redshift-cluster-maintenancesettings-check - AWS Config

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

redshift-cluster-maintenancesettings-check

Checks whether Amazon Redshift clusters have the specified maintenance settings.

Identifier: REDSHIFT_CLUSTER_MAINTENANCESETTINGS_CHECK

Trigger type: 設定変更

AWS Region: All supported AWS regions except Middle East (Bahrain) Region

パラメータ:

allowVersionUpgrade
タイプ: ブール値
デフォルト: true

バージョンアップグレードの許可が有効になっています。

preferredMaintenanceWindow (Optional)
タイプ: 文字列

クラスターのスケジュールされたメンテナンスウィンドウ (例: Mon:09:30-Mon:10:00)。

automatedSnapshotRetentionPeriod (Optional)
タイプ: int
デフォルト: 1

自動スナップショットを保持する日数。

AWS CloudFormation テンプレート

To create AWS Config managed rules with AWS CloudFormation templates, see Creating AWS Config Managed Rules With AWS CloudFormation Templates.