シンガポール金融管理局の「Notice 655」の運用のベストプラクティス - AWS Config

シンガポール金融管理局の「Notice 655」の運用のベストプラクティス

コンフォーマンスパックは、マネージドルールやカスタム AWS Config ルールと AWS Config 修復アクションを使用して、セキュリティ、運用、コスト最適化のガバナンスチェックを作成できるように設計された汎用コンプライアンスフレームワークを提供します。サンプルテンプレートとしてのコンフォーマンスパックは、特定のガバナンスまたはコンプライアンス基準を準拠するようには設計されていません。お客様は、本サービスの利用が該当する法的要件および規制要件を満たしているかどうかについて、お客様自身で評価する責任を負います。

以下に、シンガポール金融管理局 (MAS) の「Notice 655 - Cyber Hygiene」と、AWS マネージド Config ルール間のマッピングの例を示します。各 Config ルールが特定の AWS リソースに適用され、1 つ以上のシンガポール金融管理局の「Notice 655 - Cyber Hygiene」によるコントロールに関連付けられます。シンガポール金融管理局の「Notice 655 - Cyber Hygiene」によるコントロールを、複数の Config ルールに関連付けることができます。これらのマッピングに関する詳細およびガイダンスについては、以下の表を参照してください。

AWS リージョン:中東 (バーレーン) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

コントロール ID AWS Config ルール ガイダンス
4.1

iam-user-no-policies-check

このルールにより、AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーがグループまたはロールのみにアタッチされ、システムとアセットへのアクセスがコントロールされるようになります。グループレベルまたはロールレベルで特権を割り当てると、ID が過剰な特権を受け取ったり保持したりする機会を減らすことができます。
4.1

access-keys-rotated

組織のポリシーに従って IAM アクセスキーがローテーションされるようにすることで、認可されたデバイス、ユーザー、プロセスについての認証情報が監査されます。アクセスキーを定期的に変更することが、セキュリティのベストプラクティスです。これにより、アクセスキーがアクティブになっている期間が短縮され、キーが侵害された場合のビジネスへの影響を軽減できます。このルールでは、アクセスキーの更新の値が必要です (Config デフォルト: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.1

iam-user-unused-credentials-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、指定した期間に使用されていない IAM パスワードとアクセスキーをチェックすることで、アクセスの許可と認可を行うことができます。これらの未使用の認証情報が特定された場合は、最小特権の原則に反する可能性があるため、その認証情報を無効にするか、削除する必要があります。このルールでは、maxCredentialUsageAge (Config デフォルト: 90) の値を設定する必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.1

iam-password-policy

ID と認証情報は、組織の IAM パスワードポリシーに基づいて発行、管理、検証されます。これらの ID と認証情報は、NIST SP 800-63 および AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティス標準で規定されているパスワード強度の要件を満たしています。このルールでは、必要に応じて RequireUppercaseCharacters (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireLowercaseCharacters (AWS Foundational セキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireSymbols (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireNumbers (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、MinimumPasswordLength (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 14)、PasswordReusePrevention (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 24)、および MaxPasswordAge (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90) を、IAM パスワードポリシーに設定します。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.1

root-account-mfa-enabled

ルートユーザーに対して MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
4.1

ec2-instance-profile-attached

EC2 インスタンスプロファイルによって、IAM ロールが EC2 インスタンスに渡されます。インスタンスプロファイルをインスタンスにアタッチすることで、最小特権とアクセス許可を管理できます。
4.1

iam-customer-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) は、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことで、すべての AWS Key Management Service のキーに対するブロックされたアクションがポリシーに含まれることを制限できます。タスク完了のために必要以上の特権を持つことは、最小特権と職務分離の原則に反する可能性があります。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.1

iam-inline-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、すべての AWS Key Management Service キーでブロックされたアクションを許可するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーでは、再利用可能性、バージョニング、ロールバック、アクセス許可の管理を委任できます。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.1

iam-root-access-key-check

ルートユーザーに AWS Identity and Access Management (IAM) ロールにアタッチされたアクセスキーが割り当てられていないことを確認することで、システムとアセットへのアクセスをコントロールできます。root アクセスキーが削除されていることを確認します。代わりに、ロールベースの AWS アカウントを作成して使用し、最小限の機能の原則を組み込みます。
4.1

root-account-hardware-mfa-enabled

ルートユーザーに対してハードウェア MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
4.1

mfa-enabled-for-iam-console-access

コンソールのパスワードを所有するすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに対して MFA が有効になっていることを確認することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らし、権限のないユーザーが機密データにアクセスできないようにすることができます。
4.1

