AWS の CodePipeline 中のクォータ - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS の CodePipeline 中のクォータ

CodePipeline には、AWS のアカウントが各 AWS のリージョンで持つことができるパイプライン、ステージ、アクション、およびウェブフックの数に関するクォータがあります。以下のクォータは、リージョンごとに適用され、引き上げをリクエストできます。引き上げをリクエストするには、サポートセンターコンソールを使用してください。

クォータの引き上げリクエストの処理には、最大 2 週間かかる場合があります。

リソース デフォルト

アクションがタイムアウトするまでの時間

AWS CloudFormation デプロイアクション: 3 日間

CodeBuild ビルドアクションおよびテストアクション: 8 時間

CodeDeploy CodeDeploy ECS (ブルー/グリーン) デプロイアクション:5 日間

AWS Lambda の呼び出しアクション: 10 分

注記

アクションの実行中は CodePipeline は定期的に Lambda に連絡してステータスを確認します。Lambda 関数は、アクションの実行が成功、失敗、または進行中のステータスを返します。20 分後、Lambda 関数が応答を送信しなかった場合、またはアクションの実行がまだ進行中であると応答した場合、 CodePipeline アクションはタイムアウトします。アクションがタイムアウトすると CodePipeline Lambda 呼び出しアクションの状態を失敗に設定します。

Lambda には、とは関係なく Lambda 関数に対して個別のタイムアウトがあります。 CodePipeline アクションのタイムアウト。

Amazon S3 デプロイアクション:40 分

注記

大きな ZIP ファイルのデプロイ中に S3 へのアップロードがタイムアウトすると、アクションはタイムアウトエラーで失敗します。ZIP ファイルを小さなファイルに分割してみてください。

ステップ機能 がアクションを呼び出します:7 日

カスタムアクション:24 時間

他のすべてのアクション: 1 時間

注記

Amazon ECS デプロイアクションのタイムアウトは最大 1 時間 (デフォルトのタイムアウト) まで設定できます。

AWS アカウントのリージョンあたりの全パイプラインの最大数

1000

注記

ポーリングまたはイベントベースの変更検出用に設定されたパイプラインは、このクォータにカウントされます。

AWS リージョンごとのソース変更のポーリングに設定するパイプラインの最大数

300

注記

このクォータは固定されており、変更できません。ポーリングパイプラインの制限に達しても、まだイベントベースの変更検出を使用する追加のパイプラインを構成できます。詳細については、「 ソースアクションと変更検出方法」を参照してください。1

AWS アカウントのリージョンあたりのウェブフックの最大数 300

AWS アカウントのリージョンあたりのカスタムアクションの数

50

1ソースプロバイダーに基づき、次の手順に従って、イベントベースの変更検出を使用するようにポーリングパイプラインを更新します。

次の AWS CodePipeline のクォータは、リージョンの可用性、命名制約、および許容されるアーティファクトサイズに適用されます。これらのクォータは固定されており、変更できません。

構造的要件については、「CodePipeline パイプライン構造リファレンス」を参照してください。

パイプラインを作成できる AWS のリージョン

米国東部 (オハイオ)

米国東部 (バージニア北部)

米国西部 (北カリフォルニア)

米国西部 (オレゴン)

カナダ (中部)

欧州 (フランクフルト)

欧州 (アイルランド)

欧州 (ロンドン)

ヨーロッパ (ミラノ)*

欧州 (パリ)

欧州 (ストックホルム)

アジアパシフィック (香港)*

アジアパシフィック (ムンバイ)

アジアパシフィック (東京)

アジアパシフィック (ソウル)

アジアパシフィック (シンガポール)

アジアパシフィック (シドニー)

南米 (サンパウロ)

AWS GovCloud (米国西部)

アクション名に使用できる文字

アクション名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (az)。

大文字 (AZ)。

09 の数字。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、および _ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

アクションの種類で使用される文字

アクションの種類名は 25 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

アーティファクト名に使用できる文字

アーティクラフト名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (az)。

大文字 (AZ)。

09 の数字。

特殊文字の - (マイナス記号)、および _(下線)

スペースなどの他の文字は使用できません。

パートナーのアクション名に使用できる文字 パートナーのアクション名は、CodePipeline の他のアクション名と同じ命名規則と制限に従う必要があります。具体的には、100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

パイプライン名に使用できる文字

パイプライン名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

ステージ名に使用できる文字

ステージ名は 100 文字を超えることはできません。使用できる文字は次のとおりです。

小文字 (a~z)。

大文字 (A~Z)。

数値 (0~9)。

特殊文字の . (ピリオド)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)。

スペースなどの他の文字は使用できません。

マニュアル承認アクションがタイムアウトするまでの時間

7 日間

アクション設定キーの最大長 (たとえば、CodeBuild 設定キーは ProjectNamePrimarySource、および EnvironmentVariables)。

