Task Runner の設定オプション - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Task Runner の設定オプション

Task Runner の起動時にコマンドラインから使用できる設定オプションを以下に示します。

コマンドラインパラメータ 説明

--help

コマンドラインのヘルプ。例: Java -jar TaskRunner-1.0.jar --help

--config

credentials.json ファイルのパスとファイル名。

--accessId

リクエストを行うときに使用する Task Runner 用の AWS アクセスキー ID。

--accessID オプションと --secretKey オプションを使用すると、credentials.json ファイルを使用する代わりになります。credentials.json ファイルも指定した場合は、--accessID オプションと --secretKey オプションが優先されます。

--secretKey

リクエストを行うときに使用する Task Runner 用の AWS シークレットキー。詳細については、「--accessID」を参照してください。

--endpoint

エンドポイントは、ウェブサービスのエントリポイントとなる URL です。リクエストを行うリージョン内の AWS Data Pipeline サービスエンドポイント。(オプション)。一般的にはリージョンの指定で充分であり、エンドポイントを設定する必要はありません。AWS Data Pipeline のリージョンとエンドポイントの一覧については、AWS 全般のリファレンスで「AWS Data Pipeline のリージョンとエンドポイント」を参照してください。

--workerGroup

Task Runner が作業を取得する対象のワーカーグループの名前。必須。

Task Runner は、ウェブサービスに対するポーリングを行う場合、お客様によって指定された認証情報と workerGroup の値を使用して、取得するタスク (あれば) を選択します。この値には、わかりやすい任意の名前を使用できます。唯一の要件は、Task Runner と、対応するパイプラインアクティビティで、この文字列が一致することです。ワーカーグループ名はリージョンにバインドされます。同一のワーカーグループ名が他のリージョン内に存在しても、Task Runner は常に --region で指定されたリージョンからタスクを取得します。

--taskrunnerId

進捗状況をレポートするときに使用する Task Runner の ID。(オプション)。

--output

ログ出力ファイルの Task Runner ディレクトリ。(オプション)。ログファイルは、Amazon S3 にプッシュされるまでローカルディレクトリに保管されます。このオプションは、デフォルトディレクトリを上書きします。

--region

使用する リージョン。オプションですが、常にリージョンを設定することをお勧めします。リージョンを指定しなかった場合、Task Runner では、デフォルトのサービスリージョン us-east-1 からタスクが取得されます。

その他のサポートされているリージョンとして、eu-west-1ap-northeast-1ap-southeast-2us-west-2 があります。

--logUri

Task Runner が 1 時間おきにログファイルをバックアップする先の Amazon S3 の場所へのパス。Task Runner が終了すると、ローカルディレクトリ内のアクティブなログが Amazon S3 にあるバックアップ先フォルダにプッシュされます。

--proxyHost Task Runner クライアントが AWS のサービスに接続するために使用するプロキシのホスト。
--proxyPort Task Runner クライアントが AWS のサービスに接続するために使用するプロキシホストのポート。
--proxyUsername プロキシ用のユーザー名。
--proxyPassword プロキシ用のパスワード。
--proxyDomain NTLM プロキシ用の Windows ドメイン名。
--proxyWorkstation NTLM プロキシ用の Windows ワークステーション名。