でクロスリージョンアクションを追加する CodePipeline - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

でクロスリージョンアクションを追加する CodePipeline

AWS CodePipeline には、自動リリースプロセスのリソースの構築、テスト、デプロイの設定に役立つ多数のアクションが含まれています。パイプラインとは異なる AWS リージョンにあるアクションをパイプラインに追加できます。 AWS のサービス がアクションのプロバイダーであり、このアクションタイプ/プロバイダータイプがパイプラインとは異なる AWS リージョンにある場合、これはクロスリージョンアクションです。

注記

クロスリージョンアクションはサポートされており、 CodePipeline がサポートされている AWS リージョンでのみ作成できます。でサポートされている AWS リージョンのリストについては CodePipeline、「」を参照してくださいのクォータ AWS CodePipeline

コンソール、または を使用して AWS CLI、パイプラインにクロスリージョンアクション AWS CloudFormation を追加できます。

注記

の特定のアクションタイプは、特定の AWS リージョン CodePipeline でのみ使用できます。また、アクションタイプは使用できるが、そのアクションタイプの特定の AWS プロバイダーは使用できない AWS リージョンがあることに注意してください。

パイプラインを作成または編集する場合は、パイプラインリージョンにアーティファクトバケットが必要であり、アクションを実行する予定のリージョンごとに 1 つのアーティファクトバケットが必要です。ArtifactStores パラメータの詳細については、「CodePipeline パイプライン構造リファレンス」をご参照ください。

注記

CodePipeline は、クロス AWS リージョンアクションを実行するときに、あるリージョンから他のリージョンへのアーティファクトのコピーを処理します。

コンソールを使用してパイプラインまたはクロスリージョンアクションを作成する場合、デフォルトのアーティファクトバケットは、アクションがあるリージョン CodePipeline で によって設定されます。 AWS CLI、 AWS CloudFormation、または SDK を使用してパイプラインまたはクロスリージョンアクションを作成する場合は、アクションがある各リージョンのアーティファクトバケットを指定します。

注記

アーティファクトバケットと暗号化キーは、クロス AWS リージョンアクションと同じリージョンとパイプラインと同じアカウントで作成する必要があります。

以下のアクションタイプのクロスリージョンアクションは作成できません。

  • ソースアクション

  • サードパーティーアクション

  • カスタムアクション

注記

でクロスリージョン Lambda 呼び出しアクションを使用する場合 CodePipeline、 PutJobSuccessResultおよび を使用した Lambda 実行のステータスは、Lambda 関数が存在する AWS リージョンではなく、 CodePipeline が存在するリージョンに送信PutJobFailureResultする必要があります。

パイプラインにステージの一部としてクロスリージョンアクションが含まれている場合、 はクロスリージョンアクションの入力アーティファクトのみをパイプラインリージョンからアクションのリージョンに CodePipeline レプリケートします。

注記

パイプラインリージョンと、 CloudWatch イベント変更検出リソースが維持されているリージョンは変わりません。パイプラインがホストされているリージョンは変わりません。

パイプラインのクロスリージョンアクションを管理する (コンソール)

CodePipeline コンソールを使用して、既存のパイプラインにクロスリージョンアクションを追加できます。[パイプラインの作成] ウィザードを使用してクロスリージョンアクションを含む新しいパイプラインを作成するには、「パイプラインを作成する (コンソール)」を参照してください。

コンソールでパイプラインステージのクロスリージョンアクションを作成するには、アクションプロバイダーと、そのプロバイダーのリージョンで作成したリソースを一覧表示する [リージョン] フィールドを選択します。クロスリージョンアクションを追加すると、 CodePipeline はアクションのリージョンで別のアーティファクトバケットを使用します。クロスリージョンのアーティファクトバケットの詳細については、「CodePipeline パイプライン構造リファレンス」を参照してください。

パイプラインステージにクロスリージョンアクションを追加する (コンソール)

コンソールを使用してパイプラインにクロスリージョンアクションを追加します。

注記

変更を保存する際にパイプラインが実行中の場合、その実行は完了しません。

クロスリージョンアクションを追加するには
  1. コンソール (http://console.aws.amazon.com/codesuite/codepipeline/home) にサインインします。

