音声とチャットに同じボットを使用する方法 - Amazon Connect

音声とチャットに同じボットを使用する方法

音声とチャットの両方に同じボットを使用できます。ただし、チャンネルに応じてボットの反応を異なるものにすることができます。たとえば、音声の SSML を返して、番号を電話番号として読み取るが、通常のテキストをチャットに戻したいとします。これを行うには、チャネル属性を渡します。

  1. [顧客の入力を取得する] ブロックで [Amazon Lex] タブを選択します。

  2. [セッション属性] で、[属性を使用する] を選択します。[phoneNumber] を入力し、次の図に示すように、[システム]、[お客様番号] に設定します。

  3. [Add another attribute (他の属性を追加)] を選択します。

  4. [Use attribute (属性の使用)] を選択します。次の図に示すように、[callType]、[システム]、[チャネル] を入力します。

  5. [Save] を選択します。

  6. Lambda 関数の場合、この値には受信イベントの [SessionAttributes] フィールドでアクセスできます。