他のリソースへのレポートデータのロード - AWS コストと使用状況レポート

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

他のリソースへのレポートデータのロード

コストと使用状況レポートを Amazon Redshift と Amazon QuickSight にアップロードして、AWSコストと使用状況。

Amazon QuickSight へのレポートデータのロード

コストと使用状況レポートを Amazon QuickSight にアップロードできます。

Amazon QuickSight へのアップロードの詳細については、「」を参照してください。Amazon S3 ファイルを使用したデータセットの作成Amazon QuickSight ユーザーガイド

Amazon Redshift へのレポートデータのロード

このセクションでは、アップロード方法を示します。AWSCURしてAmazon Redshiftに分析してAWSコストと使用状況。

重要

Amazon Redshift の列では、大文字と小文字を区別しません。また、ユーザー定義タグよりも厳しい文字制限があります。Amazon Redshift とユーザー定義タグの競合を防ぐために、AWSタグをタグに置き換えます。userTag0,userTag1,userTag2、など Amazon Redshift テーブルを作成して、そのテーブルにレポートをアップロードしたら、Amazon Redshift テーブルを作成して、AWS定義タグをユーザー定義タグに設定します。タグテーブルを使って、元のタグを検索することができます。

たとえば、タグがある場合OWNERそしてOwnerでは、Amazon Redshift では「owner」という名前の 2 つの列を持つテーブルは作成できません。代わりに、OWNEROwner ではなく、userTag0userTag1 という列を持つレポートテーブルを作成し、次に remappedUserTaguserTag という列を持つテーブルを作成します。remappedUserTag 列は AWS 定義タグの userTag0 および userTag1 を保存し、userTag 列は元のタグの OWNER および Owner を保存します。

AWSでは、Amazon Redshift テーブルを作成したり、レポートをアップロードしたり、タグテーブルを作成したり、すべてのタグ行をタグテーブルに挿入するためのコマンドが用意されています。これらのコマンドは、RedshiftCommands.sqlS3 のマニフェストファイルとともに保存されるファイル、およびRedshift ファイル ヘルパーファイルで Billing and Cost Management コンソールを使用します。AWSでは、RedshiftCommand ファイルのコマンドでアップロードされるレポートを制御する、RedshiftManifest ファイルも用意されています。RedshiftManifest ファイルを削除すると、RedshiftCommands ファイルのコピーコマンドで問題が生じます。

を検索するにはRedshiftCommands.sqlファイルの Billing and Cost Management コンソールで

  1. で Billing and Cost Management コンソールにサインインします。https://console.aws.amazon.com/billing/home#/

  2. ナビゲーションペインで、[ Cost & Usage Reports](コストと使用状況レポート) を選択します。

  3. Amazon Redshift にアップロードするレポートを選択します。

  4. [次へ]次のサービスで、レポートの表示がイネーブルになっています。で、Amazon Redshift

  5. ダイアログボックスからコマンドをコピーし、SQL クライアントに貼り付けます。

以下の手順は、データベースと Amazon Redshift に精通していることを前提としています。

コストと使用状況レポートを Amazon Redshift にアップロードするには

  1. Amazon Redshift クラスターを作成します。

    詳細については、「」を参照してください。クラスターの作成Amazon Redshift クラスター管理ガイド

  2. AWS Management Console にサインインし、Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開きます。

  3. を保存する Amazon S3 の場所に移動します。AWSCUR。

  4. RedshiftCommands.sql ファイルを開きます。

    このファイルには、Amazon Redshift テーブルを作成するためのカスタマイズされたコマンドが含まれています。AWSAmazon S3 から CUR を実行し、ユーザー定義タグを Amazon Redshift にインポートできるタグテーブルを作成します。

  5. copyコマンド、置き換えます<AWS_ROLE>の保存先である Amazon S3 バケットにアクセスする権限がある IAM ロールの ARN を使って、AWSCUR。

  6. 置換<S3_BUCKET_REGION>リージョンでは、Amazon S3 バケットが入っています。例えば、us-east-1 です。

  7. SQL クライアントを使用してクラスターに接続します。

    詳細については、「」を参照してください。Amazon Redshift クラスターとデータベースへのアクセスAmazon Redshift クラスター管理ガイド

  8. SQL コマンドを RedshiftCommands.sql ファイルから SQL クライアントに、次の順序でコピーします:

    • CREATE TABLE-このコマンドは、レポートに一致するようにカスタマイズされたスキーマを使って、Amazon Redshift テーブルを作成します。

    • copy-このコマンドは、指定された IAM ロールを使って、AWSS3 から Amazon Redshift への CUR ファイル。

    • CREATE TAG TABLE - このコマンドは、AWS 定義タグをユーザー定義タグにマッピングできるようにする、テーブルを作成します。

    • INSERT - このコマンドは、ユーザー定義タグをタグテーブルに挿入します。

  9. からすべてのデータをコピーした後AWSAmazon Redshift に CUR すると、SQL を使用してデータをクエリできます。Amazon Redshift でのデータのクエリの詳細については、「」を参照してください。Amazon Redshift SQLAmazon Redshift データベース開発者ガイド

注記

コストレポートおよび使用状況レポートでは、新しいコスト配分タグの作成やサービスに対する新しい製品属性の追加などに伴い、毎月変わる場合があります。のデータはコピーすることをお勧めしますAWS毎月の新しいテーブルに CUR を作成し、さらにお客様にとって関心がある列を別個の月別のテーブルにコピーします。