  2. パイプラインを選択し、[編集] を選択します。

  3. 図の下部で、新しいステージを追加する場合は [+ Add stage (+ ステージの追加)] を選択します。既存のステージにアクションを追加する場合は、[Edit stage (ステージの編集)] を選択します。

  4. [Edit: <Stage> (編集: <ステージ>)] で、シリアルアクションを追加する場合は [+ Add action group (+ アクショングループの追加)] を選択します。または、パラレルアクションを追加する場合は、[+Add action (+アクションの追加)] を追加します。

  5. [アクションの編集] ページで、以下の操作を行います。

    1. [アクション名] に、クロスリージョンアクションの名前を入力します。

    2. [Action provider (アクションプロバイダー)] で、アクションプロバイダーを選択します。

    3. リージョン で、アクションのリソースを作成または作成する予定の AWS リージョンを選択します。リージョンを選択すると、このリージョンで使用できるリソースが一覧表示されて選択できるようになります。リージョンフィールドは、このアクションタイプとプロバイダータイプに対して AWS リソースが作成される場所を指定します。このフィールドには、アクションプロバイダーが AWS のサービスであるアクションのみが表示されます。[リージョン] フィールドは、デフォルトで、パイプラインと同じ AWS リージョン になります。

    4. [入力アーティファクト] で、前のステージからの適切な入力を選択します。例えば、前のステージがソースステージの場合は、 を選択しますSourceArtifact

    5. 設定するアクションプロバイダーのすべての必須フィールドに入力します。

    6. [出力アーティファクト] で、次のステージへの適切な出力を選択します。例えば、次のステージがデプロイステージの場合は、 を選択しますBuildArtifact

    7. [保存] を選択します。

  6. [Edit: <Stage> (編集: <ステージ>)] で、完了] を選択します。

  7. [保存] を選択します。

パイプラインステージのクロスリージョンアクションを編集する (コンソール)

コンソールを使用してパイプラインの既存のクロスリージョンアクションを編集します。

注記

変更を保存する際にパイプラインが実行中の場合、その実行は完了しません。

クロスリージョンアクションを編集するには
  1. コンソール (https://console.aws.amazon.com/codesuite/codepipeline/home.) にサインインします。

  2. パイプラインを選択し、[編集] を選択します。

  3. [Edit stage (ステージの編集)] を選択します。

  4. [Edit: <Stage> (編集: <ステージ>)] で、既存のアクションを編集するためのアイコンを選択します。

  5. [アクションの編集] ページで、必要に応じてフィールドを変更します。

  6. [Edit: <Stage> (編集: <ステージ>)] で、完了] を選択します。

  7. [保存] を選択します。

パイプラインステージからクロスリージョンアクションを削除する (コンソール)

コンソールを使用してパイプラインから既存のクロスリージョンアクションを削除します。

注記

変更を保存する際にパイプラインが実行中の場合、その実行は完了しません。

クロスリージョンアクションを削除するには
  1. コンソール (http://console.aws.amazon.com/codesuite/codepipeline/home) にサインインします。

  2. パイプラインを選択し、[編集] を選択します。

  3. [Edit stage (ステージの編集)] を選択します。

  4. [Edit: <Stage> (編集: <ステージ>)] で、既存のアクションを削除するためのアイコンを選択します。

  5. [Edit: <Stage> (編集: <ステージ>)] で、完了] を選択します。

  6. [保存] を選択します。

パイプラインにクロスリージョンアクションを追加する (CLI)

を使用して AWS CLI 、既存のパイプラインにクロスリージョンアクションを追加できます。

を使用してパイプラインステージでクロスリージョンアクションを作成するには AWS CLI、オプションregionフィールドとともに設定アクションを追加します。また、アクションのリージョンにアーティファクトバケットを作成しておく必要があります。単一リージョンパイプラインの artifactStore パラメータを指定する代わりに、artifactStores パラメータを使用して各リージョンのアーティファクトバケットのリストを含めます。

