cloudformation-stack-drift-detection-check - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

cloudformation-stack-drift-detection-check

Checks if the actual configuration of a Cloud Formation stack differs, or has drifted, from the expected configuration. スタックの 1 つ以上のリソースが意図した設定と異なっている場合、スタックはドリフトしたと見なされます。このルールとスタックは、スタックのドリフトステータスが IN_SYNC の場合、COMPLIANT です。このルールとスタックは、スタックのドリフトステータスが DRIFTED の場合、NON_COMPLIANT です。

Identifier: CLOUDFORMATION_STACK_DRIFT_DETECTION_CHECK

Trigger type: 設定変更

AWS Region: All supported AWS regions except China (Beijing), China (Ningxia), AWS GovCloud (US-East), AWS GovCloud (US-West), Asia Pacific (Hong Kong), Asia Pacific (Osaka), Europe (Milan), Europe (Paris), Europe (Stockholm), Middle East (Bahrain), Africa (Cape Town) Region

パラメータ:

cloudformationRoleArn
タイプ: 文字列

The AWS CloudFormation role ARN with IAM policy permissions to detect drift for AWS CloudFormation Stacks

AWS CloudFormation テンプレート

To create AWS Config managed rules with AWS CloudFormation templates, see Creating AWS Config Managed Rules With AWS CloudFormation Templates.