AWS Config
開発者ガイド

AWS Config リソースのタグ付け

タグとは、AWS リソースに付けるラベルです。タグはそれぞれ、1 つのキーとオプションの 1 つので構成されており、どちらもお客様側が定義します。タグを使用することで、リソースの管理、検索、フィルタリングを行うことができます。

タグを使用すると、AWS リソースを目的、所有者、環境などさまざまな方法で分類することができます。同じ型のリソースが多い場合に役立ちます — 割り当てたタグに基づいて特定のリソースをすばやく識別できます。1 つ以上のタグを AWS リソースに割り当てることができます。各タグには値も関連付けられています。

ニーズを満たす一連のタグキーをリソースタイプごとに考案されることをお勧めします。一貫性のあるタグキーセットを使用することで、AWS リソースを簡単に管理することができます。追加したタグに基づいてリソースを検索およびフィルタリングできます。

タグは厳密に文字列として解釈され、自動的にリソースに割り当てられることはありません。タグのキーと値は編集でき、タグはリソースからいつでも削除できます。タグの値を空の文字列に設定することはできますが、タグの値を null に設定することはできません。特定のリソースについて既存のタグと同じキーを持つタグを追加した場合、古い値は新しい値によって上書きされます。リソースを削除すると、リソースのタグも削除されます。

タグを使用するには、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、AWS Config API リファレンスを使用します。

タグ付けに関連する制限

タグには以下のような基本制限があります。

制限 説明

リソースあたりのタグの最大数

50

キーの最大長

UTF-8 で 128 文字の Unicode 文字

値の最大長

UTF-8 で 256 文字の Unicode 文字

プレフィックスの制限

タグの名前または値に aws: プレフィックスは使用しないでください。このプレフィックスは AWS 用に予約されています。このプレフィックスが含まれるタグの名前または値は編集または削除できません。このプレフィックスを持つタグは、リソースあたりのタグ数の制限時には計算されません。

文字の制限

タグに使用できるのは、Unicode 文字、数字、空白、または _ . : / = + - @ のみです。

AWS Config API アクションを使用してタグを管理する

​タグベースのアクセスコントロールは、3 つのリソース ConfigurationAggregatorAggregationAuthorizationConfigRule で利用できます。リソースのタグの追加、更新、リスト表示、および削除には、次を使用します。