インスタンスの問題のトラブルシューティング - AWS CodeDeploy

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インスタンスの問題のトラブルシューティング

タグは正しく設定する必要がある

デプロイに使用されるインスタンスに正しくタグが付けられていることを確認するには、list-deployment-instances コマンドを使用します。出力に EC2 インスタンスがない場合は、EC2 コンソールを使用して、インスタンスにタグが設定されていることを確認します。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド の、「コンソールのタグ付け」を参照してください。

注記

インスタンスにタグを付けてすぐに使用すると CodeDeploy アプリケーションをデプロイする場合、インスタンスはデプロイに含まれないこともあります。これは、までに数分かかることがあるためです。 CodeDeploy タグを読むことができます。インスタンスにタグを付けてから、そのインスタンスへのデプロイを試みるまでに、少なくとも 5 分待つことをお勧めします。

インスタンスで AWS CodeDeploy エージェントをインストールして実行する必要があります。

検証するには CodeDeploy エージェントがインスタンスにインストールされ、実行されている。の検証 CodeDeploy エージェントが実行されている

をインストール、アンインストール、または再インストールするには CodeDeploy エージェント、見てをインストールする CodeDeploy エージェント

デプロイ中にインスタンスを削除した場合、デプロイは最大 1 時間は失敗しません。

CodeDeploy には、各デプロイライフサイクルイベントの実行が完了するまでに 1 時間の枠を設定しています。これにより、実行時間が長いスクリプトにも十分な時間が提供されます。

ライフサイクルイベントの進行中に、スクリプト実行が完了しない場合 (たとえば、インスタンスが終了された、 CodeDeploy エージェントがシャットダウンされています)、デプロイのステータスが Failed になるまで、最大で 1 時間かかることがあります。スクリプトに指定されたタイムアウト時間が 1 時間未満である場合も同様です。これは、インスタンスが終了すると、 CodeDeploy エージェントがシャットダウンし、それ以上のスクリプトを処理できない。

インスタンスがライフサイクル間、または最初のライフサイクルイベントのステップが開始する前に削除された場合、タイムアウトはわずか 5 分後に発生します。

ログファイルの分析によるインスタンスでのデプロイの失敗の調査

デプロイのインスタンスのステータスが Succeeded 以外のいずれかである場合は、デプロイのログファイルデータを確認すると、問題の特定に役立ちます。デプロイのログデータへのアクセス方法については、「CodeDeploy EC2/オンプレミスデプロイのログデータを表示する」を参照してください。

新しいを作成します。 CodeDeploy 誤って削除した場合は、ログファイル

誤ってインスタンスのデプロイログファイルを削除した場合、 CodeDeploy 代替ログファイルは作成されません。新しいログファイルを作成するには、インスタンスにサインインし、以下のコマンドを実行します。

Amazon Linux、Ubuntu Server、または RHEL インスタンスの場合、以下のコマンドをこの順序で 1 つずつ実行します。

sudo service codedeploy-agent stop
sudo service codedeploy-agent start

Windows Server インスタンスの場合

powershell.exe -Command Restart-Service -Name codedeployagent

およびのトラブルシューティングInvalidSignatureException — 署名の有効期限切れ:[time] が [time] より前になりました」デプロイエラー

CodeDeploy では、オペレーションを実行するために正確な時間の参照が必要です。インスタンスの日時が正しく設定されていない場合は、デプロイリクエストの署名と一致しないことがあり、 CodeDeploy 拒否します。

誤った時間設定に関連するデプロイの失敗を回避する方法については、次のトピックを参照してください。