AWS のコストと使用状況レポート とは - コストと使用状況レポート

AWS のコストと使用状況レポート とは

AWS のコストと使用状況レポート (AWS CUR) には、利用可能な最も包括的なコストと使用状況のデータが含まれています。コストと使用状況レポート を使用して、所有する Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに対して AWS 請求レポートを発行できます。コストを時間または月単位、製品または製品リソース別、またはお客様が定義したタグ別に分類したレポートを受け取ることができます。AWS では、お客様のバケットのレポートを CSV (カンマ区切り値) 形式で 1 日 1 回 更新します。Microsoft Excel または Apache OpenOffice Calc などのスプレッドシートソフトウェアを使用してレポートを表示することも、Amazon S3 API を使用するアプリケーションからレポートにアクセスすることもできます。

AWS のコストと使用状況レポート は、AWS の使用状況を追跡し、アカウントに関連する推定請求額を示します。各レポートには、AWS アカウントで使用する AWS 製品、使用タイプ、オペレーションの固有の組み合わせごとに明細項目が表示されます。AWS のコストと使用状況レポート は、時間単位または日単位で情報を集約するようにカスタマイズできます。

AWS のコストと使用状況レポート は以下を実行できます。

  • Amazon S3 バケットにレポートファイルを配信する

  • レポートを 1 日に 3 回まで更新する

  • AWS CUR API リファレンスを使用してレポートを作成、取得、削除する

コストと使用状況レポート の仕組み

各更新は累積的であるため、コストと使用状況レポート の各バージョンには、以前のバージョンからのすべての明細項目と情報が含まれます。生成されるレポートは月間の推定であり、AWS のサービスを引き続き使用するに従って、当月の残余期間中に変わる場合があります。AWS は、毎月末にレポートを確定します。確定されたレポートには、ブレンドコストと非ブレンドコストの計算が含まれ、当月の使用状況がもれなく記録されます。

AWS が請求額の確定後に返金、クレジット、またはサポート料金を当月の使用状況に適用した場合、AWS は確定後のレポートを更新することがあります。これはレポートの作成時または編集時にオプションとして設定できます。レポートは、Billing and Cost Management コンソールの コストと使用状況レポート ページでレポートを作成した日から 24 時間以内に利用可能になります。

データディクショナリの使用

レポートを設定したら、使用状況とコストを詳細に分析できます。データディクショナリには、レポートに表示される列が定義や例とともに一覧表示されます。

明細項目の定義を表示し、対応するサービスの詳細なリストをダウンロードするには、「データディクショナリ」を参照してください。

AWS のコストと使用状況レポート のダウンロード

Amazon S3 コンソールからレポートをダウンロードして、Amazon Athena を使用してレポートにクエリを実行したり、レポートを Amazon Redshift や Amazon QuickSight にアップロードしたりできます

一括請求 (コンソリデーティッドビリング) ユーザー

AWS Organizations の一括請求機能を使用する場合は、請求レポート用に指定した Amazon S3 バケットの所有者が組織のマスターアカウントである必要があります。メンバーアカウントが所有しているバケットで請求レポートを受け取ることはできません。一括請求を使用している場合は、メンバーアカウントごとにコストを明細化できます。

一括請求 (コンソリデーティッドビリング) の詳細については、AWS Billing and Cost Management ユーザーガイドの「組織の一括請求」を参照してください。