ID プール (フェデレーティッドアイデンティティ) の認証フロー - Amazon Cognito

ID プール (フェデレーティッドアイデンティティ) の認証フロー

Amazon Cognito は、エンドユーザーのために、デバイスおよびプラットフォーム全体で整合性が維持される一意の識別子を作成するために役立ちます。Amazon Cognito は、AWS リソースにアクセスするための、権限が制限された一時的な認証情報もアプリケーションに提供します。このページでは、Amazon Cognito での認証の基礎と、ID プール内のアイデンティティのライフサイクルについて説明します。

外部プロバイダーの認証フロー

Amazon Cognito で認証されるユーザーは、その認証情報をブートストラップするために複数ステップのプロセスを経由します。Amazon Cognito には、パブリックプロバイダーでの認証に、拡張認証と基本認証の 2 つの異なるフローがあります。

これらのフローの 1 つを完了すると、ロールのアクセスポリシーで定義されている他の AWS のサービス にアクセスできます。デフォルトでは、Amazon Cognito コンソールは、Amazon Cognito Sync ストアと Amazon Mobile Analytics へのアクセス権を持つロールを作成します。その他のアクセス権を付与する方法の詳細については、「IAM ロール」を参照してください。

拡張 (簡略化) 認証フロー

拡張認証フローを使用する場合、アプリケーションは最初に、承認された Amazon Cognito ユーザープールまたはサードパーティー ID プロバイダーからの ID トークンを GetID リクエストに示します。アプリは、ID プール内のアイデンティティ ID とトークンを交換します。次に、アイデンティティ ID は、GetCredentialsForIdentity リクエスト内の同じ ID プロバイダートークンと共に使用されます。拡張ワークフローでは、バックグラウンドで GetOpenIdTokenAssumeRoleWithWebIdentity を実行することで認証情報の取得を簡素化されます。GetCredentialsForIdentity は AWS API 認証情報を返します。

  1. GetId

  2. GetCredentialsForIdentity


                外部プロバイダーの拡張認証フロー

基本 (Classic) 認証フロー

基本認証フローを使用する場合、アプリケーションは最初に、承認された Amazon Cognito ユーザープールまたはサードパーティー ID プロバイダーからの ID トークンを GetID リクエストに示します。アプリは、ID プール内のアイデンティティ ID とトークンを交換します。次に、アイデンティティ ID は、GetOpenIdToken リクエスト内の同じ ID プロバイダートークンと共に使用されます。GetOpenIdToken は ID プールによって発行された新しい OAuth 2.0 トークンを返します。その後、AssumeRoleWithWebIdentity リクエストで新しいトークンを使用して AWS API 認証情報を取得できます。基本ワークフローでは、ユーザーに配布する認証情報をより細かく制御できます。拡張認証フローの GetCredentialsForIdentity リクエストは、アクセストークンの内容に基づいてロールをリクエストします。クラシックワークフローの AssumeRoleWithWebIdentity リクエストにより、アプリケーションの権限が拡張され、十分な信頼ポリシーが設定された任意の AWS Identity and Access Management ロールへの認証情報をリクエストできるようになります。

  1. GetId

  2. GetOpenIdToken

  3. AssumeRoleWithWebIdentity


                外部プロバイダーの基本認証フロー

デベロッパーが認証した ID の認証フロー

デベロッパーが認証したアイデンティティ (ID プール) を使用する場合、クライアントは独自の認証システムでユーザーを検証するために、Amazon Cognito 外部のコードが含まれる異なる認証フローを使用します。Amazon Cognito 外部のコードは、外部のものであることが示されます。

拡張認証フロー

  1. デベロッパープロバイダー経由でのログイン (Amazon Cognito 外部のコード)

  2. ユーザーログインの検証 (Amazon Cognito 外部のコード)

  3. GetOpenIdTokenForDeveloperIdentity

  4. GetCredentialsForIdentity


                デベロッパーが認証した拡張認証フロー

基本的な認証フロー

  1. デベロッパープロバイダー経由でのログイン (Amazon Cognito 外部のコード)

  2. ユーザーログインの検証 (Amazon Cognito 外部のコード)

