Task Runner のスレッドと前提条件 - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Task Runner のスレッドと前提条件

Task Runner では、タスク、アクティビティ、前提条件ごとに 1 つのスレッドプールが使用されます。--tasks のデフォルト値は 2 です。これは、タスクプールから 2 つのスレッドが割り当てられ、各スレッドが AWS Data Pipeline サービスに対して新しいタスクのポーリングを行うことを意味します。つまり、--tasks はパフォーマンスチューニング用の属性であり、パイプラインのスループット最適化のために使用できます。

前提条件のパイプライン再試行ロジックは Task Runner で実行されます。AWS Data Pipeline に前提条件オブジェクトをポーリングするために 2 つの前提条件スレッドが割り当てられます。Task Runner では、お客様が前提条件で定義した前提条件オブジェクトの retryDelay フィールドと preconditionTimeout フィールドが優先されます。

多くの場合、前提条件のポーリングのタイムアウトと再試行数の値を小さくすると、アプリケーションのパフォーマンスが向上する場合があります。同様に、前提条件が長時間実行されるアプリケーションでは、タイムアウトと再試行数の値を大きくする必要がある可能性があります。前提条件オブジェクトの詳細については、「前提条件」を参照してください。