iam-user-mfa-enabled

AWS クラウド内のリソースへのアクセスを制限するには、このルールを有効にします。このルールにより、すべての IAM ユーザーの多要素認証 (MFA) が有効になります。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らします。
4.1

emr-kerberos-enabled

Amazon EMR クラスターで Kerberos を有効にすることで、最小特権と職務の分離の原則に基づいてアクセス許可と認可を管理して組み込むことができます。Kerberos では、認証を必要とするサービスとユーザーをプリンシパルと呼びます。プリンシパルは Kerberos 領域内に存在します。この領域内では、Kerberos サーバーを KDC (キー配布センター) と呼びます。これは、プリンシパルが認証を行うための手段を提供するものです。KDC は、チケットを発行して認証を行います。KDC は、領域内にあるプリンシパルのデータベースに加え、プリンシパルのパスワードや、各プリンシパルに関するその他の管理情報を保持しています。
4.1

iam-user-group-membership-check

AWS Identity and Access Management (IAM) は、IAM ユーザーが少なくとも 1 つのグループのメンバーであることを確認することで、アクセス許可と認可をコントロールします。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに許可することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
4.1

iam-policy-no-statements-with-admin-access

AWS Identity and Access Management (IAM) によって、ポリシーで「Resource」: 「*」に対して「Action」: 「*」が「Effect」: 「Allow」にならないように制限し、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことができます。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
4.1

iam-no-inline-policy-check

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、システムやアセットへのアクセスを管理するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーにより、再利用性、バージョニング、ロールバック、権限管理の委任が可能になります。
4.1

iam-group-has-users-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、IAM グループに少なくとも 1 つの IAM ユーザーが存在するようにすることで、アクセス許可と認可に最小特権と職務の分離の原則を組み込むことができます。関連するアクセス許可や職務に基づいて IAM ユーザーをグループに配置することは、最小特権を組み込む方法の 1 つです。
4.1

secretsmanager-rotation-enabled-check

このルールにより、AWS Secrets Manager シークレットでローテーションが有効にされます。シークレットを定期的にローテーションすることで、シークレットがアクティブになる期間が短縮され、シークレットが侵害された場合のビジネスへの影響が軽減される可能性があります。
4.1

secretsmanager-scheduled-rotation-success-check

このルールにより、AWS Secrets Manager のシークレットがローテーションスケジュールに従って正常にローテーションされるようになります。シークレットを定期的にローテーションすることで、シークレットがアクティブになる期間が短縮され、シークレットが侵害された場合のビジネスへの影響が軽減される可能性があります。
4.1

iam-policy-no-statements-with-full-access

IAM アクションが、必要なアクションのみに制限されていることを確認します。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
4.2

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
4.2

ec2-managedinstance-patch-compliance-status-check

このルールを有効にすると、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の脆弱性の特定とドキュメント化ができます。このルールにより、AWS Systems Manager で、Amazon EC2 インスタンスのパッチコンプライアンスが組織のポリシーや手順で要求されているかどうかをチェックします。
4.2

ec2-managedinstance-association-compliance-status-check

AWS Systems Manager Association を使用することで、組織内でソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager では、マネージドインスタンスに設定のステータスを割り当て、オペレーティングシステムのパッチレベル、ソフトウェアのインストール、アプリケーション設定、環境に関するその他の詳細のベースラインを設定できます。
4.2

redshift-cluster-maintenancesettings-check

このルールにより、Amazon Redshift クラスターで組織に適した設定が行われるようになります。具体的には、データベースの任意のメンテナンスウインドウと自動スナップショットの保持期間を設定します。このルールでは、allowVersionUpgrade を設定する必要があります。デフォルトは true です。必要に応じて、「preferredMaintenanceWindow (デフォルトは「sat: 16:00-sat: 16:30」) と automatedSnapshotRetentionPeriod (デフォルトは 1) を設定することもできます。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.2

ec2-imdsv2-check

Instance Metadata Service Version 2 (IMDSv2) メソッドが有効になっていることを確認することで、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のインスタンスメタデータのアクセスとコントロールを保護します。IMDSv2 メソッドでは、セッションベースのコントロールを使用します。IMDSv2 を使用すると、インスタンスメタデータへの変更を制限するためのコントロールを実装できます。
4.2

