CreateLocationNfs - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateLocationNfs

読み取りまたは書き込みが可能なネットワークファイルシステム (NFS) サーバー上のファイルシステムを定義します。

リクエストの構文

{ "MountOptions": { "Version": "string" }, "OnPremConfig": { "AgentArns": [ "string" ] }, "ServerHostname": "string", "Subdirectory": "string", "Tags": [ { "Key": "string", "Value": "string" } ] }

リクエストパラメータ

すべてのアクションに共通のパラメータの詳細については、「共通のパラメータ」を参照してください。

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

MountOptions

NFS マウントオプション DataSync は、を使用して NFS 共有をマウントできます。

型: NfsMountOptions オブジェクト

: 必須 いいえ

OnPremConfig

NFS サーバーへの接続に使用されるエージェントの Amazon リソースネーム (ARN) のリストが含まれます。

データをコピーする場合は、AWS Snowconeデバイス、「」を参照してください。NFS サーバー上のAWS Snowcone詳細については.

型: OnPremConfig オブジェクト

: 必須 はい

ServerHostname

NFS サーバーの名前。この値は、NFS サーバーの IP アドレスまたはドメインネームサービス (DNS) 名です。オンプレミスにインストールされたエージェントは、このホスト名を使用してネットワークに NFS サーバーをマウントします。

データをコピーする場合は、AWS Snowconeデバイス、「」を参照してください。NFS サーバー上のAWS Snowcone詳細については.

注記

この名前は、DNS に準拠しているか、IP バージョン 4 (IPv4) アドレスである必要があります。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 255 です。

パターン: ^(([a-zA-Z0-9\-]*[a-zA-Z0-9])\.)*([A-Za-z0-9\-]*[A-Za-z0-9])$

: 必須 はい

Subdirectory

NFS ソースの場所からのデータの読み取り、または NFS 送信先へのデータの書き込みに使用される NFS ファイルシステム内のサブディレクトリ。NFS パスは、NFS サーバーからエクスポートしたパス、あるいはそのパスのサブディレクトリにする必要があります。パスは、他の NFS クライアントがネットワークでマウントできるようにする必要があります。

NFS サーバーからエクスポートしたすべてのパスを表示するには、サーバーへのアクセス権を持つ NFS クライアントから「showmount -e nfs-server-name」を実行します。結果として表示されるディレクトリ、およびそのディレクトリの任意のサブディレクトリを指定できます。NFS エクスポートが Kerberos 認証なしでアクセスできることを確認してください。

指定するフォルダのすべてのデータを転送するには、 DataSync は、すべてのデータを読み取るアクセス許可があることが必要です。これを確実にするには、を使用して NFS エクスポートを設定します。no_root_squash,または、必要なファイルのアクセス許可のすべてを確認します。 DataSync すべてのユーザーに読み取りアクセスを許可します。いずれかを行うことで、エージェントはファイルを読み取ることができます。エージェントがディレクトリにアクセスするため、さらにすべての実行アクセスを有効にする必要があります。

データをコピーする場合は、AWS Snowconeデバイス、「」を参照してください。NFS サーバー上のAWS Snowcone詳細については.

NFS エクスポート設定の情報については、「18.7」を参照してください。Red Hat Enterprise Linux ドキュメントの/etc/exports 設定ファイル

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 4096 です。

パターン: ^[a-zA-Z0-9_\-\+\./\(\)\p{Zs}]+$

: 必須 はい

Tags

場所に追加するタグを表すキーと値のペア。値は空の文字列とすることができます。タグを使用してリソースに名前を付けることをお勧めします。

Type: の配列TagListEntryオブジェクト

配列メンバ: 最小項目数は 0 です。最大数は 50 項目です。

: 必須 いいえ

レスポンスの構文

{ "LocationArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

LocationArn

作成されたソース NFS ファイルシステムの場所の Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制約: 最大長は 128 です。

パターン: ^arn:(aws|aws-cn|aws-us-gov|aws-iso|aws-iso-b):datasync:[a-z\-0-9]+:[0-9]{12}:location/loc-[0-9a-z]{17}$

エラー

すべてのアクションに共通のエラーについては、「一般的なエラー」を参照してください。

InternalException

この例外は、AWS DataSync サービスでエラーが発生した場合にスローされます。

HTTP ステータスコード: 500

InvalidRequestException

この例外は、クライアントが不正な形式のリクエストを送信した場合にスローされます。

HTTP ステータスコード: 400

[Example] (例)

次の例では、指定した NFS バージョンをマウントオプションとして使用して、NFS ファイルシステムのエンドポイントを作成します。

リクエスト例

{ "MountOptions": { "Version": : "NFS4_0" }, "OnPremConfig": { "AgentArn": [ "arn:aws:datasync:us-east-2:111222333444:agent/agent-0b0addbeef44b3nfs" ] }, "ServerHostname": "MyServer@amazon.com", "Subdirectory": "/MyFolder", "Tags": [ { "Key": "Name", "Value": "ElasticFileSystem-1" } ] }

[Example] (例)

応答は NFS の場所の Amazon リソースネーム (ARN) を返します。

レスポンス例

{ "LocationArn": "arn:aws:datasync:us-east-2:111222333444:location/loc-07db7abfc326c50aa" }

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。