するために CloudWatch イベント ルールを使用しません。これらは範囲がさらに制限されています。トリガーの使用に関する詳細については、「リポジトリのトリガーを管理する」を参照してください。

  • 2019 年 11 月 5 日以前に設定された通知では、使用可能なイベントタイプが少なく、Amazon Chime チャットルームまたは Slack チャネルとの統合用に設定できませんでした。2019 年 11 月 5 日以前に設定された通知を引き続き使用できますが、このタイプの通知を作成することはできません。代わりに、通知ルールを作成して使用します。通知ルールを使用し、2019 年 11 月 5 日以前に作成された通知は無効化または削除することをお勧めします。詳細については、「Create a notification rule」および「通知の削除」を参照してください。