の NFS のロケーションを作成するAWS DataSync - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の NFS のロケーションを作成するAWS DataSync

場所は、ネットワークファイルシステム (NFS) ファイルサーバーのエンドポイントです。 AWS DataSync場所を送信元あるいは送信先として使用することができます。

NFS の場所を作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/datasync/AWS DataSync でコンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [Locations] を選択します。前に作成した場所が場所の一覧に表示されます。

  3. [Locations (場所)] ページで、[Create location (場所の作成)] を選択します。

  4. [Location type (場所のタイプ)] で、[NFS] を選択します。後でこの場所を送信元あるいは送信先として設定します。

  5. [エージェント] で使用するエージェントを選択します。以前に作成したエージェントがある場合、このエージェントがリストに表示されます。エージェントはセルフマネージド NFS サーバーに接続し、セルフマネージドの場所と AWS 間の安全な転送を簡単にします。

  6. [NFS Server (NFS Server)] に、NFS サーバーのドメインネームシステム (DNS) 名あるいは IP アドレスを提供します。

  7. [マウントパス] に NFS の場所のマウントパスを入力します。

  8. (オプション) [その他の設定] を展開し、使用する特定の NFS バージョンを選択します

    デフォルトでは、NFS バージョン 4.1 DataSync を使用します。

  9. (オプション) NFS ロケーションのタグを作成するには、「タグを追加」を選択します。タグは、場所の管理、フィルタリング、検索に便利なキー値ペアです。

  10. 終了したら、[Create location (場所の作成)] を選択します。

これらの NFS の場所の設定についての詳細は、「NFS の場所設定」を参照してください。

NFS の場所設定

以下は、 DataSync で NFS の場所の設定を構成する説明を示しています。

エージェント

エージェントは、セルフマネージドの場所に接続するためにセルフマネージド環境にデプロイされた VM です。エージェントは、オンプレミスの場所と AWS 間の安全な転送を簡単にします。1 か所以上の場所で 1 つのエージェントを使用できます。

タスクが複数のエージェントを使用する場合、すべてのエージェントで実行するタスクが [Available (使用可能)] ステータスにあることが必要です。送信元の場所で複数のエージェントを使用する場合、すべてのエージェントのステータスが実行するタスクで [Available (使用可能)] であることが必要です。エージェントは、タスクを中断しないメカニズムを使用して、定期的に AWS によって自動更新されます。

NFS サーバー

NFS サーバーの名前、IP アドレス、あるいは NFS サーバーの DNS 名です。オンプレミスにインストールされたエージェントは、この名前を使用してネットワークに NFS サーバーをマウントします。

マウントパス

NFS ファイルシステムのマウントパスです。このパスは、NFS サーバーからエクスポートしたパスあるいはエクスポートされたパスのサブディレクトリである必要があります。このパスは、他の NFS クライアントがネットワークでマウントできるようにする必要があります。マウントパスの問題を解決する方法の詳細については、「タスクのステータスが使用不可であり、マウントエラーを示す」を参照してください。

指定するフォルダのすべてのデータを転送するには、 DataSync すべてのデータを読み取るアクセス許可を持っている必要があります。これを確実にするには、を使用して NFS エクスポートを設定するかno_root_squash、転送するファイルの権限がすべてのユーザーに読み取りアクセス許可になっていることを確認します。 DataSync いずれかを行うことで、エージェントはファイルを読み取ることができます。エージェントがディレクトリにアクセスするため、さらにすべての実行アクセスを有効にする必要があります。

Tag

タグは、場所の管理、フィルタリング、検索に便利なキー値ペアです。タグの追加はオプションです。リソースの命名にタグを使用することをお勧めします。

注記

DataSync は、NFS v3、NFS v4.0、および NFS v4.1 プロトコルをサポートしています。 DataSyncは、NFS の場所から読み取る際に使用される NFS バージョンを自動的に選択します。特定の NFS バージョンを使用する場合は、「を参照してください DataSync 共有をマウントするために特定の NFS または SMB バージョンを使用するように設定するにはどうすればよいですか?。 DataSync

NFS サーバーオンAWS Snowcone

AWS Snowconeデバイスとの間でデータをコピーする場合は、次の設定に注意してください。

  • エージェント: AWS Snowconeデバイスで起動した Amazon EC2 エージェントを選択します。Snowcone DataSyncAWS での使用について詳しくは、『AWS Snowconeユーザーガイド』の「 DataSyncファイル転送の使い方」を参照してください。

  • NFS サーバー: を使用して Snowcone デバイス上の NFS サーバーにアタッチした仮想 IP アドレスを指定しますAWS OpsHub for Snow Family。AWS OpsHub の使用方法の詳細については、「AWS OpsHub for Snow Family を使用してデバイスを管理する」を参照してください。

  • マウントパス: データを転送するバケットの NFS エクスポートパスを指定します。Amazon S3 バケットのエクスポートパスの形式は /buckets/bucket-name です。AWS Snowcone NFS サーバーの使用方法の詳細については、AWS Snowconeユーザーガイドの「NFS ファイル共有を使用してファイルストレージを管理する」を参照してください。