  3. GetOpenIdTokenForDeveloperIdentity

  4. AssumeRoleWithWebIdentity


                デベロッパーが認証した基本的な認証フロー

使用するべき認証フロー

ほとんどのお客様にとって、[Enhanced Flow] が正しい選択であり、[Basic Flow] に対して多くのメリットがあります。

  • デバイスで認証情報を取得するための 1 つ少ないネットワーク呼び出し。

  • すべてのコールは Amazon Cognito に対して行われるので、ネットワーク接続が 1 つ減ることにもなります。

  • アプリケーションにロールを埋め込む必要はなくなり、認証情報のブートストラッピングを開始するために必要なものは、ID プールの ID とリージョンのみになります。

2015 年 2 月以降、Amazon Cognito コンソールは拡張フローを使用したコード例を表示しています。さらに、ID プールに拡張フローを使用するために必要なロールの関連付けがない場合、コンソールに通知が表示されます。

拡張フローがサポートされる最小の SDK バージョンを次に示します。

SDK (最小バージョン)

  • AWS SDK for iOS (2.0.14)

  • AWS SDK for Android (2.1.8)

  • AWS SDK for JavaScript (2.1.7)

  • AWS SDK for Unity (1.0.3)

  • AWS SDK for Xamarin (3.0.0.5)

コンソールで新しい ID プールを作成するときに、設定された複数のデフォルトロールを使用する場合は、[Basic Flow] を使用してください。

API の要約

GetId

GetId API コールは、Amazon Cognito で新しいアイデンティティを確立するために最初に呼び出す必要があります。

非認証アクセス

Amazon Cognito には、アプリケーションで認証されていないゲストアクセスを許可できます。この機能が ID プールで有効になっている場合、ユーザーはいつでも GetId API 経由で新しいアイデンティティ ID をリクエストできます。Amazon Cognito に後続のコールを実行するため、アプリケーションにはこのアイデンティティ ID をキャッシュすることが期待されます。AWS Mobile SDK と AWS SDK for JavaScript in the Browser には、このキャッシングを処理する認証情報プロバイダーがあります。

認証されたアクセス

パブリックログインプロバイダー (Facebook、Google+、Login with Amazon、または「Apple でサインイン」など) のサポートでアプリケーションを設定すると、ユーザーは、これらのプロバイダーでユーザーを識別するトークン (OAuth または OpenID Connect) を提供できるようになります。GetId の呼び出しで使用されると、Amazon Cognito は新しい認証されたアイデンティティを作成するか、その特定のログインに既に関連付けられているアイデンティティを返します。Amazon Cognito は、プロバイダーでトークンを検証し、以下を確実にすることでこれを行います。

  • トークンは有効で、設定されたプロバイダーからのものである。

  • トークンの有効期限が切れていない。

  • トークンがそのプロバイダーで作成されたアプリケーション識別子 (例えば、Facebook アプリ ID) と一致する。

  • トークンがユーザー識別子と一致する。

GetCredentialsForIdentity

GetCredentialsForIdentity API は、アイデンティティ ID を確立した後で呼び出すことができます。この API は、GetOpenIdTokenAssumeRoleWithWebIdentity を続けて呼び出すのと同じ機能を提供します。

代わりに Amazon Cognito で AssumeRoleWithWebIdentity を呼び出す場合は、Amazon Cognito に関連付けられた IAM ロールが ID プールにある必要があります。これは、Amazon Cognito コンソールを使用して、または手動で SetIdentityPoolRoles オペレーションを使用して実行できます。

GetOpenIdToken

GetOpenIdToken API コールは、アイデンティティ ID を確立した後で呼び出されます。キャッシュされたアイデンティティ ID がある場合、これはアプリセッションの間に行う最初の呼び出しである可能性があります。

認証されていないアクセス

認証されていない ID のトークンを取得するには、アイデンティティ ID そのもののみが必要です。認証された ID または無効にされた ID の認証されていないトークンを取得することはできません。

認証されたアクセス

認証済みの ID がある場合、その ID に既に関連付けられたログイン用に、少なくとも 1 つのトークンを渡す必要があります。GetOpenIdToken の呼び出し中に渡されるすべてのトークンは、前に説明したのと同じ検証を渡す必要があります。いずれかのトークンが失敗すると、呼び出し全体が失敗します。GetOpenIdToken 呼び出しからの応答に、アイデンティティ ID が含まれることもあります。これは、渡すアイデンティティ ID が、返される ID とは限らないためです。

