のインストール CodeDeploy Amazon Linux または RHEL 用エージェントです。 - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のインストール CodeDeploy Amazon Linux または RHEL 用エージェントです。

インスタンスにサインインし、次のコマンドを一度に 1 つずつ実行します。コマンド sudo yum update を最初に実行するのが、yum を使用してパッケージをインストールするときのベストプラクティスと考えられていますが、すべてのパッケージを更新しない場合はこのコマンドをスキップできます。

注記

4 番目のコマンドで、/home/ec2-user は、Amazon Linux または RHEL Amazon EC2 インスタンスのデフォルトのユーザー名を表しています。インスタンスがカスタム AMI を使用して作成された場合、AMI 所有者は別のデフォルトのユーザー名を指定している可能性があります。

sudo yum update
sudo yum install ruby
sudo yum install wget

以前のエージェントキャッシュ情報の AMI を消去するには、次のスクリプトを実行します。

#!/bin/bash CODEDEPLOY_BIN="/opt/codedeploy-agent/bin/codedeploy-agent" $CODEDEPLOY_BIN stop yum erase codedeploy-agent -y
cd /home/ec2-user
wget https://bucket-name.s3.region-identifier.amazonaws.com/latest/install

bucket-nameは Amazon S3 バケットの名前です。 CodeDeploy お住まいの地域のリソースキットファイル。リージョン識別子はお住まいの地域の識別子です。例えば、米国東部 (オハイオ) リージョンの場合は、バケット名aws-codedeploy-us-east-2 と、リージョン識別子us-east-2 と置き換えます。バケット名とリージョン識別子のリストについては、「リソースキットのバケット名 (リージョン別)」を参照してください。

chmod +x ./install

の最新バージョンをインストールするには CodeDeploy エージェント:

  • sudo ./install auto

の特定のバージョンをインストールするには CodeDeploy エージェント:

  • お住まいの地域で利用可能なバージョンをリストします。

    aws s3 ls s3://aws-codedeploy-region-identifier/releases/ | grep '\.rpm$'
  • 以下のいずれかのバージョンをインストールします。

    sudo ./install auto -v releases/codedeploy-agent-###.rpm
    注記

    でサポートされている最小バージョン CodeDeploy エージェントは1.1.0 です。以前のものの使用 CodeDeploy エージェントにより、デプロイが失敗する可能性があります。

サービスが実行されているかどうか確認するには、次のコマンドを実行します。

sudo service codedeploy-agent status

そのファイルに CodeDeploy エージェントがインストールされて実行している場合、「」のようなメッセージが表示されます。The AWS CodeDeploy agent is running

error: No AWS CodeDeploy agent running 」のようなメッセージが表示される場合は、サービスを起動し、次の 2 つのコマンドを一度に 1 つずつ実行します。

sudo service codedeploy-agent start
sudo service codedeploy-agent status