予約の明細項目を理解する - AWS コストと使用状況レポート

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

予約の明細項目を理解する

RI では、オンデマンドインスタンスの料金と比べて大幅な割引を受けられます。RI は物理インスタンスではありません。アカウントでのオンデマンドインスタンスの使用に適用される請求割引です。これらのオンデマンドインスタンスは、請求の割引のメリットを得るために特定の属性に一致する必要があります。

注記

次の表では、次の列と行がAWSCUR はわかりやすくするために転置されています。最初の列の値はレポートのヘッダーを表します。これらの例には、いくつかのキーしか含まれていません。AWSCUR 列。他の詳細を確認するトピックAWSCUR カラム、を参照してくださいデータディクショナリ

前払い料金

[Fee] 明細項目は、RI の All Upfront または Partial Upfront を購入した場合に請求書に追加されます。

次の表は、この 1 回払いの料金が、一部にどのように表示されるかを示しています。AWSCUR 列。

ラインアイテム/LineItemType 料金
ラインアイテム/ProductCode AmazonEC2
ラインアイテム/UsageStartDate 2016-01-01T00:00:00Z
明細項目/説明 サブスクリプションのサインアップ料金:363836886、planId: 1026576
ラインアイテム/UnblendedCost 68
予約/予約/ARN arn: aws: ec2: us-east-1:123456789012: リザーブドインスタンス/f8c204c1-dd48-43f1-adb8-f88aa61e0dea

トゥルーアップ料金

コンバーチブルリザーブドインスタンスを交換する場合、元のリザーブドインスタンスと新しいリザーブドインスタンスの交換に関連する費用(トゥルーアップ料金)も請求書に加算されます。料金明細項目。トゥルーアップ料金で、予約/予約/ARN列には以下が含まれますreserved-instance-exchange/riex

次の表は、コンバーチブルリザーブドインスタンスの交換にかかる調整手数料を示しています。

ラインアイテム/ LineItemType ラインアイテム/ ProductCode ラインアイテム/ UsageStartDate lineItem/description ラインアイテム/ UnblendedCost Reservation/ReservationARN
料金 AmazonEC2 2016-01-01T00:00:00Z arn: aws: ec2: eu-west-1:012345678901:reserved-instance-exchange/riex-examplef-5d71-4215-886f-17a3f64ea972

定額月額 RI 料金

[RI Fee] 明細項目には、その月に適用された、関連付けられた RI の定額月額料金が表示されます。[RI Fee (RI 料金)] は、まず購入日の請求書に追加され、そしてそれ以降の各請求期間の最初の日に追加されます。

[RI Fee] は、割引された時間料金を月ごとの時間数で乗算して計算されます。

次の表は、定期的な月額料金がどのようにレポートに表示されるかを示しています。

ラインアイテム/LineItemType RI 料金
ラインアイテム/ProductCode AmazonEC2
ラインアイテム/UsageStartDate 2016-01-01T00:00:00Z
ラインアイテム/UsageType HeavyUsage: m4.large
明細項目/説明 USD 0.0309 hourly fee per Linux/UNIX (Amazon VPC), m4.large instance
ラインアイテム/正規化係数 4
ラインアイテム/UnblendedCost 23
予約/AvailabilityZone
予約/予約/ARN arn: aws: ec2: us-east-1:123456789012: リザーブドインスタンス/f8c204c1-dd48-43f1-adb8-f88aa61e0dea
予約/TotalReservedunits 744
予約/TotalReservedNormalizedUnits 2976

定期的な月額料金は、アベイラビリティーゾーンまたは AWS リージョン リージョンを範囲とする RI では記録方法が異なります。アベイラビリティーゾーンのスコープを持つ RI の場合、対応するアベイラビリティーゾーンは予約/AvailabilityZone列。リージョンスコープを持つ RI の場合、予約/AvailabilityZone列が空です。リージョンスコープのある RI には、次の値があります。ラインアイテム/NormalizationFactorそして予約/TotalReservedNormalizedUnitsインスタンスサイズを示す列。

注記

継続的な RI 料金の計算方法は、 SavingsPlanRecurringFee。定期的な RI 料金は月額料金ですが、 SavingsPlanRecurringFee 時間単位の料金です。詳細情報の内容 SavingsPlanRecurringFee、を参照してください。Savings Plans について

RI 割引特典

[Discounted Usage (割引使用料)] 明細項目には、対応する RI 割引特典を適用したインスタンスの使用料が表示され、使用する RI のいずれかに対応する使用料が発生した場合に請求書に追加されます。AWS は、インスタンスの予約に対応するインスタンスの使用など、対応する使用料に基づく RI の割引特典を計算します。対応する使用料がある場合、使用料の明細項目に関連するコストは常に 0 となります。これは、RI に関連する料金がすでにそのほかの 2 つの明細項目で課金されているためです (前払い料金と定期的な月額料金)。

