lambda-function-settings-check - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

lambda-function-settings-check

ランタイム、ロール、タイムアウト、メモリサイズの AWS Lambda 関数設定が想定値と一致するかどうかを確認します。このルールは、「イメージ」パッケージタイプの関数と「OS のみのランタイム」に設定されたランタイムの関数を無視します。Lambda 関数の設定が期待値と一致しない場合、ルールは NON_COMPLIANT です。

識別子: LAMBDA_FUNCTION_SETTINGS_CHECK

リソースタイプ: AWS::Lambda::Function

トリガータイプ: 設定変更

AWS リージョン: サポートされているすべての AWS リージョン

パラメータ:

ランタイム
タイプ: CSV

AWS Lambda ランタイム値のカンマ区切りリスト

ロール: (オプション)
型: 文字列

AWS Lambda 実行ロールの名前または ARN

タイムアウト (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 3

AWS Lambda 関数の秒単位のタイムアウト

memorySize (オプション)
タイプ: int
デフォルト: 128

AWS メガバイト単位の Lambda 関数のサイズ

プロアクティブな評価

このルールをプロアクティブモードで実行する手順については、「ルールによるリソースの評価」を参照してください AWS Config。このルールがプロアクティブモードで COMPLIANT を返すには、StartResource評価 API のリソース設定スキーマに、文字列としてエンコードされた次の入力を含める必要があります。

"ResourceConfiguration": ... { "MemorySize": Integer*, "Role": String*, "Runtime": String*, "Timeout": Integer* } ...

*これらの入力の有効な値の詳細については、 AWS CloudFormation ユーザーガイドのMemorySize「」、「ロール」、「ランタイム」、および「タイムアウト」を参照してください。

プロアクティブ評価の詳細については、「評価モード」を参照してください。

AWS CloudFormation テンプレート

AWS CloudFormation テンプレートを使用して AWS Config マネージドルールを作成するには、「」を参照してくださいAWS CloudFormation テンプレートを使用した AWS Config マネージドルールの作成