elastic-beanstalk-managed-updates-enabled

Amazon Elastic Beanstalk 環境でマネージドプラットフォームの更新を有効にすると、利用可能なプラットフォームの最新の修正、更新と、環境のための機能がインストールされます。パッチのインストールを最新の状態に保つことは、システムのセキュリティ保護のベストプラクティスです。
4.2

rds-automatic-minor-version-upgrade-enabled

Amazon Relational Database Service (RDS) インスタンスで自動マイナーバージョンアップグレードを有効にすると、セキュリティパッチやバグ修正を含むリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) の最新のマイナーバージョンアップデートをインストールできます。
4.2

ecr-private-image-scanning-enabled

Amazon Elastic Container Repository (ECR) イメージスキャニングは、コンテナイメージ内のソフトウェアの脆弱性を特定するのに役立ちます。ECR リポジトリでイメージスキャンを有効にすると、保存されているイメージの整合性と安全性を検証するレイヤーが追加されます。
4.3

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
4.3

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
4.3

ec2-managedinstance-association-compliance-status-check

AWS Systems Manager Association を使用することで、組織内でソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager では、マネージドインスタンスに設定のステータスを割り当て、オペレーティングシステムのパッチレベル、ソフトウェアのインストール、アプリケーション設定、環境に関するその他の詳細のベースラインを設定できます。
4.3

account-part-of-organizations

AWS Organizations 内の AWS アカウントを一元管理することで、アカウントが準拠されるようになります。アカウントの管理が一元化されていないと、アカウントの設定に一貫性がなくなり、リソースや機密データが流出する可能性があります。
4.4

alb-waf-enabled

アプリケーションを保護するため、Elastic Load Balancing (ELB) で AWS WAF が有効になっていることを確認します。WAF は、一般的なウェブの脆弱性からウェブアプリケーションや API を保護するのに役立ちます。これらのウェブの脆弱性は、お客様の環境で可用性に影響を与えたり、セキュリティを侵害したり、リソースを過剰に消費したりする可能性があります。
4.4

dms-replication-not-public

DMS レプリケーションインスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。DMS レプリケーションインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
4.4

ebs-snapshot-public-restorable-check

EBS スナップショットがパブリックで復元されないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。EBS ボリュームスナップショットには機密情報が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
4.4

ec2-instance-no-public-ip

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EC2 インスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
4.4

ec2-security-group-attached-to-eni-periodic

このルールにより、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスまたは ENI にセキュリティグループがアタッチされるようになります。このルールは、インベントリ内の未使用のセキュリティグループのモニタリングと環境の管理に役立ちます。
4.4

elasticsearch-in-vpc-only

Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) のドメインが Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にあることを確認することで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon VPC 内の OpenSearch Service のドメインによって、インターネットゲートウェイ、NAT デバイスや VPN 接続なしで、OpenSearch Service と他のサービス間に Amazon VPC 内で安全な通信ができるようになります。
4.4

emr-master-no-public-ip

Amazon EMR クラスターマスターノードにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EMR クラスターのマスターノードには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
4.4

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
4.4

restricted-ssh

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のセキュリティグループは、AWS リソースへの出入口ネットワークトラフィックをステートフルにフィルタリングすることで、ネットワークアクセスの管理を支援することができます。リソースで 0.0.0.0/0 からポート 22 への入力 (またはリモート) トラフィックを許可しないようにすることで、リモートアクセスを制限できます。
4.4

ec2-instances-in-vpc

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内に Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを展開し、Amazon VPC 内でのインスタンスとサービス間の安全な通信を、インターネットゲートウェイ、NATデバイス、VPN接続を必要とせず可能にします。すべてのトラフィックは AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。Amazon EC2 インスタンスを Amazon VPC に割り当て、アクセスを適切に管理します。
4.4

internet-gateway-authorized-vpc-only

インターネットゲートウェイが、認可された Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) にのみアタッチされるようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。インターネットゲートウェイは、Amazon VPC との間の双方向インターネットアクセスを可能にしますが、これにより Amazon VPC リソースへの不正アクセスが発生する可能性があります。
4.4

lambda-function-public-access-prohibited

AWS Lambda 関数へのパブリックアクセスができないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。パブリックアクセスにより、リソースの可用性の低下を招く可能性があります。
4.4

lambda-inside-vpc

AWS Lambda 関数を Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にデプロイして、関数と Amazon VPC 内の他のサービスとの間の安全な通信を実現します。この設定では、インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続を使用する必要はありません。すべてのトラフィックは、AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。アクセスを適切に管理するため、AWS Lambda 関数を VPC に割り当てる必要があります。
4.4

