Visual Studioを と統合するAWS CodeCommit - AWS CodeCommit

Visual Studioを と統合するAWS CodeCommit

Visual Studio を使用して CodeCommit リポジトリでコードを変更できます。AWS Toolkit for Visual Studio には、Visual Studio での作業時に CodeCommit を使用した作業をより簡単かつ便利にする機能が追加されています。Toolkit for Visual Studio の統合は、Git 認証情報および IAM ユーザーと連携するように設計されています。既存のリポジトリのクローン作成、リポジトリの作成、リポジトリへのコード変更のコミットとプッシュなどを行うことができます。

重要

Toolkit for Visual Studio は、Windows オペレーティングシステムでのみインストールできます。Visual Studio Code での作業に関する情報については、「AWS Toolkit for Visual Studio Code」を参照してください。

以前 Toolkit for Visual Studio を使用した経験がある場合は、おそらく既にアクセスキーとシークレットキーを含む AWS 認証情報プロファイルの設定についてはご存知でしょう。認証情報プロファイルは、Toolkit for Visual Studio で使用され、AWS のサービスの API に対する呼び出し (バケットをリストするための Amazon S3 に対する呼び出し、リポジトリの一覧を表示するための CodeCommit への呼び出しなど) を可能にします。コードをプルして CodeCommit リポジトリにプッシュするには、Git 認証情報も必要です。Git 認証情報がない場合は、Toolkit for Visual Studio でこれらの認証情報を生成して適用できます。これで大幅に時間を節約できます。

CodeCommit で Visual Studio を使用するには、次が必要です。

  • 有効な認証情報 (アクセスキーとシークレットキー) を持つ IAM ユーザー。この IAM ユーザーには以下も必要です。

    CodeCommit 管理ポリシーと IAMSelfManageServiceSpecificCredentials 管理ポリシーの 1 つが適用されていること。

    または

    IAM ユーザーに既に Git 認証情報が設定されている場合、CodeCommit 管理ポリシーのいずれか、または同等のアクセス許可のいずれかです。

    詳細については、CodeCommit の AWS 管理ポリシー およびセキュリティ認証情報の理解と取得を参照してください。

  • Visual Studio をインストールしたコンピュータにインストールされている AWS Toolkit for Visual Studio。詳細については、「AWS Toolkit for Visual Studio をセットアップする」を参照してください。

CodeCommit での AWS Toolkit for Visual Studio 使用方法の詳細については、「Toolkit for Visual Studio User Guide」の「Using AWS CodeCommit with Visual Studio Team Explorer」を参照してください。