明細項目の詳細 - AWS コストと使用状況レポート

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

明細項目の詳細

AWS コストと使用状況レポートの lineItem ヘッダーの下の列は、すべてのコストと使用状況レポートに表示される固定フィールドです。これには、あなたの使用に伴うすべてのコストと使用状況の情報が含まれます。これには以下の列が含まれます。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | U | VWXYZ

A

lineItem/AvailabilityZone

この明細項目をホストするアベイラビリティーゾーン。例えば、us-east-1aus-east-1b などです。

B

lineItem/BlendedCost

BlendedRateUsageAmount を乗じた値。

注記

[BlendedCost] は、[LineItemType] が [Discount] である明細項目については空白になります。割引は、メンバーアカウントと SKU で集計されたメンバーアカウントの非ブレンドコストのみを使用して計算されます。そのため、[BlendedCost] は割引に使用できません。

lineItem/BlendedRate

BlendedRate は、組織全体で各 SKU に発生した平均コストです。

例えば、Amazon S3 ブレンドレートは、ストレージの合計コストを、1 か月間に保存されたデータ量で割ったものです。RI を持つアカウントの場合、ブレンドレートは RI とオンデマンドインスタンスの平均コストとして計算されます。

ブレンドレートは管理アカウントレベルで計算され、各メンバーアカウントにコストを割り当てるために使用されます。詳細については、AWS Billing ユーザーガイドブレンドレートとコストを参照してください。

C

lineItem/CurrencyCode

この明細項目の通貨。すべての AWS のお客様は、デフォルトで米ドルで請求されます。請求通貨を変更するには、「」を参照してください。請求の支払いに使用する通貨の変更AWS Billingユーザーガイド

L

lineItem/LegalEntity

AWS のサービスのプロバイダ。利用できる値には以下のとおりです。

  • Amazon Web Services – AWS サービスを販売するエンティティ。

  • Amazon Internet Services Pvt. Ltd – インドで AWS サービスのリセラーとなっている現地インド法人。

lineItem/LineItemDescription

明細項目タイプの説明。たとえば、使用料の明細項目は、特定の期間に発生した使用タイプを要約したものです。

サイズ柔軟な RI の場合、説明は、利点が適用された RI に対応します。たとえば、明細項目が t2.micro に対応し、t2.small RI がその使用に適用された場合、lineitem/description には t2.small と表示されます。

RI 割引が適用された使用料の明細項目の説明には、明細項目の対象となる料金プランが含まれています。

lineItem/LineItemType

この明細項目の対象となる請求の種類。以下の種類が対象となります。

  • バンドルディスカウント— 別のサービスまたは機能の使用状況に基づいて、サービスまたは機能の無料またはdiscount 利用を提供する使用量ベースの割引。

  • [Credit] (クレジット) – AWS が請求に適用したすべてのクレジット。詳細については、[Description] 列を参照してください。AWS が請求額の確定後に当月のクレジットをアカウントに適用した場合、AWS は確定後のレポートを更新することがあります。

  • [DiscountedUsage] (割引使用) - リザーブドインスタンス (RI) の利点があるすべてのインスタンスの割合。

  • [Fee] (料金) - サブスクリプションに支払った前払い年間料金。たとえば、[All Upfront RI (全前払い RI)] または [Partial Upfront RI (一部前払い RI)] として支払った前払い金が該当します。

  • [Refund] (返金) - AWS から負の課金として払い戻された金額。詳細については、[説明] 列を参照してください。AWS が請求額の確定後に当月のアカウントに返金を適用する場合、AWS は、確定後のレポートを更新することがあります。

  • [RIFee] - サブスクリプションの定期的な月額料金。たとえば、毎月支払う [一部前払い RI]、[前払いなし RI]、および [全額前払い] の定期的な料金を指します。RIFee は全額前払い予約が 0 USD になる場合がありますが、reservation/AmortizedUpfrontFeeForBillingPeriodreservation/ReservationARN などの他の列を提供するために、この行はこれらの予約タイプに対しても事前入力されます。

  • [Tax] (税金) - AWS が請求書に適用した税金。VAT、米国の消費税などが該当します。

  • [Usage] (使用状況) – オンデマンドインスタンスレートで課金される使用料金。

  • [SavingsPlanUpfrontFee] –全額前払いまたは一部前払い Savings Plan を購入した場合のワンタイム前払い料金。

  • [SavingsPlanRecurringFee] – 前払いなしまたは一部前払い Savings Plan に対応する毎時間の繰り返し課金。Savings Plan 定期料金は、前払いなしまたは一部前払いSavings Plan を購入した日に、最初に請求書に追加されます。最初の購入後、AWS はその後の各請求期間の初日に定額料金を加算します。

  • [SavingsPlanCoveredUsage] – Savings Plan の対象となる任意のオンデマンドコスト。Savings Plan の対象となる使用量明細項目は、対応するSavings Plan 否定項目によって相殺されます。

  • [SavingsPlanNegation] – 対応するSavings Plan の対象となる使用量項目に関連付けられている Savings Plan 特典による相殺コスト。

