ログイン/ログアウトレポート - Amazon Connect

ログイン/ログアウトレポート

ログイン/ログアウトレポートには、コンタクトセンターのユーザー (エージェント、マネージャー、管理者など) のログイン情報とログアウト情報が表示されます。ユーザーセッションごとに、ログインとログアウト時刻がレポートの行として表示されます。このレポートを使用して、ユーザーが Amazon Connect にログインした時刻を判断できます。レポートには、ユーザーが Amazon Connect にログインした各セッションの時間の長さも表示されます。

重要

デフォルトでは、エージェントが CCP ウィンドウを閉じても、ログアウトされません。自動ログアウトするように CCP をカスタマイズしていない限り、エージェントは [ログアウト] ボタンをクリックする必要があります。[ログアウト] ボタンをクリックするまで、ログイン/ログアウトレポートにはログイン中として表示されます。

ログイン/ログアウトレポートの制限: 10,000 行

  • 10,000 を超える行を含むログイン/ログアウトレポートを生成しようとすると、レポートは最後まで作成されません。

  • ログイン/ログアウトレポートページには 10,000 しか表示されません。

  • 10,000 を超える行を含むログイン/ログアウトレポートをスケジュールすると、レポートは失敗します。また、S3 バケットにレポート出力が保存されず、レポートを表示できなくなります。

  • コンタクトセンターに多数のユーザーがいて、レポートが最後まで作成されない場合、生成されるレポートのサイズを縮小するために、時間範囲の指定を短くしたり、ルーティングプロファイルやエージェント階層などのフィルターをレポートに適用したりすることで対処できます。次に他のフィルターを使用して、インスタンスのすべてのログイン/ログアウトデータを取得できます。

ログイン/ログアウトレポートにアクセスするために必要なアクセス許可

ログイン/ログアウトレポートを生成するには、まず、セキュリティプロファイルに、「ログイン/ログアウトレポート - 表示」のアクセス許可を割り当てる必要があります。

デフォルトでは、Amazon Connect の 管理者セキュリティプロファイルには、これらのアクセス許可があります。

既存のセキュリティプロファイルにアクセス許可を追加する方法については、「セキュリティプロファイルの更新」を参照してください。

ログイン/ログアウトレポートを生成する

ログイン/ログアウトレポートには、指定された時間範囲内に発生したユーザーによるログインまたはログアウトアクションのみが含まれます。

  • ユーザーが時間範囲内にログインしてログアウトしなかった場合、レポートにはログイン時間が表示されますが、ログアウト時間は表示されません。

  • ユーザーが時間範囲の開始前にログインしてから時間範囲内でログアウトすると、時間範囲の開始前にログインが発生していても、レポートにはログイン時間とログアウト時間の両方が表示されます。これにより、最新のログアウトに関連付けられたユーザーセッションの期間を表示できます。

ログイン/ログアウトレポートを生成する

  1. Amazon Connect ダッシュボードを開きます。

  2. [メトリクスおよび品質]、[ログイン/ログアウトレポート] の順に選択します。

  3. [ログイン/ログアウトレポート] ページで、レポートに含めるレコードの [時間範囲] を選択します。[カスタムの時間範囲] を選択して、最大 7 日間の範囲を指定します。

  4. レポートに使用する [タイムゾーン] を選択します。

  5. レポートに含まれるデータをフィルタリングするには、[フィルター条件] で、値を選択します。

  6. [レポートの生成]、[保存] を選択します。

  7. レポート名を指定して、[保存] を選択します。

保存したログイン/ログアウトレポートを編集する

レポートを保存したら、いつでも編集できます。保存したレポートを開くときに、表示されるタイムフレームと日付範囲は、レポートの保存時に定義された日時を示します。

保存したログイン/ログアウトレポートを編集する

  1. Amazon Connect ダッシュボードを開きます。

  2. [メトリクスおよび品質]、[保存したレポート] の順に選択します。

  3. [ログイン/ログアウトレポート] を選択し、編集するレポートを選択]します。

  4. [時間範囲]、[タイムゾーン]、および [フィルター条件] 設定を更新します。

  5. 既存のレポートを上書きするには、[保存] を選択します。

  6. 新しいレポートとして変更を保存するには、[保存]、[名前を付けて保存] の順に選択します。レポート名を指定して、[名前を付けて保存] を選択します。

ログイン/ログアウトレポートを CSV ファイルとしてダウンロードする

レポートを生成したら、カンマ区切り値 (CSV) ファイルとしてダウンロードして、他のアプリケーションを使用してスプレッドシートやデータベースなどのデータを操作することができます。

