Amazon Cognito
開発者ガイド

ユーザープール認証に成功した後のリソースへのアクセス

アプリユーザーは、ユーザープールを通じて直接サインインすることも、サードパーティーの ID プロバイダー (IdP) 通じて連携してサインインすることもできます。ユーザープールは、Facebook、Google、Amazon を介したソーシャルサインイン、および OpenID Connect (OIDC) および SAML IdP から返されるトークンの処理のオーバーヘッドを管理します。詳細については、「ユーザープールのトークンの使用」を参照してください。

認証に成功すると、アプリケーションに Amazon Cognito よりユーザープールトークンが送信されます。これらのトークンを使用して、他の AWS のサービスへのアプリによるアクセスを許可する AWS 認証情報を取得したり、各自のサーバー側のリソースへのアクセスや Amazon API Gateway へのアクセスを制御したりすることができます。

詳細については、「ユーザープール認証フロー」および「ユーザープールのトークンの使用」を参照してください。


      認証の概要