AWS のコストと使用状況レポートとは -

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS のコストと使用状況レポートとは

AWS のコストと使用状況レポート(AWS CUR)には、利用可能な最も包括的なコストと使用状況のデータが含まれています。コストと使用状況レポートを使用して、AWS 請求レポートを、所有している Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに発行できます。コストを時間、日、月単位、製品または製品リソース別、またはお客様が定義したタグ別に分類したレポートを受け取ることができます。AWS では、お客様のバケットのレポートを CSV (カンマ区切り値) 形式で 1 日 1 回更新します。Microsoft Excel または Apache OpenOffice Calc などのスプレッドシートソフトウェアを使用してレポートを表示することも、Amazon S3 API を使用するアプリケーションからレポートにアクセスすることもできます。

AWS のコストと使用状況レポートは、AWS の使用状況を追跡し、アカウントに関連する推定請求額を示します。各レポートには、AWS アカウントで使用する AWS 製品、使用タイプ、オペレーションの固有の組み合わせごとに明細項目が表示されます。AWS のコストと使用状況レポートは、時間、日、または月単位で情報を集計するようにカスタマイズできます。

AWS のコストと使用状況レポートでは、次のことができます。

  • Amazon S3 バケットにレポートファイルを配信する

  • レポートを 1 日に 3 回まで更新する

  • AWS CUR API リファレンスを使用してレポートを作成、取得、削除する

コストと使用状況レポートの仕組み

特定の月間の更新は累積的であるため、コストと使用状況レポートの各バージョンには、当月の請求データすべてが含まれます。生成されたレポートは月間の推定であり、AWS のサービスを引き続き使用するに従って、当月の残余期間中に変わる場合があります。AWS サービスによって、使用量ベースの請求情報が異なる時間に提供されるため、特定の時間または1日の更新がさまざまな時間に届くことがあります。AWS は、使用料金について請求書が発行されてから月末に、コストおよび使用状況レポートの使用料金を確定します。

AWS は、当月の使用状況に返金、クレジット、またはサポート料金を適用した場合、確定後のレポートを更新することがあります。記念日の請求額が確定したかどうかは、bill/InvoiceId列には、明細項目の請求書 ID があります。そうであれば、その月の行項目は最終項目であり、変更されません。デベロッパー、ビジネス、エンタープライズ Support は最終的な使用料金に基づいて計算されるため、前月のコストと使用状況レポートの月の 6 番目または 7 日に反映されます。AWS との契約または契約の条件に基づいて、クレジットまたは払い戻しが適用されます。

データディクショナリの使用

レポートを設定したら、使用状況とコストを詳細に分析できます。データディクショナリには、レポートに表示される列が定義や例とともに一覧表示されます。

ラインアイテムの定義を確認するには、データディクショナリ

AWS のコストと使用状況レポートをダウンロードする

Amazon S3 コンソールからレポートをダウンロードすることも、Amazon Athena を使用してレポートにクエリを実行することも、レポートを Amazon Redshift または Amazon QuickSight にアップロードすることもできます。

AWS Organizations

AWS Organizations の組織の管理アカウントまたはメンバーアカウントの場合は、請求レポート用に指定した Amazon S3 バケットの所有者がコストと使用状況レポートを設定したアカウントである必要があります。コストおよび使用状況レポートを設定する機能を管理する IAM ポリシーは、管理アカウントとメンバーアカウントの両方で同じです。メンバーアカウントでコストと使用状況レポートが設定されている場合、メンバーアカウントは現在の組織のメンバーであった期間の請求データにのみアクセスできます。たとえば、メンバーアカウントが組織 A を離れ、その月の 15 日に組織 B に加入し、[コストと使用状況] レポートを設定した場合、レポートにはアカウントが組織 B のメンバーであった時点の請求データのみが含まれます。

AWS Organizations 管理アカウントの管理者で、組織のどのメンバーアカウントでも CUR を設定したくない場合は、次のいずれかの操作を行います。

  • (推奨) すべての機能を有効にしたOrganizations を選択している場合は、サービス制御ポリシー (SCP) を適用できます。SCP はメンバーアカウントにのみ適用され、管理アカウントに関連付けられた IAM ユーザーによる CUR の設定を制限する場合は、特定の IAM アクセス許可を調整する必要があります。また、SCPは遡及的ではないので、SCPが適用される前にメンバーアカウントが設定したCURSを無効化することはありません。

  • カスタマーサポートケースを送信して、メンバーアカウントの請求コンソールで請求データへのアクセスをブロックします。これは、支払いアカウントによって、組織のメンバーアカウントが請求書および請求書ページで. これにより、これらのアカウントはコストと使用状況レポートを設定できなくなります。このオプションは、すべての機能を有効にしていない組織でのみ使用できます。メンバーアカウントが Billing Console で請求書や請求書を表示できないように設定している場合は、このアクセスを再度リクエストする必要はありません。同じメンバーアカウントでも、コストと使用状況レポートを設定できなくなります。

一括請求の詳細については、「」を参照してください。組織の一括請求()AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド