で Amazon FSx for OpenZFS の場所を作成するAWS DataSync - AWS DataSync

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

で Amazon FSx for OpenZFS の場所を作成するAWS DataSync

場所は、Amazon FSx for OpenZFS ファイルシステムのエンドポイントです。 AWS DataSync場所を送信元あるいは送信先として使用することができます。

FSx for OpenZFS ファイルシステムへのアクセス

DataSync は、FSx for OpenZFS ファイルシステムをネットワークインターフェイスを使用してVirtual Private Cloud (VPC) からマウントします。 DataSyncユーザーに代わってこれらのネットワークインターフェイスの作成、使用、および削除を完全に管理します。

注記

と一緒に使用する VPC DataSync にはデフォルトテナンシーが必要です。専用テナンシーのある VPC はサポートされていません。詳細については「」を参照してください

OpenZFS ファイルシステム認証のための FSx の設定

DataSync は FSx for OpenZFS ファイルシステムに NFS クライアントとしてアクセスし、ユーザー ID (UID) とグループ ID (GID)0 を持つルートユーザーとしてファイルシステムをマウントします。

DataSync すべてのファイルメタデータをコピーするには、を使用してファイルシステムボリュームの NFS エクスポート設定を構成する必要がありますno_root_squash。ただし、 DataSync このアクセスレベルは特定のタスクのみに制限できます。

詳細については、「Amazon FSx for OpenZFS ユーザーガイド」の「ボリュームのプロパティ」を参照してください。

DataSync タスクによってのみアクセスされる各ボリュームに固有の NFS エクスポートを設定できます。これは、FSX for OpenZFS ロケーションの作成時に指定したマウントパスの最新の祖先ボリュームに対して行います。

に固有の NFS エクスポートを設定するには DataSync

  1. DataSync タスクを作成します

    これにより、NFS エクスポート設定で指定するタスクのエラスティックネットワークインターフェイスが作成されます。

  2. Amazon EC2 コンソールまたはを使用して、タスクのネットワークインターフェイスのプライベート IP アドレスを確認しますAWS CLI。

  3. FSX for OpenZFS ファイルシステムボリュームでは、タスクのネットワークインターフェイスごとに次の NFS エクスポート設定を構成します。

    • クライアントアドレス: ネットワークインターフェースのプライベート IP アドレスを入力します (例:10.24.34.0)。

    • NFS オプション: rw,no_root_squash と入力します。

すべてのクライアントの NFS エクスポートの設定

すべてのクライアントへのルートアクセスを許可する NFS エクスポートを指定できます。

すべてのクライアントに NFS エクスポートを設定するには

  • FSX for OpenZFS ファイルシステムボリュームでは、次の NFS エクスポート設定を行います。

    • クライアントアドレス: * と入力します。

    • NFS オプション: rw,no_root_squash と入力します。

ロケーションの作成

場所を作成するには、既存の FSx for OpenZFS ファイルシステムが必要です。お持ちでない場合は、『Amazon FSX for OpenZFS ユーザーガイド』の「Amazon FSX for OpenZFS の使用開始」を参照してください

FSx for OpenZFS の場所を作成するには

  1. https://console.aws.amazon.com/datasync/AWS DataSync でコンソールを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで [場所] を選択し、[位置情報の作成] を選択します。

  3. ロケーションタイプにはAmazon FSx を選択します。

    後でこの場所を送信元あるいは送信先として設定します。

  4. FSx ファイルシステムの場合、場所として使用する FSx for OpenZFS ファイルシステムを選択します。

  5. マウントパスで、FSx for OpenZFS ファイルシステムのマウントパスを入力します。

    パスは、/fsxファイルシステム内の既存のディレクトリパスで始まっていなければならず、任意のディレクトリパスでもかまいません。場所をソースとして使用する場合、 DataSync マウントパスからデータを読み取ります。ロケーションをデスティネーションとして使用すると、 DataSync すべてのデータがマウントパスに書き込まれます。サブディレクトリが指定されていない場合は、ルートボリュームディレクトリ (たとえば、/fsx) DataSync を使用します。

  6. セキュリティグループでは、FSX for OpenZFS ファイルシステムへのネットワークアクセスを提供するセキュリティグループを最大 5 つ選択します。

    セキュリティグループは、FSx for OpenZFS ファイルシステムによって使用されるネットワークポートへのアクセスを提供する必要があります。ファイルシステムは、セキュリティグループからのネットワークアクセスを許可する必要があります。

    セキュリティグループの詳細については、Amazon FSX for OpenZFS ユーザーガイドの「Amazon VPC によるファイルシステムのアクセスコントロール」を参照してください

  7. (オプション) [その他の設定] を展開し、[NFS バージョン] の場合は、 DataSync ファイルシステムへのアクセスに使用する NFS バージョンを選択します。

    デフォルトでは、NFS バージョン 4.1 DataSync を使用します。

  8. (オプション) FSX for OpenZFS ファイルシステムにタグを付けるキーフィールドと値フィールドに値を入力します

    タグは、位置の管理、フィルタリング、検索に役立ちます。少なくても場所の名前タグを作成することを推奨します。

  9. [ロケーションを作成] を選択します。