Savings Plans 明細項目の詳細と例については、Savings Plans について を参照してください。

N

lineItem/NetUnblendCost

明細項目に対して支払っている実際の割引後の費用。この列は、該当する請求期間内にアカウントにdiscount がある場合にのみレポートに含まれます。

lineItem/netunblendedRate

明細項目に対して支払っている実際の割引後のレート。この列は、該当する請求期間内にアカウントにdiscount がある場合にのみレポートに含まれます。

lineItem/NormalizationFactor

インスタンスに共有テナンシーがある限り、AWS は、インスタンスファミリーおよび AWS リージョンのすべてのインスタンスサイズに対して、すべてのリージョン Linux または Unix Amazon EC2 および Amazon RDS RI 割引を適用できます。これは、組織内のメンバーアカウントの RI 割引にも適用されます。Amazon EC2 および Amazon RDS のすべての新規および既存のサイズ柔軟な RI のサイズは、インスタンスサイズに基づいた正規化係数により決定されます。AWS が各インスタンスサイズに適用する正規化係数を次の表に示します。

Amazon EC2 サイズ柔軟な RI の正規化係数

インスタンスサイズ

正規化係数

nano

0.25

micro

0.5

small

1

medium

2

large

4

xlarge

8

2xlarge

16

4xlarge

32

8xlarge

64

10xlarge

80

16xlarge

128

32xlarge

256

lineItem/NormalizedUsageAmount

サイズ柔軟な RI のために発生した使用量。正規化単位。[NormalizedUsageAmount] は、[UsageAmount] に [NormalizationFactor] を乗算したものに等しくなります。

O

lineItem/Operation

この明細項目の対象となる特定の AWS オペレーション。これは、明細項目の特定の使用状況を表します。たとえば、RunInstances の値は Amazon EC2 インスタンスのオペレーションを示します。

P

lineItem/ProductCode

測定された製品のコード。例えば、Amazon EC2 は、Amazon Elastic Compute Cloud の製品コードです。

R

lineItem/ResourceId

(オプション) レポートに個々のリソース ID を含めることを選択した場合、この列にはプロビジョンしたリソースの ID が表示されます。例えば、Amazon S3 ストレージバケット、Amazon EC2 コンピューティングインスタンス、または Amazon RDS データベースは、すべてリソース ID を持つことができます。このフィールドは、インスタンス化されたホストに関連付けられていない使用タイプ (データ転送、API リクエストなど) と明細項目タイプ (割引、クレジット、税金など) では空白です。AWS の一般的なサービスに対応するリソース識別子を次の表に一覧表示します。

AWS リソース識別子

AWSサービス

リソース識別子

Amazon CloudFront

ディストリビューション ID

Amazon CloudSearch

検索ドメイン

Amazon DynamoDB

DynamoDB テーブル

Amazon Elastic Compute Cloud - Amazon EBS

Amazon EBS ボリューム

Amazon Elastic Compute Cloud

インスタンス ID

Amazon Elastic Compute Cloud - CloudWatch

インスタンス ID の CloudWatch の料金

Amazon EMR

MapReduce クラスター

Amazon ElastiCache

キャッシュクラスター

アマゾン OpenSearch サービス

検索ドメイン

Amazon S3 Glacier

ボールト

Amazon Relational Database Service

データベース

Amazon Redshift

Amazon Redshift クラスター

Amazon Simple Storage Service

Amazon S3 バケット

Amazon Virtual Private Cloud

VPN ID

AWS Lambda

Lambda 関数の名前

T

lineItem/TaxType

AWS がこの明細項目に適用した税金の種類。

U

lineItem/UnblendedCost

UnblendedCost は、UnblendedRateUsageAmount を乗じた値です。

lineItem/UnblendedRate

使用するアカウントのコンソリデーティッドビリングAWS Organizationsの場合、非ブレンドレートは、個々のアカウントのサービス使用に関連するレートです。

Amazon EC2 および Amazon RDS 明細項目に RI discount が適用されている場合、UnblendedRateゼロです。RI 割引が適用されている明細項目は、LineItemTypeDiscounted Usage です。

lineItem/UsageAccountId

この明細項目を使用したアカウントの ID。組織の場合、これは管理アカウントまたはメンバーアカウントのいずれかになります。このフィールドを使用して、アカウント別のコストや使用状況を追跡することができます。

lineItem/UsageAmount

指定した期間に発生した使用量。サイズ柔軟なリザーブドインスタンスについては、代わりに reservation/TotalReservedUnits 列を使用します。

注記

特定のサブスクリプション料金では、UsageAmount 0 になります。

lineItem/UsageEndDate

対応する明細項目の終了日時は UTC で表されます (その時刻は含まない)。形式は YYYY-MM-DDTHH:mm:ssZ です。

lineItem/UsageStartDate

明細項目の開始日時は UTC で表されます (その時刻を含む)。形式は YYYY-MM-DDTHH:mm:ssZ です。

lineItem/UsageType

この明細項目の使用状況の詳細。例えば、USW2-BoxUsage:m2.2xlarge は米国西部 (オレゴン) リージョンの M2 ハイメモリダブルエクストララージインスタンスについて説明します。