rds-instance-public-access-check

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
4.4

rds-snapshots-public-prohibited

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報と原則が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
4.4

waf-regional-rule-not-empty

AWS WAF に空でないルールがあることを確認します。条件のないルールは、意図しない動作を引き起こす可能性があります。
4.4

waf-regional-rulegroup-not-empty

AWS WAF に空でないルールグループがあることを確認します。空のルールグループは、意図しない動作を引き起こす可能性があります。
4.4

waf-regional-webacl-not-empty

AWS WAF にアタッチされたウェブ ACL には、ウェブリクエストを検査および制御する、ルールおよびルールグループのコレクションを含めることができます。ウェブ ACL が空の場合、ウェブトラフィックは、WAF による検出または処理なしに通過します。
4.4

netfw-policy-default-action-fragment-packets

AWS Network Firewall ポリシーは、ファイアウォールが Amazon VPC のトラフィックをモニタリングおよび処理する方法を定義します。ステートレスおよびステートフルのルールグループを設定し、パケットとトラフィックフローをフィルタリングします。Pass アクションをデフォルトに設定すると、意図しないトラフィックが許可される可能性があります。
4.4

netfw-policy-default-action-full-packets

AWS Network Firewall ポリシーは、ファイアウォールが Amazon VPC のトラフィックをモニタリングおよび処理する方法を定義します。ステートレスおよびステートフルのルールグループを設定し、パケットとトラフィックフローをフィルタリングします。Pass アクションをデフォルトに設定すると、意図しないトラフィックが許可される可能性があります。
4.4

netfw-policy-rule-group-associated

AWS Network Firewall ポリシーは、ファイアウォールが Amazon VPC のトラフィックをモニタリングおよび処理する方法を定義します。ステートレスおよびステートフルのルールグループを設定して、パケットとトラフィックフローのフィルタリングし、デフォルトのトラフィック処理を定義します。
4.4

netfw-stateless-rule-group-not-empty

AWS Network Firewall ルールグループには、ファイアウォールが VPC 内のトラフィックを処理する方法を定義するルールが含まれています。ファイアウォールポリシーに空のステートレスルールグループが存在する場合、トラフィックは処理されません。
4.4

redshift-cluster-public-access-check

Amazon Redshift クラスターが公開されていないことを確認して、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon Redshift クラスターには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
4.4

restricted-common-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。ポートへのアクセスを信頼できるソースに制限しなければ、システムの可用性、完全性、機密性に対する脅威を招く可能性があります。このルールでは、blockedPort1 - blockedPort5 パラメータを必要に応じて設定できます (Config デフォルト: 20、21、3389、3306、4333)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.4

s3-account-level-public-access-blocks-periodic

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールは、パブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護するのに役立ちます。このルールでは、ignorePublicAcls (Config デフォルト: True)、blockPublicPolicy (Config デフォルト: True)、blockPublicAcls (Config デフォルト: True)、および restrictPublicBuckets (Config デフォルト: True) の各パラメータを必要に応じて設定できます。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.4

sagemaker-notebook-no-direct-internet-access

Amazon SageMaker ノートブックがインターネットからの直接アクセスを許可しないようにすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。インターネットからの直接アクセスを防止することで、権限のないユーザーが機密データにアクセスするのを防ぐことができます。
4.4

vpc-default-security-group-closed

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループでは、AWS リソースへの入力および出力ネットワークトラフィックのステートフルフィルタリングを使用して、ネットワークアクセスを管理できます。デフォルトのセキュリティグループのすべてのトラフィックを制限することで、AWS リソースへのリモートアクセスを制限することができます。
4.4

vpc-sg-open-only-to-authorized-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。信頼できるソースへのポートに対するアクセスを制限しないと、システムの可用性、完全性、機密性に対する攻撃を招く可能性があります。インターネットからのセキュリティグループ内のリソースへのアクセスを制限することで (0.0.0.0/0)、内部システムへのリモートアクセスをコントロールできます。
4.4

s3-bucket-public-read-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
4.4

s3-bucket-public-write-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
4.4

no-unrestricted-route-to-igw

Amazon EC2 ルートテーブルで、インターネットゲートウェイへの無制限のルートがないことを確認します。Amazon VPC 内のワークロードのインターネットへのアクセスを削除または制限すると、環境内の意図しないアクセスを減らすことができます。
4.4

s3-bucket-level-public-access-prohibited

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールでは、バケットレベルでのパブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護します。
4.4

