のオブジェクトストレージの場所の作成AWS DataSync - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のオブジェクトストレージの場所の作成AWS DataSync

ロケーションはオブジェクトストレージシステムのエンドポイントでありオンプレミスでも別のクラウドプロバイダー(Google Cloud Storage バケットなど)でもホストできます。 AWS DataSync場所を送信元あるいは送信先として使用することができます。

前提条件

AWS DataSyncオブジェクトストレージシステムに接続するには、オブジェクトストレージシステムが次の Amazon S3 API オペレーションと互換性を持っている必要があります

  • AbortMultipartUpload

  • CompleteMultipartUpload

  • CopyObject

  • CreateMultipartUpload

  • DeleteObject

  • DeleteObjects

  • DeleteObjectTagging

  • GetBucketLocation

  • GetObject

  • GetObjectTagging

  • HeadBucket

  • HeadObject

  • ListObjectsV2

  • PutObject

  • PutObjectTagging

  • UploadPart

オブジェクトストレージシステムもクエストを認証のためにAWS署名バージョン 4 をサポートしている必要があります。(AWS署名バージョン 2 は廃止されました。)

Google クラウドストレージバケットへ、またはバケットから移行する際の考慮事項

は Amazon S3 API を使用して Google Cloud Storage DataSync と通信するため、 DataSync オブジェクトタグをコピーしようとするとタスクが失敗する原因となる制限があります。これを防ぐには、タスク設定を行うときに [オブジェクトタグのコピー] チェックボックスをオフにします。詳細については、「ファイルメタデータと管理オプション」を参照してください。

Google クラウドストレージからの移行方法の詳細については、を参照してくださいチュートリアル: Google クラウドストレージから Amazon S3 へのデータの転送

ロケーションの作成

オブジェクトストレージシステムは、のソースまたはデスティネーションの場所にすることができます DataSync。

コンソールを使用してオブジェクトストレージロケーションを作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/datasync/AWS DataSync でコンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで [Locations] を選択します。

  3. [Locations (場所)] ページで、[Create location (場所の作成)] を選択します。

  4. ロケーションタイプで、オブジェクトストレージを選択します。

    後でこの場所を送信元あるいは送信先として設定します。

  5. [エージェント] では、1 DataSync つ以上のエージェントを選択します。

    転送中、エージェントはオブジェクトストレージサーバーに安全に接続します。

  6. サーバーで、オブジェクトストレージサーバーのドメイン名または IP アドレスを指定します。

  7. [Bucket name (バケット名)] に、転送に関係するオブジェクトストレージバケットの名前を入力します。

  8. [フォルダ] に、オブジェクトプレフィックスを入力します。

    DataSync このプレフィックスを持つオブジェクトのみをコピーします。

  9. オブジェクトストレージサーバーへの接続を設定するには、[その他の設定] を展開して次の操作を行います。

    1. [サーバープロトコル] で [HTTP] または [HTTPS] を選択します。

    2. サーバーポートには、デフォルトポート (HTTP の場合は 80、HTTPS の場合は 443) を使用するか、必要に応じてカスタムポートを指定します。

    3. [証明書] で、[ファイルを選択] を選択して、 DataSync オブジェクトストレージサーバーに接続するときにエージェントが信頼するプライベート証明書または自己署名証明書を指定します。

      カスタム証明書ファイルには、.pem拡張子が必要です。

  10. オブジェクトストレージサーバーへのアクセスに認証情報が必要な場合は、[認証情報が必要です] を選択し、バケットにアクセスするためのアクセスキーとシークレットキーを入力します

    アクセスキーとシークレットキーの設定を使用して、それぞれユーザー名とパスワードを指定できます。

  11. [タグを追加] を選択して位置情報をタグ付けします。

    タグは、AWSリソースの管理、フィルタリング、検索に役立ちます。少なくても場所の名前タグを作成することを推奨します。

  12. [ロケーションを作成] を選択します。