Amazon S3 デプロイアクション - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon S3 デプロイアクション

Amazon S3 デプロイアクションを使用して、静的ウェブサイトホスティングまたはアーカイブのために Amazon S3 バケットにファイルをデプロイします。バケットにアップロードする前にデプロイファイルを抽出するかどうかを指定できます。

注記

このリファレンスのトピックでは、の Amazon S3 デプロイアクションについて説明します。 CodePipeline デプロイプラットフォームは、ホスティング用に設定された Amazon S3 バケットです。CodePipeline での Amazon S3 のソースアクションの詳細については、「」を参照してください。Amazon S3 ソースアクション

アクションタイプ

  • カテゴリ:Deploy

  • 所有者: AWS

  • プロバイダー: S3

  • バージョン: 1

設定パラメータ

BucketName

: 必須 はい

ファイルをデプロイする Amazon S3 バケットの名前。

EXTRACT

: 必須 はい

true の場合、アップロード前にファイルを抽出することを指定します。そうしないと、ホストされている静的 Web サイトの場合など、アプリケーションファイルはアップロード用に圧縮されたままになります。偽の場合、ObjectKeyは必須です。

ObjectKey

条件付き。Extract = false の場合は必須

S3 バケット内のオブジェクトを一意に識別する Amazon S3 オブジェクトキーの名前。

kmsEncryptionKeyArn

: 必須 いいえ

の ARNAWS KMSホストバケットの暗号化キー。-KMSEncryptionKeyARNパラメータは、提供されたアーティファクトを暗号化しますAWS KMS key。 KMS キーの場合、キー ID 、キー ARN 、またはエイリアス ARN を使用できます。

注記

エイリアスは、カスタマーマスターキー (KMS) を作成したアカウントでのみ認識されます。クロスアカウントアクションの場合、キー ID またはキー ARN のみを使用してキーを識別できます。

重要

CodePipeline は、対称 KMS キーのみをサポートしています。非対称キーを使用して S3 bucket のデータを暗号化しないでください。

CannedACL

: 必須 いいえ

-CannedACLパラメータは指定されたものを適用します既定 ACLオブジェクトを Amazon S3 にデプロイします。このオブジェクトに適用された既存の ACL が上書きされます。

cacheControl

: 必須 いいえ

-CacheControlパラメータは、バケット内のオブジェクトのリクエスト/レスポンスのキャッシュ動作を制御します。有効な値のリストについては、HTTP オペレーションの Cache-Control ヘッダーフィールドを参照してください。CacheControl に複数の値を入力するには、各値の間にカンマを使用します。CLI の例に示すように、各カンマの後にスペースを追加できます (オプション)。

"CacheControl": "public, max-age=0, no-transform"

入力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 1

  • 説明: デプロイメントまたはアーカイブのファイルは、ソースリポジトリから取得され、圧縮され、CodePipeline によってアップロードされます。

出力アーティファクト

  • アーティファクトの数: 0

  • 説明: 出力アーティファクトは、このアクションタイプには適用されません。

アクションの宣言

YAML
Name: Deploy Actions: - Name: Deploy ActionTypeId: Category: Deploy Owner: AWS Provider: S3 Version: '1' RunOrder: 1 Configuration: BucketName: website-bucket Extract: 'true' ObjectKey: MyWebsite OutputArtifacts: [] InputArtifacts: - Name: SourceArtifact Region: us-west-2 Namespace: DeployVariables
JSON
{ "Name": "Deploy", "Actions": [ { "Name": "Deploy", "ActionTypeId": { "Category": "Deploy", "Owner": "AWS", "Provider": "S3", "Version": "1" }, "RunOrder": 1, "Configuration": { "BucketName": "website-bucket", "Extract": "true", "ObjectKey": "MyWebsite" }, "OutputArtifacts": [], "InputArtifacts": [ { "Name": "SourceArtifact" } ], "Region": "us-west-2", "Namespace": "DeployVariables" } ] },

このアクションを利用する際に役立つ関連リソースは以下の通りです。

  • チュートリアル: デプロイプロバイダーとして Amazon S3 を使用するパイプラインを作成する— このチュートリアルでは、S3 デプロイアクションを使用してパイプラインを作成するための 2 つの例について説明します。サンプルファイルをダウンロードし、そのファイルを CodeCommit リポジトリを作成し、S3 バケットを作成し、バケットをホスティング用に設定します。次に、 CodePipeline コンソールを使用して、パイプラインを作成し、Amazon S3 デプロイ設定を指定します。

  • Amazon S3 ソースアクション— このアクションリファレンスは、CodePipeline での Amazon S3 ソースアクションのリファレンス情報と例を提供します。