サインイン後に ID プールを使用して AWS サービスへアクセスする