AWSAppConfig - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWSAppConfig

AWSAppConfig はAWS Systems Manager。AppConfig は、あらゆる規模のアプリケーションへの制御されたデプロイをサポートし、検証チェックとモニタリングの機能が組み込まれています。Amazon EC2 インスタンスでホストされているアプリケーションで AppConfig を使用できます。AWS Lambda、コンテナ、モバイルアプリケーション、または IoT デバイス。

-AppConfigデプロイアクションはAWS CodePipelineアクションを使用して、パイプラインソースの場所に格納されている設定を指定した AppConfig にデプロイします。アプリケーション,環境, および設定profile。これは、AppConfig で定義された環境設定を使用しますデプロイ戦略

アクションの種類

  • カテゴリ: Deploy

  • 所有者: AWS

  • プロバイダー: AppConfig

  • バージョン: 1

設定パラメータ

アプリケーション

必須 はい

の IDAWSAppConfig アプリケーションに、構成と展開の詳細が記載されています。

環境

必須 はい

の IDAWS構成がデプロイされる AppConfig 環境。

構成プロファイル

必須 はい

の IDAWSデプロイする AppConfig 構成プロファイル。

入力ファクト構成パス

必須 はい

デプロイする入力アーティファクト内の構成データのファイルパス。

デプロイストラテジー

必須 いいえ

-AWSデプロイメントに使用する AppConfig デプロイメント戦略。

入力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 1

  • 説明: デプロイアクションの入力アーティファクト。

出力アーティファクト

該当しません。

アクション設定の例

YAML
name: Deploy actions: - name: Deploy actionTypeId: category: Deploy owner: AWS provider: AppConfig version: '1' runOrder: 1 configuration: Application: 2s2qv57 ConfigurationProfile: PvjrpU DeploymentStrategy: frqt7ir Environment: 9tm27yd InputArtifactConfigurationPath: / outputArtifacts: [] inputArtifacts: - name: SourceArtifact region: us-west-2 namespace: DeployVariables
JSON
{ "name": "Deploy", "actions": [ { "name": "Deploy", "actionTypeId": { "category": "Deploy", "owner": "AWS", "provider": "AppConfig", "version": "1" }, "runOrder": 1, "configuration": { "Application": "2s2qv57", "ConfigurationProfile": "PvjrpU", "DeploymentStrategy": "frqt7ir", "Environment": "9tm27yd", "InputArtifactConfigurationPath": "/" }, "outputArtifacts": [], "inputArtifacts": [ { "name": "SourceArtifact" } ], "region": "us-west-2", "namespace": "DeployVariables" } ] }

このアクションを利用する際に役立つ関連リソースは以下の通りです。

  • AWSAppConfig— の詳細については、「」を参照してください。AWSAppConfig デプロイについては、『AWS Systems Managerユーザーガイド

  • チュートリアル: を使用するパイプラインの作成AWSAppConfig— このチュートリアルでは、簡単なデプロイ設定ファイルと AppConfig リソースの設定から開始し、コンソールを使用してAWSAppConfig デプロイメントアクション。