CodeDeploy Amazon EC2 デプロイ用Elastic Load Balancing でロードバランサーをセットアップする - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeDeploy Amazon EC2 デプロイ用Elastic Load Balancing でロードバランサーをセットアップする

Blue/Green デプロイまたはインプレースデプロイを実行するときにオプションのロードバランサーをデプロイグループで指定する場合は、Elastic Load Balancer、または Network Classic Load Balancer を Elastic Load Balancing で作成しておく必要があります。Blue/Green デプロイの場合は、そのロードバランサーを使用して置き換え先環境を構成するインスタンスを登録します。元の環境のインスタンスは、この同じロードバランサーにオプションで登録できます。

Classic Load Balancer を設定するには、にある指示に従ってください。チュートリアル: Classic Load Balancer の作成Classic Load Balancer のユーザーガイド。以下の点に注意してください。

  • Eclipseステップ 2: Load Balancer の定義、で内側に LB を作成で、インスタンスを作成したときに選択したのと同じ VPC を選択します。

  • Eclipseステップ 5: Load Balancer への EC2 インスタンスの登録で、現在デプロイグループにあるインスタンス (インプレースデプロイ)、または元の環境に存在するように指定したインスタンス (Blue/Green デプロイ) を選択します。

  • Eclipseステップ 7: Load Balancer の作成と検証で、ロードバランサーの DNS アドレスをメモしておきます。

    たとえば、ロードバランサーの名前を my-load-balancer とした場合、DNS アドレスは my-load-balancer-1234567890.us-east-2.elb.amazonaws.com のような形式で表示されます。

Application Load Balancer を設定するには、以下のトピックのいずれかの指示に従ってください。

Network Load Balancer を設定するには、以下のトピックのいずれかの指示に従ってください。

Classic Load Balancer を設定するには、にある指示に従ってください。チュートリアル: Classic Load Balancer の作成