AWS CodeDeploy
ユーザーガイド (API バージョン 2014-10-06)

Amazon SNS イベント通知を使用したデプロイのモニタリング

トリガーを CodeDeploy デプロイグループに追加すると、そのデプロイグループのデプロイまたはインスタンスに関連するイベントに関する通知を受信できます。これらの通知は、トリガーのアクションの一部にしている Amazon SNS トピックにサブスクライブされている受信者に送信されます。

SMS メッセージまたは電子メールメッセージで、CodeDeploy イベントの通知を受信できます。また、Amazon SQS キューへのメッセージの送信、または AWS Lambda での関数の呼び出しなど、指定されたイベントが他の方法で発生したときに作成される JSON データを使用することもできます。デプロイおよびインスタンストリガーに提供される JSON データの構造については、「CodeDeploy トリガーの JSON データの形式」を参照してください。

次の場合に、トリガーを使用して通知を受け取ることもできます。

  • トラブルシューティングできるように、デプロイが失敗または停止したときに知る必要がある開発者の場合。

  • Amazon EC2 フリートの状態を監視するために、いくつのインスタンスが失敗したかを知る必要があるシステム管理者の場合。

  • デスクトップの電子メールクライアントのフォルダに様々なタイプの通知をルーティングするフィルタリングルールを使用して、デプロイおよびインスタンスのイベントの数を一目で把握したいマネージャーの場合。

次のいずれかのイベントタイプに対して、CodeDeploy デプロイグループごとに最大 10 のトリガーを作成できます。

デプロイイベント インスタンスイベント
  • 成功

  • 失敗

  • 開始済

  • 停止

  • ロールバック

  • 準備完了¹

  • すべてのデプロイイベント

  • 成功

  • 失敗

  • 開始済

  • 準備完了¹

  • すべてのインスタンスイベント

¹Blue/Green デプロイにのみ適用されます。最新のアプリケーションのリビジョンが、置き換え先環境でインスタンスにインストールされており、元の環境からのトラフィックをロードバランサーの背後で再ルーティングすることができることを示します。詳細については、「CodeDeploy でのデプロイの使用」を参照してください。