次の表は、RI の割引特典が適用された使用料の例を示しています。

ラインアイテム/LineItemType DiscountedUsage
ラインアイテム/ProductCode AmazonEC2
ラインアイテム/UsageStartDate 2016-01-01T00:00:00Z
ラインアイテム/UsageType BoxUsage:m4.large
明細項目/説明 Linux/UNIX (Amazon VPC), m4.large Reserved Instance applied
ラインアイテム/リソース ID i-1bd250bc
ラインアイテム/AvailabilityZone us-east-1b
ラインアイテム/正規化係数 4
ラインアイテム/NormalizedUsageAmount 4
ラインアイテム/UnblendedRate 0
ラインアイテム/UnblendedCost 0
予約/予約/ARN arn: aws: ec2: us-east-1:123456789012: リザーブドインスタンス/f8c204c1-dd48-43f1-adb8-f88aa61e0dea

の価値UsageAmountAmazon EC2 でDiscountedUsageline は実際に使用された時間数です。の価値NormalizedUsageAmountの値はUsageAmountの値を掛けますNormalizationFactor。の価値NormalizationFactorインスタンスのサイズによって決まります。RI の特典である割引が対応する使用料の明細項目に適用された場合、[reservation/ReservationARN] 列に表示される最初の前払い料金と定期的な月額料金の Amazon リソースネーム (ARN) の値は、割引使用料の明細項目の ARN の値と一致します。

正規化因子へのインスタンスサイズのマッピングの詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドインスタンスサイズの変更のサポートを参照してください。

予約ドインスタンスタイプ

レポートの項目がスタンダードリザーブドインスタンスとコンバーチブルリザーブドインスタンスのどちらに関連付けられているかを判断するには、ラインアイテム/LineItemType列別料金またはRI 使用料。次に、製品/OfferingClass列。リザーブドインスタンスのタイプを示しています。

次の表に項目の例を示します。料金スタンダードリザーブドインスタンスからの明細項目:

次の表に項目の例を示します。RI 使用料コンバーティブルリザーブドインスタンスの明細項目:

レポートの項目がゾーンまたはリージョンのリザーブドインスタンスのどちらに関連付けられているかを判断するには、予約/AvailabilityZone列。ゾーンリザーブドインスタンスの場合、この列には対応するアベイラビリティーゾーンが表示されます。リージョンのリザーブドインスタンスの場合、この列は空です。

インスタンスの使用に適用されるリザーブドインスタンスのメリット

どのインスタンス使用量の項目がどのリザーブドインスタンスの恩恵を受けたかを把握するには、次の 1 つまたは複数の列でレポートをフィルタリングできます。

  • 予約/予約/ARN: この列を予約 ARN で絞り込むと、各項目に関連付けられているリザーブドインスタンスのリースがわかります。

  • ラインアイテム/ResourceId: この列で、リザーブドインスタンスの対象となるリソースの ID を確認してください。

  • ラインアイテム/LineItemType: 次の条件でこの列を絞り込む料金,RI 使用料、またはDiscountedUsage関連する手数料または特典を決定するため。

  • ラインアイテム/UsageType: 次の条件でこの列を絞り込むHeavyUsage識別するRI 使用料明細項目 または、この列を次の条件で絞り込むBoxUsage識別するDiscountedUsage明細項目

  • ラインアイテム/UsageAmount: にとってRI 使用料行項目の場合、この列にはリザーブドインスタンスが適用された月の合計時間数が表示されます。にとってDiscountedUsage行項目の場合、この列には、レポートの設定に応じて、リザーブドインスタンスが特定のインスタンスに適用された合計時間数が日単位または月単位で表示されます。

規模に柔軟に対応できるリザーブドインスタンスのインスタンス使用量に適用される正規化されたユニット数を理解するには、ラインアイテム/NormalizedUsageAmountレポート内の列です。この列の値は、次の列の積と等しくなります。

  • ラインアイテム/UsageAmount: この列には、時間単位で測定された従量制インスタンスの使用量が表示されます。

  • ラインアイテム/NormalizationFactor: にとってDiscountedUsageそしてRI 使用料行項目の場合、この列にはインスタンスの関連する正規化係数が表示されます。正規化係数の詳細については、を参照してください。正規化係数によって決定されたインスタンスサイズの柔軟性()Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

にとってAWS Organizations複数のアカウントがある場合、どのアカウントがリザーブドインスタンスを購入したか、またはリザーブドインスタンスを利用したかを確認するには、以下の列を確認してください。

  • 予約/予約/ARN: 予約 ARN を確認して、どのアカウントがリザーブドインスタンスを購入したかを確認します。ARN には、アカウント ID が含まれます。

  • ラインアイテム/UsageAccountID: にとってDiscountedUsage行項目。この列には、購入したリザーブドインスタンスから特典を受けたアカウント ID が表示されます。

注記

リザーブドインスタンスは請求サブスクリプションであり、Amazon EC2 インスタンスのようなリソースではありません。このため、タグ付けされたリザーブドインスタンスでは、タグ付きリソースのように行項目は入力されません。明細項目の場合DiscountedUsageでは、タグはタグ付けされたリソースに対して入力され、リザーブドインスタンスには入力されません。

特定のリザーブドインスタンスリースに関連するコストを確認するには、フィルタリングできます。料金またはRI 使用料リース ID であるリザーブドインスタンス ARN の行項目。リザーブドインスタンスのコストデータを整理するには、AWSCost Categories。詳細については、次を参照してください。を使用したコストの管理AWSCost Categories()AWS Billingユーザーガイド