パイプラインを手動で開始する - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

パイプラインを手動で開始する

デフォルトでは、パイプラインは作成時に自動で開始され、その後ソースリポジトリ内で変更があるたびに自動的に開始されます。ただし、再度パイプラインを通して、最新のリビジョンを再実行する場合があります。♪ CodePipeline コンソールまたはAWS CLIそしてstart-pipeline-executionパイプラインを通して最近のリビジョンを手動で再実行するには、コマンドを使用します。

パイプラインを手動で開始する (コンソール)

パイプラインを手動で開始し、最新のリビジョンをパイプラインにより実行するには

  1. にサインインします。AWS Management Consoleを開き、 CodePipeline コンソールhttp://console.aws.amazon.com/codesuite/codepipeline/home

  2. [Name] で、開始するパイプラインの名前を選択します。

  3. パイプラインの詳細ページで、[Release change] を選択します。これにより、ソースアクションで指定した各ソース場所における最新のリビジョンがパイプラインにより開始されます。

パイプラインを手動で開始する (CLI)

パイプラインを手動で開始し、アーティファクトの最新バージョンをパイプラインにより実行するには

  1. ターミナル (Linux、macOS、または Unix) またはコマンドプロンプト (Windows) を開き、AWS CLI を使用して start-pipeline-execution コマンドを実行し、開始するパイプラインの名前を指定します。たとえば、[MyFirstPipeline] という名前のパイプラインにより最後の変更を実行するには、以下のようにします。

    aws codepipeline start-pipeline-execution --name MyFirstPipeline
  2. 成功したかどうかを確認するには、返されたオブジェクトを表示します。このコマンドでは、以下のような 実行 ID が返ります。

    { "pipelineExecutionId": "c53dbd42-This-Is-An-Example" }
    注記

    パイプラインを開始したら、で進行状況をモニタリングできます。 CodePipeline コンソールまたはget-pipeline-stateコマンド。詳細については、「パイプラインの詳細と履歴を表示する (コンソール)」および「パイプラインの詳細と履歴を表示する (CLI)」を参照してください。