とは AWS Compute Optimizer - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

とは AWS Compute Optimizer

AWS Compute Optimizer は、リソースの設定と使用率の AWS メトリクスを分析して、適切なサイズの推奨事項を提供するサービスです。Compute Optimizer は、リソースが最適かどうかを報告し、最適化に関するレコメンデーションを生成してコストを削減およびワークロードのパフォーマンスを改善します。Compute Optimizer には、最近の使用率メトリクスの履歴データと、レコメンデーションの予測使用率を示すグラフも提供します。このグラフを使用して、最適なコストパフォーマンスのトレードオフとなるレコメンデーションを評価できます。使用パターンの分析と視覚化は、実行中のリソースを移動またはサイズ変更するタイミングを決定し、パフォーマンスとキャパシティーの要件を満たすのに役立ちます。

Compute Optimizer は、コンソールエクスペリエンス と、複数の AWS リージョンにわたるリソースの分析結果とレコメンデーションを表示できる一連の APIs を提供します。組織の管理アカウントをオプトインすると、複数のアカウントの結果とレコメンデーションを表示することもできます。サービスからの結果は、Amazon EC2 コンソールなど、サポートされているサービスのコンソールにもレポートされます。

サポートされるリソースと要件

Compute Optimizer は、次のリソースに関するレコメンデーションを生成します。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス

  • Amazon EC2 自動スケーリンググループ

  • Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム

  • AWS Lambda 関数

  • での Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) サービス AWS Fargate

  • 商用ソフトウェアライセンス

  • Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) DB インスタンスとストレージ

Compute Optimizer がこれらのリソースのレコメンデーションを生成するには、特定の要件を満たし、十分なメトリクスデータが蓄積されている必要があります。詳細については、「サポートされるリソースと要件」を参照してください。

オプトイン

Compute Optimizer で AWS リソースを分析するには、オプトインする必要があります。このサービスは、スタンドアロン AWS アカウント、組織のメンバーアカウント、および組織の管理アカウントをサポートします。詳細については、「の開始方法 AWS Compute Optimizer」を参照してください。

メトリクスの分析

オプトインすると、Compute Optimizer は CloudWatch 過去 14 日間の Amazon からのリソースの仕様と使用率メトリクスの分析を開始します。例えば、Amazon EC2 インスタンスでは、Compute Optimizer は vCPUs、メモリ、ストレージ、そしてその他の仕様を分析します。また、現在実行中のインスタンスの CPU 使用率、ネットワークのイン/アウト、ディスクの読み取りと書き込み、その他の使用率メトリクスも分析します。詳細については、「によって分析されるメトリクス AWS Compute Optimizer」を参照してください。

拡張レコメンデーション

オプトイン後、レコメンデーションの設定を有効にして、インフラストラクチャメトリクスの拡張有料機能といったレコメンデーションを強化できます。これにより、Auto Scaling グループのインスタンスを含む EC2 インスタンスのメトリクス分析ルックバック期間が最大 3 か月に延長されます (デフォルトの 14 日間と比較)。詳細については、「レコメンデーションの設定」を参照してください。

結果とレコメンデーションの表示

リソースの最適化の結果を Compute Optimizer ダッシュボードに表示します。詳細については、「AWS Compute Optimizer ダッシュボードの表示」を参照してください。

各リソースの最適化に関する上位のレコメンデーションは、レコメンデーションページに一覧表示されます。特定のリソースに関する最適化レコメンデーションと使用率グラフの上位3つが、リソースの詳細ページに一覧表示されます。詳細については、「リソースのレコメンデーションの表示」を参照してください。

最適化に関するレコメンデーションをエクスポートして長期にわたって記録し、他のユーザーとデータを共有することができます。詳細については、「レコメンデーションをエクスポート」を参照してください。

可用性

Compute Optimizer で現在サポートされている AWS リージョンとエンドポイントを確認するには、 AWS 全般のリファレンスの「Compute Optimizer エンドポイントとクォータ」を参照してください。