ログインのリンク

既に任意の ID と関連付けられていないログインのトークンを渡すと、そのログインは関連付けられた ID に「リンクしている」と見なされます。パブリックプロバイダーごとに、1 つのログインのみをリンクできます。複数のログインをパブリックプロバイダーにリンクしようとすると、応答として ResourceConflictException エラーが発生します。ログインが単純に既存の アイデンティティ にリンクされている場合、GetOpenIdToken から返されるアイデンティティ ID は、渡された ID と同じになります。

ID の結合

現在、特定の ID にリンクされていないが、別の ID にリンクされているログインに対してトークンを渡すと、2 つの ID が結合されます。いったん結合されると、1 つの ID は、すべての関連ログインの親/所有者になり、もう 1 つは無視されます。この場合、親/所有者のアイデンティティ ID が返されます。この値が異なる場合は、ローカルキャッシュを更新する必要があります。AWS Mobile SDK または AWS SDK for JavaScript in the Browser のプロバイダーは、この操作を実行します。

GetOpenIdTokenForDeveloperIdentity

GetOpenIdTokenForDeveloperIdentity API は、デベロッパーが認証した ID を使用するときに、デバイスからの GetIdGetOpenIdToken の使用を置き換えます。この API コールは AWS 認証情報で署名されているため、Amazon Cognito は、API コールで指定されたユーザー識別子が有効であることを信頼できます。これは、Amazon Cognito が実行するトークン検証を外部プロバイダーに置き換えます。

この API のペイロードには、デベロッパープロバイダーのキーとシステムでのユーザーの識別子としての値が含まれている必要があるログインマップが含まれます。ユーザー識別子がまだ既存のアイデンティティに既にリンクされていない場合は、Amazon Cognito が新しいアイデンティティを作成して、新しいアイデンティティ ID と、そのアイデンティティの OpenId Connect を返します。ユーザー識別子が既にリンクされている場合は、Amazon Cognito が既存のアイデンティティ ID と OpenId Connect トークンを返します。

ログインのリンク

外部プロバイダーと同様に、既に ID に関連付けられていない追加のログインを指定すると、それらのログインがその ID に暗黙的にリンクされます。外部プロバイダーのログインを ID にリンクする場合、ユーザーはそのプロバイダーで外部プロバイダーの認証フローを使用できますが、GetId または GetOpenIdToken を呼び出すときに、ログインマップでデベロッパープロバイダー名を使用できません。

ID の結合

Amazon Cognito は、デベロッパーが認証したアイデンティティを使用して、MergeDeveloperIdentities API を通じて暗黙的なマージと明示的なマージの両方をサポートします。明示的なマージにより、システムでユーザー識別子を持つ 2 つのアイデンティティを、1 つのアイデンティティとしてマークできます。ソースと宛先のユーザー識別子を指定すると、Amazon Cognito がそれらをマージします。次回にいずれかのユーザー識別子に対して OpenId Connect トークンをリクエストすると、同じアイデンティティ ID が返されます。

AssumeRoleWithWebIdentity

OpenID Connect トークンを取得したら、AWS Security Token Service (STS) の AssumeRoleWithWebIdentity API コールを通じて、これを一時的な AWS 認証情報と交換することができます。このコールは、Facebook、Google+、Login with Amazon、または Apple でのサインインを直接使用している場合と変わりありません。唯一の例外は、いずれかのパブリックプロバイダーからのトークンの代わりに Amazon Cognito トークンを渡すことです。

作成できる ID の数には制限がないため、ユーザーに付与するアクセス権限を理解することが重要です。アプリケーション用の異なるロールを設定します (1 つは認証されていないユーザー用で、もう 1 つは認証されたユーザー用)。Amazon Cognito コンソールは、最初に ID プールをセットアップするときにデフォルトでこれらを作成します。これら 2 つのロールのアクセスポリシーはまったく同じであり、Amazon Cognito Sync へのアクセス権がユーザーに付与され、ユーザーは Amazon Mobile Analytics にイベントを送信できます。必要に応じてロールを変更できます。

詳細情報 ロールの信頼とアクセス権限.