のクォータ AWS CodePipeline - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のクォータ AWS CodePipeline

CodePipeline には、アカウントが各 AWS リージョンで持つことができるパイプライン、ステージ、アクション、およびウェブフック AWS の数に対するクォータがあります。以下のクォータは、リージョンごとに適用され、引き上げをリクエストできます。引き上げをリクエストするには、サポートセンターコンソールを使用してください。

クォータの引き上げリクエストの処理には、最大 2 週間かかる場合があります。

リソース デフォルト値

アクションがタイムアウトするまでの時間

(これは設定可能なタイムアウトです。 設定できないタイムアウトについては、次の表を参照してください)

AWS CloudFormation デプロイアクション: 3 日間

CodeDeploy および CodeDeploy ECS (ブルー/グリーン) デプロイアクション: 5 日間

AWS Lambda 呼び出しアクション: 24 時間

注記

アクションの実行中に、 は CodePipeline 定期的に Lambda に連絡してステータスを確認します。Lambda 関数は、アクションの実行が成功、失敗、または進行中のステータスを返します。Lambda 関数が 20 分経っても応答を送信しない場合、アクションはタイムアウトになります。20 分間に Lambda 関数がアクションがまだ進行中であると返信した場合、 CodePipeline は 20 分のタイマーを再起動して再試行します。24 時間後に成功しなかった場合、 は Lambda 呼び出しアクションの状態を失敗 CodePipeline に設定します。

Lambda には、 CodePipeline アクションのタイムアウトとは関係のない Lambda 関数の個別のタイムアウトがあります。

Amazon S3 のデプロイアクション: 90 分

注記

大きな ZIP ファイルのデプロイ中に S3 へのアップロードがタイムアウトすると、アクションはタイムアウトエラーで失敗します。ZIP ファイルを小さなファイルに分割してみてください。

手動承認アクションのアカウントレベルのデフォルトタイムアウト: 7 日間

注記

手動承認アクションのデフォルトのタイムアウトは、パイプライン内の特定のアクションに対して上書きでき、最小値を 5 分として最大 86400 分 (60 日) まで設定できます。詳細については、 API リファレンスActionDeclarationの「」を参照してください。 CodePipeline

設定すると、このタイムアウトが アクションに適用されます。それ以外の場合は、アカウントレベルのデフォルトが使用されます。

他のすべてのアクション: 1 時間

注記

Amazon ECS デプロイアクションのタイムアウトは最大 1 時間 (デフォルトのタイムアウト) まで設定できます。

AWS アカウントのリージョンあたりのパイプラインの最大合計数

1,000

注記

ポーリングまたはイベントベースの変更検出用に設定されたパイプラインは、このクォータにカウントされます。

AWS リージョンごとのソース変更のポーリングに設定するパイプラインの最大数

300

注記

このクォータは固定されており、変更できません。ポーリングパイプラインの制限に達しても、まだイベントベースの変更検出を使用する追加のパイプラインを構成できます。詳細については、「 ソースアクションと変更検出方法」を参照してください。1

AWS アカウントのリージョンあたりのウェブフックの最大数 300

AWS アカウントのリージョンあたりのカスタムアクションの数

50

1ソースプロバイダーに基づき、以下の手順に従って、ポーリングパイプラインをイベントベースの変更検出の使用に更新します。

の次のクォータは、リージョンの可用性、命名に関する制約、および許可されるアーティファクトサイズ AWS CodePipeline に適用されます。これらのクォータは固定されており、変更できません。

各リージョン CodePipeline のサービスエンドポイントのリストについては、「 AWS 全般のリファレンス」のAWS CodePipeline 「 エンドポイントとクォータ」を参照してください。

構造的要件については、「CodePipeline パイプライン構造リファレンス」を参照してください。

AWS パイプラインを作成できるリージョン

米国東部 (オハイオ)

米国東部 (バージニア北部)

米国西部 (北カリフォルニア)

米国西部(オレゴン)

カナダ (中部)

欧州 (フランクフルト)

欧州 (チューリッヒ)*

イスラエル (テルアビブ)

欧州 (アイルランド)

欧州 (ロンドン)

ヨーロッパ (ミラノ)*

欧州 (パリ)

欧州 (スペイン)

欧州 (ストックホルム)

