AWS DataSync
ユーザーガイド

AWS DataSync とは。

AWS DataSync は、インターネットまたは AWS Direct Connect 経由でオンプレミスストレージシステムと AWS ストレージサービス間のデータの移動とレプリケーションを簡素化、自動化、および高速化するデータ転送サービスです。フルマネージド型サービスの DataSync は、アプリケーションの変更、スクリプトの開発やインフラストラクチャの管理の必要性を排除します。

DataSync では現在、ネットワークファイルシステム (NFS) またはサーバーメッセージブロック (SMB) と Amazon Elastic File System (Amazon EFS) あるいは Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) 間のデータ転送をサポートしています。

このガイドでは、DataSync のコンポーネントの説明、開始方法の詳しい手順、および API リファレンスを提供しています。

ユースケース

AWS DataSync のいくつかの主なユースケースが紹介されます。

  • データの移行 – ネットワークを介して Amazon S3 や Amazon EFS にアクティブデータセットを素早く移動します。DataSync には自動暗号化やデータの整合性検証が含まれ、データは安全で無変更の使用可能な状態で到着します。

  • タイムリーなクラウド上の処理でのデータの移動 – オンプレミスでデータを生成するシステムを操作するときに、AWS 外部で処理するためにデータを移動します。このアプローチは、多くの業界における重要なハイブリッドクラウドのワークフローを高速化します。これには、メディアやエンターテインメントでの動画作成、石油やガスの自信研究、ライフサイエンスの機械学習や金融におけるビッグデータ分析などが含まれます。

  • データ保護 – Amazon S3 Glacier にアーカイブ、あるいはスタンバイファイルシステム用に Amazon EFS に送信できるオンラインコピーのため、Amazon S3 にデータを複製してバックアップします。DataSync の転送タスクは常に増分であり、変更されたデータのみ転送します。

利点

AWS DataSync の使用には次の利点があります。

  • データの移動を簡素化して自動化します。DataSync を使用すると、オンプレミスの送信元から AWS ストレージにネットワークを経由して簡単にデータを転送できます。AWS DataSync では、インフラストラクチャの管理を自動化して、プロセスを自動的に転送します。また、DataSync には暗号化およびデータの検証が含まれます。これにより、高速で信頼性が高く安全な転送に必要な社内の開発と管理にかかる時間が最小限に抑えられます。

  • ネットワーク経由で AWS に迅速で高速なデータ転送を最大で 10 Gbps で行います。このアプローチにより、移行、分析や機械学習のためのハイブリッドワークフローやデータ保護プロセスが高速化されます。

  • データ転送コストを削減し、DataSync の一定したギガバイトあたりの料金でコスト効率よくデータを移動します。また、スクリプトの開発と管理のコストを節約でき、費用がかかる商用の転送ツールが不要です。

追加の AWS DataSync リソース

以下のセクションを読むことをお勧めします。

AWS DataSync で Terraform をサポート — Terraform を使用した DataSync デプロイの自動化の詳細については、Terraform ドキュメントの「aws_datasync_location_efs」を参照してください。