Amazon Connect のおすすめアプリケーションの統合をセットアップする - Amazon Connect

Amazon Connect のおすすめアプリケーションの統合をセットアップする

これらの統合は、Amazon Connect のおすすめアプリケーションを使用して、Amazon Connect Customer Profiles を定期的に更新します。

開始する前に

データの一括取り込み

統合を設定すると、データの取り込みを開始する日付を入力するように求められます。2 か月以上前の日付を選択した場合、複数のフローを作成することで、Customer Profiles の一括取り込みが自動的に有効になります。これにより、データを取り込むのに必要なフロー数を計算する必要がなくなります。

自動一括取り込みが有効になっている場合、Customer Profiles では次の処理を実行します。

  • バッチサイズを 2 か月に設定します。

  • 一時的な障害に対しては、最大 3 回再試行してから失敗とします。

CreateIntegrationWorkflowRequest API を使用して、独自のバッチサイズを呼び出すことができます。

IAM ロールを選択または作成するように求められるのはなぜですか。

Salesforce、Marketo、ServiceNow では、Customer Profiles によって IAM ロールを使用して複数のワークフローを作成し、データを迅速かつ効率的に取り込むことで、これらのソースの履歴取り込みを改善するのに役立ちます。

これらのソースでは、レコードをインポートする日付を日付ピッカーで 60 日より前の日付を設定すると、新しい IAM ロールを作成するか、既存のロールを選択するよう求められます。このロールにより、Customer Profiles で統合を管理できます。Customer Profiles には、データを取り込むためのワークフローを更新および作成するために必要な権限が与えられます。ワークフローが完了すると、Customer Profiles によって標準の継続的インテグレーションが作成され、ソースで更新した際に新しいデータを取り込みます。

コンソールで作成されたロールは、作成されたドメインでのみ使用できます。これは、Amazon Connect がロールのアクセスをドメインで使用する KMS キーのみに制限しているためです。

詳細については、「Customer Profiles 実行ロールへの最小権限アクセスを付与する」を参照してください。

Customer Profiles 実行ロールへの最小権限アクセスを付与する

独自の IAM ロールを作成する場合は、次のコードに示すアクセス権限を使用して、ロールを最低限必要な権限に制限することをお勧めします。以下のスニペットを使用して、手動でロールを作成します。独自の KMS キーを使用して、必要に応じてリージョンを指定します。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Condition": { "ForAnyValue:StringEquals": { "aws:RequestTag/awsOwningService": "customer-profiles-integration-workflow" } }, "Action": [ "appflow:CreateFlow", "appflow:TagResource", "profile:TagResource", "profile:PutIntegration" ], "Resource": "*", "Effect": "Allow", "Sid": "CreateFlowResources" }, { "Action": [ "appflow:UseConnectorProfile" ], "Resource": "*", "Effect": "Allow", "Sid": "UseConnectorResources" }, { "Condition": { "ForAnyValue:StringEquals": { "aws:ResourceTag/awsOwningService": "customer-profiles-integration-workflow" } }, "Action": [ "appflow:DescribeFlow", "appflow:DescribeFlowExecutionRecords", "appflow:DeleteFlow", "appflow:StartFlow", "appflow:StopFlow", "appflow:UpdateFlow", "profile:DeleteIntegration" ], "Resource": "*", "Effect": "Allow", "Sid": "AccessFlowResources" }, { "Action": [ "kms:CreateGrant", "kms:ListGrants" ], "Resource": "{{YourKMSKeyConsumedByTheDomain}}", "Condition": { "StringEquals": { "kms:ViaService": [ "appflow.{{region}}.amazonaws.com" ] } }, "Effect": "Allow", "Sid": "KMSAppflow" }, { "Action": [ "kms:CreateGrant" ], "Resource": "{{YourKMSKeyConsumedByTheDomain}}", "Condition": { "StringEquals": { "kms:ViaService": [ "profile.{{region}}.amazonaws.com" ] }, "ForAllValues:StringEquals": { "kms:GrantOperations": [ "Decrypt" ] } }, "Effect": "Allow", "Sid": "KMSCustomerProfiles" } ] }

Customer Profiles 統合をモニタリングする

接続が確立されてから動作しなくなったら、統合を削除してから再確立します。

オブジェクトが送信されていない場合の対処方法

オブジェクトの送信に失敗した場合には、[フローの詳細] をクリックして不具合の詳細を表示します。

設定を削除して、外部アプリケーションに再接続する必要がある場合があります。