インフラストラクチャメトリックの拡張 - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インフラストラクチャメトリックの拡張

拡張インフラストラクチャメトリクスは、Auto Scaling グループの一部であるインスタンスを含む Amazon EC2 インスタンスに適用されるCompute Optimizer の有料機能です。これは、14 日間のデフォルトと比較して、使用率メトリクス分析のルックバック期間を最大 3 ヶ月(93 日)に延長する推奨設定です。これにより、Compute Optimizer は、より長い使用率メトリクスデータの履歴を分析できます。Enhanced インフラストラクチャメトリクスは、デフォルトでは非アクティブであり、手動でアクティブ化する必要があります。この機能の使用料金の詳細については、「」を参照してください。Compute Optimizer 料金表

必要なアクセス許可

拡張インフラストラクチャメトリックを有効または無効にするには、適切なアクセス許可が必要です。詳細については、「Compute Optimizer 推奨設定を管理するためのアクセス権を付与するポリシー」を参照してください。

拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化

Compute Optimizer コンソールを使用して、拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化できます。AWS Command Line Interface(AWS CLI)、およびAWSSDK。コンソールでは、次の 3 つの領域で機能をアクティブ化でき、それぞれ異なるレベルのアクティベーションが可能です。

  • リソースレベルの推奨設定-でリソースの詳細ページでは、表示している個々のリソースに対して拡張インフラストラクチャメトリックスをアクティブ化できます。たとえば、インスタンスの詳細個々の EC2 インスタンスのページには、その EC2 インスタンスに対してのみ拡張インフラストラクチャメトリクス機能をアクティブ化するオプションがあります。詳細については、このガイドで後述する「リソースレベルでの拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化」を参照してください。

    注記

    リソースレベルのプリファレンスはアカウントレベルのプリファレンスを優先し、アカウントレベルのプリファレンスは組織レベルのプリファレンスを上書きします。Auto Scaling グループの一部である EC2 インスタンスの場合、個々のインスタンスの Auto Scaling グループの推奨設定がオーバーライドされます。

  • アカウントレベルの推奨設定-でアカウントページでは、アカウント内のリソースタイプを満たすすべての EC2 インスタンスに対して、拡張インフラストラクチャメトリクス機能を有効にできます。AWSリージョンの基準。アカウントレベルの EC2 インスタンスプリファレンスは、Auto Scaling グループの一部であるスタンドアロンインスタンスと、インスタンスに適用されます。詳細については、このガイドで後述する「アカウントレベルでの拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化」を参照してください。

  • 組織レベルの推奨設定-でアカウント組織の管理アカウントのページで、組織のすべてのメンバーアカウントで、リソースタイプを満たすすべてのリソースに対して、拡張インフラストラクチャメトリック機能を有効にできます。AWSリージョンの基準。組織レベルの EC2 インスタンスプリファレンスは、すべてのメンバーアカウントの Auto Scaling グループの一部であるスタンドアロンインスタンスおよびインスタンスに適用されます。詳細については、このガイドで後述する「組織レベルでの拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化」を参照してください。

拡張インフラストラクチャメトリクス機能をアクティブ化すると、Compute Optimizer は次回のレコメンデーションの更新時にプリファレンスを適用します。これには最大 24 時間かかる場合があります。リソースレコメンデーションで拡張インフラストラクチャメトリックが考慮されているかどうかを確認するには、「」を参照してください。拡張インフラストラクチャメトリックスのステータスの確認

注記

Compute Optimizer の推奨品質を向上させるには、AWSあなたのものを使うかもしれないCloudWatchメトリックと構成データ。これには、拡張インフラストラクチャメトリック機能をアクティブにした場合のメトリクス分析が最大 3 か月(93 日)含まれます。連絡先AWS Supportそれを要求するにはAWS[] の使用を停止するCloudWatchCompute Optimizer の推奨品質を向上させるためのメトリクスと構成データ。

リソースレベルでの拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化

リソースレベルで拡張インフラストラクチャメトリックを有効または無効にするには、次の手順を実行します。リソースレベルでアクティブ化されたレコメンデーションプリファレンスは、個々のリソースにのみ適用されます。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. リポジトリの []ダッシュボードCompute Optimizer コンソールの、拡張インフラストラクチャメトリックを有効または無効にするリソースタイプに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    • 選択推奨事項の表示EC2 インスタンスで、個々の Amazon EC2 インスタンスの機能をアクティブ化する場合。