アフリカ (ケープタウン)**

アジアパシフィック (香港)*

アジアパシフィック (ハイデラバード)

アジアパシフィック(ムンバイ)

アジアパシフィック (東京)

アジアパシフィック (ソウル)

アジアパシフィック (大阪)

アジアパシフィック (シンガポール)

アジアパシフィック (シドニー)

アジアパシフィック (ジャカルタ)

アジアパシフィック (メルボルン)

南米(サンパウロ)

中東 (バーレーン)*

中東 (アラブ首長国連邦)

AWS GovCloud (米国西部)

AWS GovCloud (米国東部)

アクション名に使用できる文字

アクション名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (az)。

大文字 (AZ)。

09 の数字。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、および _ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

アクションの種類で使用される文字

アクションの種類名は 25 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

アーティファクト名に使用できる文字

アーティクラフト名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (az)。

大文字 (AZ)。

09 の数字。

特殊文字の - (マイナス記号)、および _(下線)

スペースなどの他の文字は使用できません。

パートナーのアクション名に使用できる文字 パートナーアクション名は、 の他のアクション名と同じ命名規則と制限に従う必要があります CodePipeline。具体的には、100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

パイプライン名に使用できる文字

パイプライン名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

ステージ名に使用できる文字

ステージ名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

アクションがタイムアウトするまでの時間

CodeBuild ビルドアクションとテストアクション: 8 時間

カスタムアクション:24 時間

ステップ機能 がアクションを呼び出します:7 日

アクション設定キーの最大長 (設定キーは 、 CodeBuildProjectNamePrimarySource、 などEnvironmentVariables

50 文字

アクション設定値の最大長 (例えば、 CodeCommit アクションRepositoryName設定の設定値は 1000 文字未満にする必要があります。

"RepositoryName": "my-repo-name-less-than-1000-characters")

1000 文字
パイプラインあたりのアクションの最大数 500

パイプラインあたりの同時パイプライン実行の最大数 (QUEUED|PARALLEL モード)

50
PARALLEL モードパイプライン実行あたりの同時アクション実行の最大数 5
Amazon S3 オブジェクトの最大ファイル数 100,000
パイプラインの実行履歴情報を保持できる最大の月数 12
ステージで同時に実行されるアクションの最大数 50
ステージで実行されるシーケンシャルアクションの最大数 50
ソースステージのアーティファクトの最大サイズ

Amazon S3 バケットに保存されるアーティファクト: 7 GB

CodeCommit または GitHub リポジトリに保存されるアーティファクト: 1 GB

例外: AWS Elastic Beanstalk を使用してアプリケーションをデプロイする場合、アーティファクトの最大サイズは常に 512 MB です。

例外: AWS CloudFormation を使用してアプリケーションをデプロイする場合、アーティファクトの最大サイズは常に 256 MB です。

例外: CodeDeployToECS アクションを使用してアプリケーションをデプロイする場合、アーティファクトの最大サイズは常に 3 MB です。

Amazon ECS コンテナとイメージをデプロイするパイプライン中で使用されるイメージ定義 JSON ファイルの最大サイズ

100 KB
AWS CloudFormation アクションの入力アーティファクトの最大サイズ 256 MB
CodeDeployToECS アクションの入力アーティファクトの最大サイズ 3 MB
Step Functions アクションの入力アーティファクトの最大サイズ Step Functions アクションは Lambda で実行されるため、Lambda 関数のアーティファクトサイズクォータと同じアーティファクトサイズクォータがあります。詳細については、「Lambda デベロッパーガイド」の「Lambda クォータ」を参照してください。

ParameterOverrides プロパティに保存できる JSON オブジェクトの最大サイズ

をプロバイダー AWS CloudFormation とする CodePipeline デプロイアクションの場合、 ParameterOverridesプロパティを使用して、 AWS CloudFormation テンプレート設定ファイルの値を指定する JSON オブジェクトを保存します。ParameterOverrides プロパティに保存することができる JSON オブジェクトのサイズは、最大 1 キロバイトに制限されています。

ステージで実行されるアクションの数

最小 1、最大 50

各アクションで許可されるアーティファクトの数 各アクションで許可される入力および出力アーティファクトの数については、「各アクションタイプの入出力アーティファクトの数」を参照してください。