注記

このチュートリアルおよびその例では、リージョン A がパイプラインの作成先のリージョンです。パイプラインアーティファクトを保存するために使用されるRegionA Amazon S3 バケットと、 で使用されるサービスロールにアクセスできます CodePipeline。RegionB は、 で使用される CodeDeploy アプリケーション、デプロイグループ、およびサービスロールが作成されるリージョン CodeDeploy です。

前提条件

以下を作成しておく必要があります。

  • リージョン A のパイプライン。

  • リージョン B の Amazon S3 アーティファクトバケット

  • リージョン RegionB のクロスリージョンデプロイアクションの CodeDeploy アプリケーションやデプロイグループなど、アクションのリソース。

パイプラインにクロスリージョンアクションを追加する (CLI)

を使用して AWS CLI 、クロスリージョンアクションをパイプラインに追加します。

クロスリージョンアクションを追加するには
  1. リージョン A のパイプラインで、get-pipeline コマンドを実行し、パイプライン構造を JSON ファイルにコピーします。例えば、MyFirstPipeline という名前のパイプラインに対して、以下のコマンドを実行します。

    aws codepipeline get-pipeline --name MyFirstPipeline >pipeline.json

    このコマンドは何も返しませんが、作成したファイルは、コマンドを実行したディレクトリにあります。

  2. region フィールドを追加して、アクションのリージョンとリソースを含むクロスリージョンアクションを関連付けた新しいステージを追加します。次の JSON サンプルは、プロバイダーが新しいリージョン で CodeDeployであるクロスリージョンデプロイアクションでデプロイステージを追加しますus-east-1

    { "name": "Deploy", "actions": [ { "inputArtifacts": [ { "name": "SourceArtifact" } ], "name": "Deploy", "region": "RegionB", "actionTypeId": { "category": "Deploy", "owner": "AWS", "version": "1", "provider": "CodeDeploy" }, "outputArtifacts": [], "configuration": { "ApplicationName": "name", "DeploymentGroupName": "name" }, "runOrder": 1 }
  3. パイプライン構造で、artifactStore フィールドを削除し、新しいクロスリージョンアクションの artifactStores マップを追加します。マッピングには、アクションがある各 AWS リージョンのエントリを含める必要があります。マッピングの各エントリについて、リソースはそれぞれの AWS リージョンにある必要があります。以下の例で、ID-A は、リージョン A は暗号化キー ID、ID-B は、リージョン B の暗号化キー ID を表します。

    "artifactStores":{ "RegionA":{ "encryptionKey":{ "id":"ID-A", "type":"KMS" }, "location":"Location1", "type":"S3" }, "RegionB":{ "encryptionKey":{ "id":"ID-B", "type":"KMS" }, "location":"Location2", "type":"S3" } }

    以下の JSON 例では、us-west-2 バケットは my-storage-bucket と表示されており、my-storage-bucket-us-east-1 という名前の新しい us-east-1 バケットを追加します。

    "artifactStores": { "us-west-2": { "type": "S3", "location": "my-storage-bucket" }, "us-east-1": { "type": "S3", "location": "my-storage-bucket-us-east-1" } },
  4. get-pipeline コマンドを使用して取得したパイプライン構造を使用している場合、JSON ファイルから metadata 行を削除します。それ以外の場合は、update-pipeline コマンドで使用することはできません。"metadata": { } 行と、"created""pipelineARN""updated" フィールドを削除します。

    例えば、構造から以下の行を削除します。

    "metadata": { "pipelineArn": "arn:aws:codepipeline:region:account-ID:pipeline-name", "created": "date", "updated": "date" }