subnet-auto-assign-public-ip-disabled

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) サブネットにパブリック IP アドレスが自動的に割り当てられないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。この属性が有効になっているサブネットで起動される Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスでは、プライマリネットワークインターフェイスにパブリック IP アドレスが割り当てられています。
4.4

autoscaling-launch-config-public-ip-disabled

パブリック IP アドレスを使用してネットワークインターフェイスを設定すると、それらのネットワークインターフェイスに関連付けられたリソースにインターネットからアクセスできます。EC2 リソースが、アプリケーションやサーバーへの意図しないアクセスを許可する可能性があるため、パブリックにアクセスできないようにする必要があります。
4.4

redshift-enhanced-vpc-routing-enabled

拡張された VPC のルーティングにより、クラスターとデータリポジトリ間のすべての COPY および UNLOAD トラフィックが、Amazon VPC を通過するよう強制されます。その後、セキュリティグループやネットワークアクセスコントロールリストなどの VPC 機能を使用して、ネットワークトラフィックを保護することができます。VPC フローログを使用してネットワークトラフィックをモニタリングすることもできます。
4.4

ssm-document-not-public

AWS Systems Manager (SSM) ドキュメントへの意図しないアクセスが許可される可能性があるため、SSM ドキュメントが公開されていないことを確認します。パブリック SSM ドキュメントにより、お客様のアカウント、リソース、内部プロセスに関する情報が公開される可能性があります。
4.4

api-gw-associated-with-waf

AWS WAF では、お客様が定義するカスタマイズ可能なウェブセキュリティルールと条件に基づいて、ウェブリクエストを許可、ブロック、またはカウントする一連のルール (ウェブアクセスコントロールリストまたはウェブ ACL と呼ばれる) を設定することができます。Amazon API Gateway のステージが WAF のウェブ ACL に関連付けられ、悪意のある攻撃から保護されていることを確認します。
4.4

opensearch-in-vpc-only

Amazon OpenSearch Service のドメインが Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にあることを確認することで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon VPC 内の Amazon OpenSearch Service のドメインによって、インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、そして VPN 接続を必要とせずに、Amazon OpenSearch と Amazon VPC 内にある他のサービスの間での安全な通信が可能になります。
4.5

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
4.5

ec2-managedinstance-patch-compliance-status-check

このルールを有効にすると、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の脆弱性の特定とドキュメント化ができます。このルールにより、AWS Systems Manager で、Amazon EC2 インスタンスのパッチコンプライアンスが組織のポリシーや手順で要求されているかどうかをチェックします。
4.5

ec2-managedinstance-association-compliance-status-check

AWS Systems Manager Association を使用することで、組織内でソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager では、マネージドインスタンスに設定のステータスを割り当て、オペレーティングシステムのパッチレベル、ソフトウェアのインストール、アプリケーション設定、環境に関するその他の詳細のベースラインを設定できます。
4.5

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
4.6

iam-password-policy

ID と認証情報は、組織の IAM パスワードポリシーに基づいて発行、管理、検証されます。これらの ID と認証情報は、NIST SP 800-63 および AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティス標準で規定されているパスワード強度の要件を満たしています。このルールでは、必要に応じて RequireUppercaseCharacters (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireLowercaseCharacters (AWS Foundational セキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireSymbols (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireNumbers (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、MinimumPasswordLength (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 14)、PasswordReusePrevention (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 24)、および MaxPasswordAge (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90) を、IAM パスワードポリシーに設定します。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
4.6

root-account-mfa-enabled

ルートユーザーに対して MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
4.6

iam-root-access-key-check

ルートユーザーに AWS Identity and Access Management (IAM) ロールにアタッチされたアクセスキーが割り当てられていないことを確認することで、システムとアセットへのアクセスをコントロールできます。root アクセスキーが削除されていることを確認します。代わりに、ロールベースの AWS アカウントを作成して使用し、最小限の機能の原則を組み込みます。
4.6

root-account-hardware-mfa-enabled

ルートユーザーに対してハードウェア MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
4.6

mfa-enabled-for-iam-console-access

コンソールのパスワードを所有するすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに対して MFA が有効になっていることを確認することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らし、権限のないユーザーが機密データにアクセスできないようにすることができます。
4.6

iam-user-mfa-enabled

AWS クラウド内のリソースへのアクセスを制限するには、このルールを有効にします。このルールにより、すべての IAM ユーザーの多要素認証 (MFA) が有効になります。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らします。

テンプレート

テンプレートは、GitHub の「Operational Best Practices for MAS Notice 655」で入手できます。