他のリソースへのレポートデータのロード - AWS コストと使用状況レポート

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

他のリソースへのレポートデータのロード

コストと使用状況レポートを Amazon Redshift と Amazon にアップロードできます QuickSight の分析にAWSコストと使用状況

Amazon へのレポートデータのロード QuickSight

コストと使用状況レポートを Amazon にアップロードできます QuickSight。

Amazon へのアップロードの詳細については QuickSight、「」を参照してくださいAmazon S3 ファイルを使用したデータセットの作成()アマゾン QuickSight ユーザーガイド

Amazon Redshift へのレポートデータのロード

このセクションでは、AWS CUR を Amazon Redshift にアップロードして AWS のコストと使用状況を分析する方法について説明します。

重要

Amazon Redshift の列では、大文字と小文字を区別しません。また、ユーザー定義タグよりも厳格な文字制限があります。Amazon Redshift とユーザー定義タグの競合を防ぐために、AWS では userTag0userTag1userTag2 などのタグで、ユーザーのタグを置き換えます。Amazon Redshift テーブルを作成して、これにレポートをアップロードすると、AWS 定義タグをユーザー定義タグにマッピングする Amazon Redshift テーブルを作成できます。タグテーブルを使って、元のタグを検索することができます。

例えば、OWNEROwner というタグがある場合、「owner」という名前の 2 つの列を使用してテーブルを作成することを Amazon Redshift は許可しません。代わりに、OWNEROwner ではなく、userTag0userTag1 という列を持つレポートテーブルを作成し、次に remappedUserTaguserTag という列を持つテーブルを作成します。remappedUserTag 列は AWS 定義タグの userTag0 および userTag1 を保存し、userTag 列は元のタグの OWNER および Owner を保存します。

AWS では、Amazon Redshift テーブルを作成したり、レポートをアップロードしたり、タグテーブルを作成したり、すべてのタグ行をタグテーブルに挿入するためのコマンドが用意されています。コマンドは、RedshiftCommands.sqlマニフェストファイルとともに S3 に保存されているファイル、およびRedshift ファイル ヘルパーファイルBilling and Cost Management コンソールで。AWSまた、 RedshiftManifestファイル。どのコマンドをレポートするかを制御します RedshiftCommand ファイルのアップロード の削除または削除 RedshiftManifest ファイルはコピーコマンドを壊します RedshiftCommandsファイル。

請求およびコストマネジメントコンソールで RedshiftCommands.sql ファイルを見つけるには

  1. https://console.aws.amazon.com/billing/home#/ で請求とコストマネジメントコンソールにサインインします。

  2. ナビゲーションペインで、[Cost & Usage Reports] (コストと使用状況レポート) を選択します。

  3. Amazon Redshift にアップロードするレポートを選択します。

  4. [You have enabled viewing reports in the following service(s):] (以下のサービスでのレポート表示が有効:) の横の [Amazon Redshift] を選択します。

  5. ダイアログボックスからコマンドをコピーし、SQL クライアントに貼り付けます。

次の手順では、データベースや Amazon Redshift に詳しいことを前提としています。

コストと使用状況レポートを Amazon Redshift にアップロードするには

  1. Amazon Redshift クラスターを作成します。

    詳細については、次を参照してください。クラスターの作成()Amazon Redshift マネジメントガイド

  2. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  3. AWS CUR を保存する先の Amazon S3 に移動します。

  4. RedshiftCommands.sql ファイルを開きます。

    このファイル内のカスタマイズされたコマンドを使用して、Amazon Redshift テーブルを作成したり、AWS CUR を Amazon S3 からアップロードしたり、Amazon Redshift にユーザー定義タグをインポートするためのタグテーブルを作成したりできます。

  5. copy コマンドで、<AWS_ROLE> を、AWS CUR の保存先である Amazon S3 バケットへのアクセス許可を持つ IAM ロールの ARN に置き換えます。

  6. <S3_BUCKET_REGION> を、Amazon S3 バケットがあるリージョンに置き換えます。例: us-east-1

  7. SQL クライアントを使用してクラスターに接続します。

    詳細については、次を参照してください。Amazon Redshift クラスターとデータベースへのアクセス()Amazon Redshift マネジメントガイド

  8. SQL コマンドを RedshiftCommands.sql ファイルから SQL クライアントに、次の順序でコピーします:

    • CREATE TABLE - このコマンドは、レポートに一致するようにカスタマイズされたスキーマを使って、Amazon Redshift テーブルを作成します。

    • COPY - このコマンドは、指定された IAM ロールを使用して AWS CUR ファイルを S3 から Amazon Redshift にアップロードします。

    • CREATE TAG TABLE - このコマンドは、AWS 定義タグをユーザー定義タグにマッピングできるようにする、テーブルを作成します。

    • INSERT - このコマンドは、ユーザー定義タグをタグテーブルに挿入します。

  9. AWS CUR から Amazon Redshift にすべてのデータをコピーすると、SQL を使用してデータにクエリを実行できます。Amazon Redshift でのデータのクエリの詳細については、Amazon Redshift データベースデベロッパーガイドAmazon Redshift SQL を参照してください。

注記

コストと使用状況レポートの列数は、新しいコスト配分タグの作成やサービスでの新しい製品属性の追加などに伴って、毎月変わる場合があります。のデータのコピーをお勧めしますAWS毎月 CUR を新しいテーブル内にコピーし、さらに必要な列を別個の月別のテーブルにコピーします。 month-by-month TABLE。