    • 選択推奨事項の表示Auto Scaling グループで、個々の Auto Scaling グループの機能をアクティブ化する場合。

      注記

      Auto Scaling グループの一部である EC2 インスタンスの場合、個々のインスタンスの Auto Scaling グループの推奨設定がオーバーライドされます。

  3. リソースの推奨事項Amazon EC2 インスタンスまたは Auto Scaling グループに対して表示されるページで、拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブ化または非アクティブ化するリソースを選択します。

  4. リソースの詳細表示されたページで、[] を選択します。編集推奨事項設定ページの [] セクション。

    
                リソースの詳細ページの推奨設定

    拡張インフラストラクチャメトリックは、表示しているリソースに対して機能が現在アクティブ化されている場合にチェックされます。このオプションが現在アクティブになっていない場合、このオプションはオフになります。

  5. 拡張インフラストラクチャメトリック機能を選択してアクティブ化するか、オフにして非アクティブにします。

    
                リソースの詳細ページの推奨設定
  6. 選択保存をクリックして、個々のリソースの更新された推奨設定を保存します。

    注記

    プリファレンスを保存すると、個々のリソースの拡張インフラストラクチャメトリックのメータリングが開始されます。この機能の使用料金の詳細については、「」を参照してください。Compute Optimizer 料金表

Compute Optimizer は、次回推奨を生成するときに、更新されたプリファレンスを考慮します。それまでは、a保留中status は更新されたプリファレンスに付加されます (たとえば、アクティブ保留中または保留中の Inactive). リソースレコメンデーションで拡張インフラストラクチャメトリックが考慮されているかどうかを確認するには、「」を参照してください。拡張インフラストラクチャメトリックスのステータスの確認

アカウントレベルでの拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化

アカウントレベルで拡張インフラストラクチャメトリックを有効または無効にするには、次の手順を実行します。アカウントレベルで作成されたレコメンデーションプリファレンスは、リソースタイプを満たすアカウント内のすべてのリソースに適用されます。AWSリージョンの基準。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. 選択アカウントナビゲーションペインで、[] を選択します。

    組織の管理アカウントにサインインしている場合、アカウントページには、次の例に示すように、Organization のすべてのメンバーアカウントと推奨プリファレンスが一覧表示されます。スタンドアロンアカウントにサインインしている場合、このページにはアカウントのおすすめ設定のみが表示されます。

    
                Compute Optimizer コンソールの [アカウント] ページ
  3. 組織の管理アカウントにサインインしている場合は、拡張インフラストラクチャメトリックスをアクティブ化するアカウントを選択します。次に [] を選択します。プリファレンスの表示。スタンドアロンアカウントにサインインしている場合は、この手順の次のステップ(ステップ 4)に進みます。

    
                Compute Optimizer コンソールでのアカウントレベルのプリファレンスの表示
  4. -推奨事項設定ページのセクションには、個々のアカウントの現在のプリファレンス(存在する場合)が一覧表示されます。選択編集推奨事項設定ページの [] セクション。

    
                アカウントの推奨設定
  5. 次に、以下のいずれかのステップを完了します。

    • 特定ののリソースタイプの拡張インフラストラクチャメトリックをアクティブ化するにはAWS[リージョン] で、リソースタイプを選択します。[リソースタイプ]ドロップダウンメニューから、AWSのリージョンリージョンドロップダウンメニューで、アクティブ化オプション。

      注記

      -EC2 インスタンスオプションには、スタンドアロンインスタンスと Auto Scaling グループの一部であるインスタンスを含む、すべての EC2 リソースが含まれます。-Auto Scaling グループオプションには、Auto Scaling グループの一部であるインスタンスのみが含まれており、スタンドアロンインスタンスは含まれません。

      
                    アカウントの推奨設定
    • 特定ののリソースタイプの拡張インフラストラクチャメトリックを非アクティブ化するにはAWS地域、クリアするアクティブ化無効にするプリファレンスのオプション。

      
                    アカウント設定のアクティブ化または非アクティブ化
  6. 選択保存をクリックして、アカウントの更新されたレコメンデーションプリファレンスを保存します。

    注記

    プリファレンスを保存すると、選択したリージョンおよび選択したアカウント内の選択したリソースタイプのすべてのリソースについて、拡張インフラストラクチャメトリックのメータリングが開始されます。この機能の使用料金の詳細については、「」を参照してください。Compute Optimizer 料金表

