問い合わせフローログに収集されるデータ - Amazon Connect

問い合わせフローログに収集されるデータ

問い合わせフローのログエントリには、ログエントリに関連付けられているブロック、問い合わせ ID、およびブロック内のステップが完了した後に取られたアクションに関する詳細が含まれます。キューに費やされた時間やエージェントとのやり取りなど、問い合わせフローの外部で発生する問い合わせのやり取りは、記録されません。

機密データまたはお客様の個人情報をやり取りするか、取り込む問い合わせフローの途中でログを無効にするように、ブロックのプロパティを設定できます。

問い合わせフローで Amazon Lex または AWS Lambda を使用すると、ログには問い合わせフローの開始と終了が表示され、開始または終了時に送受信されるやり取りに関する情報が含まれます。

ログにも問い合わせフロー ID が含まれており、問い合わせフローを変更しても、問い合わせフロー ID は同じままであるため、ログを使用してさまざまなバージョンの問い合わせフローとのやり取りを比較できます。

次のログエントリの例は、着信フローの [作業キューの設定] ブロックを示しています。

{ "ContactId": "11111111-2222-3333-4444-555555555555", "ContactFlowId": "arn:aws:connect:us-west-2:0123456789012:instance/nnnnnnnnnnn-3333-4444-5555-111111111111/contact-flow/123456789000-aaaa-bbbbbbbbb-cccccccccccc", "ContactFlowModuleType": "SetQueue", "Timestamp": "2021-04-13T00:14:31.581Z", "Parameters": { "Queue": "arn:aws:connect:us-west-2:0123456789012:instance/nnnnnnnnnnn-3333-4444-5555-111111111111/queue/aaaaaaaa-bbbb-cccc-dddd-eeeeeeeeeeee" } }