でのデータ保護AWS CodePipeline - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

でのデータ保護AWS CodePipeline

AWS 責任共有モデルは、AWS CodePipeline でのデータ保護に適用されます。このモデルで説明されているように、AWS は、 AWS クラウド のすべてを実行するグローバルインフラストラクチャを保護する責任を担います。お客様は、このインフラストラクチャでホストされているコンテンツに対する管理を維持する責任があります。このコンテンツには、使用する AWS サービスのセキュリティ設定および管理タスクが含まれます。データプライバシーの詳細については、「データプライバシーのよくある質問」を参照してください。欧州でのデータ保護の詳細については、AWS セキュリティブログの「The AWS Shared Responsibility Model and GDPR」を参照してください。

データを保護するため、 AWS アカウント の認証情報を保護し、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して個々のユーザーアカウントをセットアップすることをお勧めします。この方法により、それぞれの職務を遂行するために必要な許可のみを各ユーザーに付与できます。また、以下の方法でデータを保護することをお勧めします。

  • 各アカウントで多要素認証 (MFA) を使用します。

  • SSL/TLS を使用して AWS リソースと通信します。TLS 1.2 以降が推奨されています。

  • AWS CloudTrail で API とユーザーアクティビティログをセットアップします。

  • AWS 暗号化ソリューションを、AWS サービス内のすべてのデフォルトのセキュリティ管理と一緒に使用します。

  • Amazon Macie などの高度なマネージドセキュリティサービスを使用します。これにより、Amazon S3 に保存される個人データの検出と保護が支援されます。

  • コマンドラインインターフェイスまたは API を使用して AWS にアクセスするときに FIPS 140-2 検証済みの暗号化モジュールが必要な場合は、FIPS エンドポイントを使用します。使用可能な FIPS エンドポイントの詳細については、「連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2」を参照してください。

顧客のメールアドレスなどの機密または注意を要する情報は、タグや[名前] フィールドなど自由形式のフィールドに配置しないことを強くお勧めします。これには、CodePipeline などので作業する場合が含まれます。AWSサービス、API、AWS CLI, またはAWSSDK。タグまたは名前に使用する自由形式のフィールドに入力したデータは、請求ログまたは診断ログに使用できます。外部サーバーへの URL を指定する場合は、そのサーバーへのリクエストを検証するための認証情報を URL に含めないことを強くお勧めします。

インターネットトラフィックのプライバシー

Amazon VPC とはAWSを起動するために使用できるのサービスAWS仮想ネットワークのリソース (virtual private cloudで定義する)。CodePipeline は、による Amazon VPC エンドポイントをサポートしていますAWSPrivateLink とはAWS間のプライベート通信を容易にする技術AWSのサービスは、elastic network interface とプライベート IP アドレスを使用して、そのため、VPC 内のプライベートエンドポイントを介して CodePipeline に直接接続し、すべてのトラフィックを VPC 内に保持し、AWSネットワーク。以前は、VPC 内で実行されているアプリケーションから、CodePipeline に接続するためにインターネットに接続する必要がありました。VPC では、次のようなネットワーク設定を管理することができます。

  • IP アドレスの範囲

  • サブネット,

  • ルートテーブル

  • ネットワークゲートウェイ。

VPC を CodePipeline に接続するには、CodePipeline のインターフェイス VPC エンドポイントを定義します。このタイプのエンドポイントにより、VPC をAWSのサービス。このエンドポイントは、インターネットゲートウェイ、ネットワークアドレス変換 (NAT) インスタンス、または VPN 接続を必要とせず、信頼性が高くスケーラブルな CodePipeline への接続を提供します。VPC を設定する方法の詳細については、VPC ユーザーガイド参照してください。

保管時の暗号化

CodePipeline のデータは、AWS KMS keys。コードアーティファクトはカスタマー所有の S3 バケットに保存され、 AWS マネージドキー またはカスタマー管理のキー。詳細については、「CodePipeline 用に Amazon S3 に保存したアーティファクトのサーバー側の暗号化を設定する」を参照してください。

転送時の暗号化

すべてのサービスからサービスへの通信は、SSL/TLS を使用して転送中に暗号化されます。

暗号化キーの管理

コードアーティファクトを暗号化するためのデフォルトのオプションを選択した場合、CodePipeline は AWS マネージドキー 。この AWS マネージドキー を変更または削除することはできません。もし使用した場合カスタマー管理のキーがAWS KMSS3 バケット内のアーティファクトを暗号化または復号化するには、このカスタマー管理のキー必要に応じて。

重要

CodePipeline は対称 KMS キーのみをサポートします。S3 バケット内のデータを暗号化するために非対称 KMS キーを使用しないでください。

データ保護の設定

このセクションでは、次のデータ保護の設定について説明します。

  • S3 アーティファクトのサーバー側の暗号化 (SSE)。

  • GitHub 個人用のアクセストークン。

  • AWS Secrets Manager のシークレットパラメータ追跡