ファイル、オブジェクト、AWS DataSyncメタデータの転送方法を管理する - AWS DataSync

2023 年 12 月 7 日より、バージョン 1 DataSync のエージェントは廃止されます。 DataSync コンソールの [エージェント] ページをチェックして、影響を受けるエージェントがいないか確認してください。その場合は、データ転送やストレージ検出の中断を避けるため、その前にそれらのエージェントを交換してください。さらにサポートが必要な場合は、お問い合わせくださいAWS Support

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ファイル、オブジェクト、AWS DataSyncメタデータの転送方法を管理する

場所間でコピーするときのファイル、オブジェクト、AWS DataSyncおよび関連するメタデータの処理方法を設定できます。

たとえば、定期的な転送では、転送先のファイルを転送元の変更で上書きして、場所間の同期を維持したい場合があります。ファイルやフォルダーの POSIX 権限、オブジェクトに関連付けられたタグ、アクセス制御リスト (ACL) などのプロパティをコピーできます。

始める前に: DataSync 転送時に保存できるメタデータは、関連するストレージシステムと、それらのシステムが同様のメタデータ構造を使用しているかどうかによって異なります。タスクを設定する前に、 DataSync メタデータと特殊ファイルの処理方法を理解しておいてください

以下の手順では、 DataSync タスクの作成時に転送される内容を設定する方法について説明します。タスクを編集したり開始したりするときにも設定できます。

  1. https://console.aws.amazon.com/datasync/ AWS DataSync でコンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [データ転送] を展開し、[タスク]、[タスクの作成] の順に選択します。

  3. タスクの転送元と転送先を設定します。

    詳細については、「データはどこに転送できますかAWS DataSync?」を参照してください。

  4. 転送モードでは、以下のオプションのいずれかを選択します。

    • 変更されたデータのみ転送 — DataSync 転送元と転送先で異なるデータとメタデータのみをコピーします

    • すべてのデータを転送 — 場所間の違いを比較せずに、 DataSyncソースのすべてのデータを宛先にコピーします。

  5. 転送元には存在しないファイルまたはオブジェクトを転送先の場所に保持したい場合は DataSync、「削除したファイルを保持」を選択します。

    このオプションを選択せず、タスクが Amazon S3 バケットからオブジェクトを削除する場合、特定のストレージクラスに対して最低ストレージ期間料金が発生する可能性があります。詳細については、「Amazon S3 転送に関するストレージクラスに関する考慮事項」を参照してください。

    警告

    このオプションを選択解除して [すべてのデータを転送] を有効にすることはできません。すべてのデータを転送すると、 DataSync転送先の場所がスキャンされず、何を削除すればよいかわからなくなります。

  6. ソースデータまたはメタデータが変更されたときに、転送先のデータを変更したい場合は DataSync 、[ファイルを上書き] を選択します。

    タスクがオブジェクトを上書きする場合、特定のストレージクラスに対して追加料金が発生する可能性があります (たとえば、取得や早期削除など)。詳細については、「Amazon S3 転送に関するストレージクラスに関する考慮事項」を参照してください。

    このオプションを選択しない場合、ソースデータが異なっていてもターゲットデータは上書きされません。

  7. [データ転送設定] で、 DataSync メタデータのコピー方法を選択します。

    重要

    コンソールに表示される設定は、タスクのソースとターゲットの場所によって異なります。場合によっては、[その他の設定] を展開しないとこれらのオプションが表示されないことがあります。

    選択する前に、 DataSync シナリオに合わせたメタデータと特殊ファイルの処理方法を理解しておいてください

    設定 説明

    所有権をコピーしてください。

    DataSync POSIX ファイルとフォルダーの所有権 (ファイルの所有者のグループ ID やファイルの所有者のユーザー ID など) をコピーします。

    コピー権限

    DataSync ファイルおよびフォルダーの POSIX 権限をコピー元からコピー先にコピーします。

    タイムスタンプをコピーします。

    DataSync タイムスタンプのメタデータをソースから宛先にコピーします。

    オブジェクトタグをコピーします。

    DataSync オブジェクトストレージシステム間で転送するときに、オブジェクトに関連付けられたタグを保持します。

    コピー所有権、DACL、SACL

    DataSync 以下をコピーします。

    • オブジェクトの所有者

    • NTFS 任意アクセスリスト (DACL) は、オブジェクトへのアクセスを許可するかどうかを決定します。

    • NTFS システムアクセスコントロールリスト (SACL) は、管理者がセキュリティ保護されたオブジェクトへのアクセス試行を記録するために使用されます。

      :SMB バージョン 1.0 を使用する場合、SACL はコピーされません。

      DACL と SACL をコピーするには、SMB DataSync を使用してロケーションにアクセスする Windows ユーザーに特定の権限を付与する必要があります。詳細については、「SMB 用の場所の作成」、FSx for Windows File Server、または ONTAP 用の FSx(転送先の場所の種類によって異なります)を参照してください。

    所有権と DACL をコピーしてください。

    DataSync 以下をコピーします。

    • オブジェクトの所有者

    • DACL: オブジェクトへのアクセスを許可するかどうかを決定します。

    DataSync このオプションを選択しても SACL はコピーされません。

    所有権や ACL をコピーしないでください。

    DataSync 所有権や権限のデータはコピーしません。 DataSync 宛先ロケーションに書き込むオブジェクトは、 DataSync 宛先にアクセスするための認証情報を指定したユーザーが所有します。送信先オブジェクトのアクセス許可は、送信先サーバーで設定されたアクセス許可に基づいて決定されます。

これらのタスク設定は、Options以下のいずれかの操作でパラメータを使用して設定できます。