50 文字

アクション設定値の最大長 (たとえば、RepositoryNameでの設定 CodeCommit アクションの設定は 1000 文字未満にする必要があります。

"RepositoryName": "my-repo-name-less-than-1000-characters")

1000 文字
パイプラインあたりのアクションの最大数 500
Amazon S3 オブジェクトの最大ファイル数 100,000
パイプラインの実行履歴情報を保持できる最大の月数 12
ステージで同時に実行されるアクションの最大数 50
ステージで実行されるシーケンシャルアクションの最大数 50
ソースステージのアーティファクトの最大サイズ

Amazon S3 バケットに保存されるアーティファクト: 5 GB

保管されているアーティファクト CodeCommit または GitHub リポジトリ 1 GB

例外: !AWS Elastic Beanstalkアプリケーションをデプロイする場合、アーティファクトの最大サイズは常に 512 MB です。

例外: !AWS CloudFormationアプリケーションをデプロイする場合、アーティファクトの最大サイズは常に 256 MB です。

例外: 使用している場合CodeDeployToECSアプリケーションをデプロイするアクション。アーティファクトの最大サイズは常に 3 MB です。

Amazon ECS コンテナとイメージをデプロイするパイプライン中で使用されるイメージ定義 JSON ファイルの最大サイズ

100 KB
AWS CloudFormation アクションの入力アーティファクトの最大サイズ 256 MB
CodeDeployToECS アクションの入力アーティファクトの最大サイズ 3 MB

ParameterOverrides プロパティに保存できる JSON オブジェクトの最大サイズ

aの場合 CodePipeline を使用してアクションをデプロイするAWS CloudFormationプロバイダとして、ParameterOverridesプロパティは、AWS CloudFormationテンプレート設定ファイルです。ParameterOverrides プロパティに保存することができる JSON オブジェクトのサイズは、最大 1 キロバイトに制限されています。

ステージで実行されるアクションの数

最小 1、最大 50

各アクションで許可されるアーティファクトの数 各アクションで許可される入力および出力アーティファクトの数については、「各アクションタイプの入出力アーティファクトの数」を参照してください。

パイプラインのステージの数

最小 2、最大 50

パイプラインのタグ タグでは、大文字と小文字が区別されます。リソースあたり最大 50。
パイプラインのタグキー名

任意の組み合わせで使用できる文字は、Unicode 文字、数字、スペース、および許可されている UTF-8 文字 (1~128 文字) です。使用できる文字は、+ - = . _ : / @ です。

タグキー名は一意である必要があり、各キーに使用できる値は 1 つのみです。タグは以下のようにはできません。

  • 先頭が aws:

  • 空白文字のみで構成されている

  • 末尾にスペースを使用する

  • 絵文字、または以下の文字を含める: ? ^ * [ \ ~ ! # $ % & * ( ) > < | " '

パイプラインのタグ値

任意の組み合わせで使用できる文字は、Unicode 文字、数字、スペース、および許可されている UTF-8 文字 (1~256 文字) です。使用できる文字は、+ - = . _ : / @ です。

使用できるキーの値は 1 つのみですが、多数のキー値と同じ値を含めることができます。タグは以下のようにはできません。

  • 先頭が aws:

  • 空白文字のみで構成されている

  • 末尾にスペースを使用する

  • 絵文字、または以下の文字を含める: ? ^ * [ \ ~ ! # $ % & * ( ) > < | " '

名前の一意性

単一の AWS のアカウント内で、AWS のリージョン内に作成するパイプラインごとに一意の名前が必要です。パイプラインの名前は、別の AWS リージョンで再利用できます。

ステージ名は、パイプライン内で一意である必要があります。

アクション名は、ステージ内で一意である必要があります。

可変クォータ

特定のアクションに対して結合されたすべての出力変数には、122880 バイトという最大サイズ制限があります。

特定のアクションの解決済みアクション設定の合計には、100 KB という最大サイズ制限があります。

出力変数名では、大文字と小文字が区別されます。

名前空間では、大文字と小文字が区別されます。

使用できる文字は次のとおりです。

  • 小文字 (a~z)。

  • 大文字 (A~Z)。

  • 数値 (0~9)。

  • 特殊文字の ^ (キャレット)、@ (アットマーク)、- (マイナス記号)、_ (下線)、[ (左角カッコ)、] (右角カッコ)、* (アスタリスク)、$ (ドル記号)。

    スペースなどの他の文字は使用できません。

*使用する前に、このリージョンを有効にする必要があります。