elasticsearch-logs-to-cloudwatch - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

elasticsearch-logs-to-cloudwatch

Amazon OpenSearch Service ドメインが Amazon CloudWatch Logs にログを送信するように設定されているかどうかを確認します。Amazon ES ドメインに対してログが有効になっている場合、ルールは COMPLIANT です。ログ記録が設定されていない場合、このルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: ELASTICSEARCH_LOGS_TO_CLOUDWATCH

リソースタイプ: AWS::Elasticsearch::Domain

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

logTypes (オプション)
タイプ: CSV

有効になっているログのカンマ区切りリスト。有効な値は 「search」、「index」、「error」です。

プロアクティブな評価

このルールをプロアクティブモードで実行する手順については、「ルールによるリソースの評価」を参照してください AWS Config。このルールがプロアクティブモードで COMPLIANT を返すには、StartResource評価 API のリソース設定スキーマに、文字列としてエンコードされた次の入力を含める必要があります。

"ResourceConfiguration": ... { "LogPublishingOptions": "{Key : Value, ...}"* } ...

*発行するログのタイプに応じて、SEARCH_SLOW_LOGSES_APPLICATION_LOGSINDEX_SLOW_LOGSAUDIT_LOGS のうち 1 つ以上のキーを持つオブジェクト。各キーには有効な LogPublishingOption 値が必要です。

プロアクティブ評価の詳細については、「評価モード」を参照してください。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成