レポートを CSV ファイルとしてダウンロードするには

  1. ダウンロードするレポートを開きます。

  2. [ログイン/ログアウトレポート] ページの右上隅にある [保存] の横にある [レポートの共有] メニュー (矢印) を選択します。

  3. [Download CSV] を選択します。ファイル Login_Logout report.csv がコンピュータにダウンロードされます。

ログイン/ログアウトレポートを共有する

組織内の他のユーザーがレポートを利用できるようにするために、レポートを共有できます。Amazon Connect で適切なアクセス許可がある場合にのみ、レポートにアクセスできます。

ログイン/ログアウトレポートを共有する

  1. [ログイン/ログアウトレポート] ページの右上隅にある [保存] の横にある [レポートの共有] メニュー (矢印) を選択します。

  2. [レポートの保存] を選択します。

  3. URL をレポートにコピーするには、[リンクのコピー] を選択します。リンクをE メールやその他の文書に貼り付けることで、組織内の他のユーザーに URL を送信することができます。

  4. 組織にレポートを発行するには、[レポートを組織に公開する] で、トグルを [オン] に移動します。

  5. [Save] を選択します。

ログイン/ログアウトレポートをスケジュールする

同じ設定のレポートを定期的に生成するには、毎日または特定の曜日に実行するようにレポートをスケジュールできます。レポートをスケジュールすると、レポートは自動的に組織に公開されます。適切なアクセス許可を持つユーザーは、レポートを表示できます。ログイン/ログアウトレポートのすべてのアクセス許可を持つユーザーは、レポートの編集、スケジュール、削除ができます。

レポートをスケジュールすると、レポートは選択した曜日の、選択したタイムゾーンに常に 12 時にレポートが実行されることに注意してください。水曜日を選択すると、水曜日の深夜にレポートが実行され、水曜日のデータは含まれません。スケジュールされたレポートは、Amazon S3 バケットに CSV ファイルとして保存されます。デフォルトの時間帯は UTC です。現地時間で午前 12 時にレポートを実行するには、代わりにタイムゾーンを選択します。

ヒント

スケジュールされたレポートを同僚のリストに E メールで送信するには、メッセージングシステムを使用して手動で E メールを生成する必要があります。Amazon Connect には、スケジュールされたレポートを自動的に E メールで送信するオプションはありません。

ログイン/ログアウトレポートをスケジュールする

  1. スケジュールがオープンの保存されたレポートがすでにある場合は、ステップ 4 に進みます。そうでない場合は、ダッシュボードで、[メトリクスおよび品質]、[保存されたレポート] の順に選択します。

  2. ログイン/ログアウトレポート を選択します。

  3. スケジュールするレポートの名前を含む行の上にマウスポインタを置き、[スケジュールレポート] アイコンを選択します。

  4. [スケジュールレポート] ページの、[繰り返し] の、[このレポートの生成] で、レポートを [毎日] または [毎週] 生成するかどうかを選択します。

  5. [毎週] を選択した場合は、レポートを実行する日または曜日を選択します。

  6. [タイムゾーン] を選択します。

  7. 保存したレポートの S3 パスにプレフィックスを追加するには、[配信オプション] を選択し、[プレフィックス] フィールドに値を入力します。

    プレフィックスは、/Reports と report name の間のパスに追加されます。例: .../Reports/my-prefix/report-name-YYYY-MM-DD…

  8. [Create] を選択します。

レポートをスケジュールすると、いつでもそのスケジュールを変更または削除できます。

レポートのスケジュールを編集または削除するには

  1. 前のセクションの手順に従って、[スケジュールレポート] ページを開きます。

  2. スケジュールを編集するには、[編集] を選択し、[繰り返し] および [配信オプション] を必要に応じて更新して、[保存] を選択します。

  3. レポートのスケジュールを削除するには、[削除] を選択し、確認ダイアログで [削除] を再度選択します。

保存したログイン/ログアウトレポートを削除する

レポートライブラリにレポートが多すぎますか? 保存したレポートが不要になった場合には、削除することができます。レポートを削除すると、レポートの設定だけが削除されます。これらの設定を使用して既に生成されたレポートは削除されません。スケジュールされたレポートから作成された CSV ファイルは S3 バケットから削除されません。

保存されたログイン/ログアウトレポートを削除する

  1. Amazon Connect ダッシュボードを開きます。

  2. [メトリクスおよび品質]、[保存したレポート] の順に選択します。

  3. 削除するレポートの行にマウスカーソルを合わせ、[削除] アイコンを選択します。

  4. [削除] をもう一度選択します。