    ファイルを保存します。

  5. 変更を適用するには、パイプライン JSON ファイルを指定して、update-pipeline コマンドを実行します。

    重要

    ファイル名の前に必ず file:// を含めてください。このコマンドでは必須です。

    aws codepipeline update-pipeline --cli-input-json file://pipeline.json

    このコマンドは、編集したパイプラインの構造全体を返します。出力は以下のようになります。

    { "pipeline": { "version": 4, "roleArn": "ARN", "stages": [ { "name": "Source", "actions": [ { "inputArtifacts": [], "name": "Source", "actionTypeId": { "category": "Source", "owner": "AWS", "version": "1", "provider": "CodeCommit" }, "outputArtifacts": [ { "name": "SourceArtifact" } ], "configuration": { "PollForSourceChanges": "false", "BranchName": "main", "RepositoryName": "MyTestRepo" }, "runOrder": 1 } ] }, { "name": "Deploy", "actions": [ { "inputArtifacts": [ { "name": "SourceArtifact" } ], "name": "Deploy", "region": "us-east-1", "actionTypeId": { "category": "Deploy", "owner": "AWS", "version": "1", "provider": "CodeDeploy" }, "outputArtifacts": [], "configuration": { "ApplicationName": "name", "DeploymentGroupName": "name" }, "runOrder": 1 } ] } ], "name": "AnyCompanyPipeline", "artifactStores": { "us-west-2": { "type": "S3", "location": "my-storage-bucket" }, "us-east-1": { "type": "S3", "location": "my-storage-bucket-us-east-1" } } } }
    注記

    update-pipeline コマンドは、パイプラインを停止します。update-pipeline コマンドを実行したときにパイプラインによりリビジョンが実行されている場合、その実行は停止します。更新されたパイプラインによりそのリビジョンを実行するには、パイプラインを手動で開始する必要があります。パイプラインを手動で開始するには start-pipeline-execution コマンドを使用します。

  6. パイプラインを更新したら、クロスリージョンのアクションはコンソールに表示されます。

    クロスリージョンアクションを含むパイプラインの概要。

パイプラインにクロスリージョンアクションを追加する (AWS CloudFormation)

AWS CloudFormation を使用して、既存のパイプラインにクロスリージョンアクションを追加できます。

でクロスリージョンアクションを追加するには AWS CloudFormation
  1. この例に示すように、Region パラメータをテンプレートの ActionDeclaration リソースに追加します。

    ActionDeclaration: Type: Object Properties: ActionTypeId: Type: ActionTypeId Required: true Configuration: Type: Map InputArtifacts: Type: Array ItemType: Type: InputArtifact Name: Type: String Required: true OutputArtifacts: Type: Array ItemType: Type: OutputArtifact RoleArn: Type: String RunOrder: Type: Integer Region: Type: String
  2. Mappings で、この例で示しているように、キー SecondRegionMap および RegionA の値をマップする RegionB という名前のマッピング用のリージョンマップを追加します。Pipeline リソースの artifactStore フィールドで、新しいクロスリージョンアクションの artifactStores マップを以下のように追加します。

    Mappings: SecondRegionMap: RegionA: SecondRegion: "RegionB" RegionB: SecondRegion: "RegionA" ... Properties: ArtifactStores: - Region: RegionB ArtifactStore: Type: "S3" Location: test-cross-region-artifact-store-bucket-RegionB - Region: RegionA ArtifactStore: Type: "S3" Location: test-cross-region-artifact-store-bucket-RegionA

    以下の YAML 例では、リージョン A バケットを us-west-2、新しい リージョン B バケットを eu-central-1 とします。

    Mappings: SecondRegionMap: us-west-2: SecondRegion: "eu-central-1" eu-central-1: SecondRegion: "us-west-2" ... Properties: ArtifactStores: - Region: eu-central-1 ArtifactStore: Type: "S3" Location: test-cross-region-artifact-store-bucket-eu-central-1 - Region: us-west-2 ArtifactStore: Type: "S3" Location: test-cross-region-artifact-store-bucket-us-west-2
  3. 更新したテンプレートをローカルコンピュータに保存し、 AWS CloudFormation コンソールを開きます。

  4. スタックを選択し、[既存スタックの変更セットの作成] を選択します。

  5. テンプレートをアップロードし、 AWS CloudFormationに示された変更を表示します。これらがスタックに加えられる変更です。新しいリソースがリストに表示されています。

  6. [実行] を選択します。