Windows への NICE DCV サーバーのインストール - NICE DCV

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Windows への NICE DCV サーバーのインストール

インストールウィザードを使用して、NICE DCV サーバーを Windows ホストサーバーにインストールすることができます。ウィザードで一連のステップを実行して、NICE DCV サーバーのインストールをカスタマイズすることができます。また、コマンドラインを使用して自動インストールを実行することもできます。その場合はデフォルト設定によりインストール手順が自動化されます。

ウィザードの使用

NICE DCV サーバーインストールウィザードを使用して、ガイド付きインストールを行います。

ウィザードを使用して NICE DCV サーバーを Windows にインストールする方法
  1. NICE DCV サーバーのインストール先となるサーバーを起動して接続します。

  2. NICE DCV ウェブサイトから NICE DCV サーバーインストーラをダウンロードします。

    注記

    NICE DCV サーバーは、64 ビットバージョンでのみ利用可能で、64 ビット Windows オペレーティングシステムでサポートされています。

    ヒント

    ダウンロード用ウェブサイトの最新のパッケージには、利用可能な最新バージョンに常に接続されているリンクが含まれます。これらのリンクを使用すれば、最新の NICE DCV パッケージを自動的に取得できます。

  3. nice-dcv-server-x64-Release-2023.1-version_number.msi を実行します。

  4. ようこそ画面で、[Next] を選択します。

  5. [End-User License Agreement] (エンドユーザーライセンス契約) 画面で、使用許諾書を読みます。同意する場合は、[I accept the terms in the License Agreement] (使用許諾契約書の条項に同意します) チェックボックスを選択して、[Next] (次へ) を選択します。

  6. (オプション) [コンポーネントの選択] 画面で項目を選択して、インストールするコンポーネントを設定します。インストールするコンポーネントをマークするには、その項目を選択し、「ローカルハードドライブにインストールされる」を選択します。インストール対象からコンポーネントを除外するには、その項目を選択し、[すべての機能が使用できなくなくなる] を選択します。

  7. [DCV Service Configuration (DCV サービス設定)] 画面で、次の操作を行います。

    1. (オプション) サーバーのファイアウォールを手動で構成して必要なポートで通信できるようにするには、[No, I will manually configure my firewall later (いいえ、後でファイアウォールを手動で構成します)] を選択します。

    2. (オプション) NICE DCV サーバーをインストール後に手動で起動するには、[No, I want to start a DCV Service manually] (いいえ、DCV サービスを手動で開始します) を選択します。このオプションを選択すると、インストールが完了した後で自動的にコンソールセッションを開始することはできません。このオプションを選択すると、ステップ 9 はスキップされます。

  8. [次へ] を選択します。

  9. [DCV Session Management Configuration (セッション管理設定)] 画面で、自動コンソールセッションの所有者を指定します。または、インストールの完了後に自動コンソールセッションが開始されないようにするには、[いいえ、セッションを手動で作成します] を選択します。

    注記

    以前にサーバーを自動的に開始することを選択した場合にのみ、このステップを完了します。

  10. [Install] (インストール) を選択します。

自動インストール

デフォルト設定では、自動インストールにより次の処理が実行されます。

  • ポート 8443 を介した通信を許可するファイアウォールルールを追加します。

  • NICE DCV サーバーの自動起動を有効にします。

  • 自動コンソールセッションを作成します。

  • コンソールセッションの所有者を、インストールを実行するユーザーに設定します。

インストールコマンドに次のオプションを追加することで、デフォルトのアクションを上書きすることができます。

  • DISABLE_FIREWALL=1 — インストーラによりファイアウォールルールが追加されないようにします。

  • DISABLE_SERVER_AUTOSTART=1 — NICE DCV サーバーがインストール後に自動的に開始されないようにします。

  • DISABLE_AUTOMATIC_SESSION_CREATION=1 — インストーラにより自動コンソールセッションが開始されないようにします。

  • AUTOMATIC_SESSION_OWNER=owner_name — 自動コンソールセッションの別の所有者を指定します。

  • ADDLOCAL=component_list — インストールする要素のセットに要素を追加します。

  • REMOVE=component_list — インストールする要素のセットから要素を削除します。

    注記

    REMOVE オプションは ADDLOCAL オプションの後で評価されます。両方のリストに入っている要素はインストールされません。

component_list は、次の値が含まれている可能性があるコンマ区切りリストです。

  • audioMicDriver: マイクロフォンドライバー

  • audioSpkDriver: スピーカードライバー

  • printerDriver: プリンタードライバー

  • usbDriver: USB デバイスリモート化ドライバー (デフォルトでは無効)

  • webcamDriver: ウェブカメラのドライバー

  • gamepadDriver: ゲームパッドドライバー

  • webClient: ウェブクライアント

  • webauthn: Webauthn リダイレクト

  • ALL: すべてのコンポーネント

自動インストールを使用して Windows に NICE DCV サーバーをインストールする方法
  1. NICE DCV サーバーのインストール先となるサーバーを起動して接続します。

  2. NICE ウェブサイトから NICE DCV サーバーインストーラをダウンロードします。

    注記

    NICE DCV サーバーは、64 ビットバージョンでのみ利用可能で、64 ビット Windows オペレーティングシステムでサポートされています。

  3. コマンドプロンプトウィンドウを開いて、インストーラをダウンロードしたフォルダに移動します。

  4. 次のいずれかの例に示されているように、自動インストーラを実行します。

    • デフォルトのコンポーネントをインストールします。

      C:\> msiexec.exe /i nice-dcv-server-x64-Release-2023.1-version_number.msi /quiet /norestart /l*v dcv_install_msi.log
    • すべてのコンポーネントをインストールします。

      C:\> msiexec.exe /i nice-dcv-server-x64-Release-2023.1-version_number.msi ADDLOCAL=ALL /quiet /norestart /l*v dcv_install_msi.log
    • コンポーネントのサブセットをインストールします。

      C:\> msiexec.exe /i nice-dcv-server-x64-Release-2023.1-version_number.msi ADDLOCAL=audioMicDriver,audioSpkDriver,printerDriver,webcamDriver /quiet /norestart /l*v dcv_install_msi.log