AWS CodeDeploy - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeDeploy

AWS CodeDeploy アクションを使用して、デプロイフリートにアプリケーションコードをデプロイします。デプロイフリートは、Amazon EC2 インスタンス、オンプレミスインスタンス、またはその両方で構成することができます。

注記

このリファレンストピックでは、 CodeDeploy のデプロイアクション CodePipeline Amazon EC2 をデプロイプラットフォームとします。CodePipeline における Amazon Elastic Container Service から CodeDeploy の blue/green デプロイアクションのリファレンス情報については、Amazon Elastic Contain Service CodeDeploy ブルー/グリーン を参照してください。

アクションタイプ

  • カテゴリ:Deploy

  • 所有者: AWS

  • プロバイダー: CodeDeploy

  • バージョン: 1

設定パラメータ

ApplicationName

必須 はい

CodeDeploy で作成したアプリケーションの名前。

DeploymentGroupName

必須 はい

CodeDeploy で作成したデプロイメントグループ。

入力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 1

  • 説明: - AppSpec ファイルそれ CodeDeploy は次のことを判断するために使用します。

    • Amazon S3 や GitHub にあるアプリケーションリビジョンから、インスタンスにインストールするもの。

    • デプロイライフサイクルイベントに応じて実行するライフサイクルイベントフック。

    の詳細については、「」を参照してください。 AppSpec ファイルについては、CodeDeploy AppSpec ファイルリファレンス

出力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 0

  • 説明: 出力アーティファクトは、このアクションタイプには適用されません。

アクションの宣言

YAML
Name: Deploy Actions: - Name: Deploy ActionTypeId: Category: Deploy Owner: AWS Provider: CodeDeploy Version: '1' RunOrder: 1 Configuration: ApplicationName: my-application DeploymentGroupName: my-deployment-group OutputArtifacts: [] InputArtifacts: - Name: SourceArtifact Region: us-west-2 Namespace: DeployVariables
JSON
{ "Name": "Deploy", "Actions": [ { "Name": "Deploy", "ActionTypeId": { "Category": "Deploy", "Owner": "AWS", "Provider": "CodeDeploy", "Version": "1" }, "RunOrder": 1, "Configuration": { "ApplicationName": "my-application", "DeploymentGroupName": "my-deployment-group" }, "OutputArtifacts": [], "InputArtifacts": [ { "Name": "SourceArtifact" } ], "Region": "us-west-2", "Namespace": "DeployVariables" } ] },

このアクションを利用する際に役立つ関連リソースは以下の通りです。

  • チュートリアル: シンプルなパイプラインを作成する (S3 バケット)— このチュートリアルでは、ソースバケット、EC2 インスタンス、および CodeDeploy サンプルアプリケーションをデプロイするリソース。次に、パイプラインをビルドします。 CodeDeploy S3 バケットに保持されているコードを Amazon EC2 インスタンスにデプロイするデプロイアクションです。

  • チュートリアル: シンプルなパイプラインを作成する (CodeCommit リポジトリ)— このチュートリアルでは、「」を参照してください。 CodeCommit ソースリポジトリ、EC2 インスタンス、 CodeDeploy サンプルアプリケーションをデプロイするリソース。次に、パイプラインをビルドします。 CodeDeploy からコードをデプロイするデプロイアクション CodeCommit Amazon EC2 インスタンスにリポジトリします。

  • CodeDeploy AppSpec ファイルリファレンス— このリファレンス・チャプタはAWS CodeDeployユーザーガイドの参照情報と例については、を参照してください。 CodeDeploy AppSpec ファイル。