Compute Optimizer は、次回推奨を生成するときに、更新されたプリファレンスを考慮します。それまでは、a保留中status は更新プリファレンスに付加されます (たとえば、アクティブ保留中または保留中の Inactive). リソースレコメンデーションで拡張インフラストラクチャメトリックが考慮されているかどうかを確認するには、「」を参照してください。拡張インフラストラクチャメトリックスのステータスの確認

組織レベルでの拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化

組織レベルで拡張インフラストラクチャメトリックを有効または無効にするには、次の手順を実行します。組織レベルで作成されたレコメンデーションプリファレンスは、リソースタイプを満たす組織のすべてのメンバーアカウント内のすべてのリソースに適用されます。AWSリージョンの基準

注記

このオプションは、Compute Optimizer にメンバーアカウントを選択した組織の管理アカウントでのみ使用できます。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. 選択アカウントナビゲーションペインで、[] を選択します。

    -アカウント組織の管理アカウントにサインインしている場合、ページに組織のすべてのメンバーアカウントが表示されます。-推奨事項設定ページの「」セクションには、組織内のすべてのアカウントに対してアクティブ化されているプリファレンスがリストされます(存在する場合)。

    
                Compute Optimizer コンソールの [アカウント] ページ
  3. 選択編集推奨事項設定ページの [] セクション。

    
                Compute Optimizer コンソールでの推奨設定の編集
  4. 次に、以下のいずれかのステップを完了します。

    • で特定のリソースタイプに対して拡張インフラストラクチャメトリックをアクティブ化するにはAWS[リージョン] で、リソースタイプを選択します。[リソースタイプ]ドロップダウンメニューで、の [Region (リージョン)] を選択します。AWSリージョンドロップダウンメニューで、アクティブオプション。

      
                    アカウントの推奨設定
    • の特定のリソースタイプの機能を非アクティブ化するにはAWS地域、クリアするアクティブ無効にするプリファレンスのオプション。

      
                    アカウント設定のアクティブ化または非アクティブ化
  5. 選択保存をクリックして、組織内のすべてのアカウントの更新されたレコメンデーションプリファレンスを保存します。

    注記

    プリファレンスを保存すると、選択したリージョンおよび組織のすべてのメンバーアカウントで、選択したリソースタイプのすべてのリソースについて、拡張インフラストラクチャメトリックのメータリングが開始されます。この機能の使用料金の詳細については、「」を参照してください。Compute Optimizer 料金表

Compute Optimizer は、次回推奨を生成するときに、更新されたプリファレンスを考慮します。それまでは、a保留中status は更新プリファレンスに付加されます (たとえば、アクティブ保留中または保留中の Inactive). リソースレコメンデーションで拡張インフラストラクチャメトリックが考慮されているかどうかを確認するには、「」を参照してください。拡張インフラストラクチャメトリックスのステータスの確認

拡張インフラストラクチャメトリックスのステータスの確認

拡張インフラストラクチャメトリックスの推奨プリファレンスをアクティブ化すると、Compute Optimizer は次回のレコメンデーションの更新時にプリファレンスを適用します。これには最大 24 時間かかる場合があります。-効果的な拡張インフラストラクチャメトリック[リソースの推奨] ページの [推奨] 列は、リストされたレコメンデーションが 3 か月のルックバック期間を考慮しているかどうかを確認します。Anアクティブstatus は、リストされたレコメンデーションが長いルックバック期間を検討していることを確認します。An非アクティブstatus は、レコメンデーションがまだ長いルックバック期間を考慮していないことを確認します。


          効果的な拡張インフラストラクチャメトリック

拡張インフラストラクチャメトリックスのトラブルシューティング

次に、拡張インフラストラクチャメトリックスの推奨設定で発生する可能性のある問題と、問題を軽減するために何ができるかを示します。

拡張インフラストラクチャメトリックスの推奨設定の取得または更新に失敗しました

説明

Compute Optimizer コンソールが拡張インフラストラクチャメトリックの推奨設定を取得または更新できなかったことを示すバナーが表示されます。

原因

レコメンデーションの設定を表示または更新するために必要なアクセス許可がない可能性があります。

Solution

レコメンデーションの設定を表示または編集するユーザーに必要な権限を追加します。詳細については、「Compute Optimizer 推奨設定を管理するためのアクセス権を付与するポリシー」を参照してください。