パイプラインのステージの数

最小 2、最大 50

パイプラインのタグ タグでは、大文字と小文字が区別されます。リソースあたり最大 50。
パイプラインのタグキー名

任意の組み合わせで使用できる文字は、Unicode 文字、数字、スペース、および許可されている UTF-8 文字 (1~128 文字) です。使用できる文字は、+ - = . _ : / @ です。

タグキー名は一意である必要があり、各キーに使用できる値は 1 つのみです。タグは以下のようにはできません。

  • で始まる AWS:

  • 空白文字のみで構成されている

  • 末尾にスペースを使用する

  • 絵文字、または以下の文字を含める: ? ^ * [ \ ~ ! # $ % & * ( ) > < | " '

パイプラインのタグ値

任意の組み合わせで使用できる文字は、Unicode 文字、数字、スペース、および許可されている UTF-8 文字 (1~256 文字) です。使用できる文字は、+ - = . _ : / @ です。

使用できるキーの値は 1 つのみですが、多数のキー値と同じ値を含めることができます。タグは以下のようにはできません。

  • で始まる AWS:

  • 空白文字のみで構成されている

  • 末尾にスペースを使用する

  • 絵文字、または以下の文字を含める: ? ^ * [ \ ~ ! # $ % & * ( ) > < | " '

トリガー

パイプライン定義には、 pushおよび pull request設定全体で最大 50 個のトリガーがあります。

プッシュトリガーとプルリクエストトリガーごとに最大 3 つのフィルターがあります。

注記

同じイベントタイプ配列内のフィルターの重複は許可されません。

イベントタイプ (プッシュ、プルリクエスト) ごとに、最大 8 つのインクルードパターン、ブランチ、およびファイルパスを追加できます。

パターン値で使用できる文字には、すべての文字タイプが含まれます。

包含パターンと除外パターンの場合、最大長は 255 文字です。

タグ名の最大長は 255 文字です。

triggers 配列の最大サイズは 200 KB を超えないようにしてください

トリガーフィルター

ファイルパス:

  • パターン数: 最大 8 つのインクルードパターンと 8 つの除外パターンを追加できます。

  • パターンのサイズ: 各包含または除外パターンのサイズは最大 255 文字です。

ブランチ:

  • パターン数: 最大 8 つのインクルードパターンと 8 つの除外パターンを追加できます。

  • パターンのサイズ: 各包含または除外パターンのサイズは最大 255 文字です。

プルリクエスト:

ブランチ:

  • パターン数: 最大 8 つのインクルードパターンと 8 つの除外パターンを追加できます。

  • パターンのサイズ: 各包含または除外パターンのサイズは最大 255 文字です。

名前の一意性

1 つの AWS アカウント内では、 AWS リージョンで作成する各パイプラインには一意の名前が必要です。パイプラインの名前は、別の AWS リージョンで再利用できます。

ステージ名は、パイプライン内で一意である必要があります。

アクション名は、ステージ内で一意である必要があります。

出力変数と名前空間のクォータ

特定のアクションに対して結合されたすべての出力変数には、122880 バイトという最大サイズ制限があります。

特定のアクションの解決済みアクション設定の合計には、100 KB という最大サイズ制限があります。

出力変数名では、大文字と小文字が区別されます。

名前空間では、大文字と小文字が区別されます。

使用できる文字は次のとおりです。

  • 小文字 (a~z)。

  • 大文字 (A~Z)。

  • 数値 (0~9)。

  • 特殊文字の ^ (キャレット)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)、[ (左角カッコ)、] (右角カッコ)、* (アスタリスク)、$ (ドル記号)。

    スペースなどの他の文字は使用できません。

パイプラインレベルの変数のクォータ

パイプラインレベルの変数は 1 パイプラインあたり最大 50 個です。

パイプラインレベルの変数の変数名は以下の要件を満たす必要があります。

  • 最大文字数は 128 文字

  • 小文字 (a~z)。

  • 大文字 (A~Z)。

  • 数値 (0~9)。

  • 特殊文字 @\-_]+

    スペースなどの他の文字は使用できません。

変数値の最大長は 1000 文字です。

変数の値には、すべての文字を使用できます。

変数の説明の最大長は 200 文字です。

*使用する前に、このリージョンを有効にする必要があります。