ホスト仮想インターフェイスを承諾する - AWS Direct Connect

ホスト仮想インターフェイスを承諾する

ホスト仮想インターフェイスを使用する前に、仮想インターフェイスを承諾する必要があります。プライベート仮想インターフェイスの場合は、既存の仮想プライベートゲートウェイまたは Direct Connect Gateway も必要です。トランジット仮想インターフェイスの場合は、既存の仮想プライベートゲートウェイまたは Direct Connect ゲートウェイが必要です。

ホスト仮想インターフェイスを承諾するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Virtual Interfaces] を選択します。

  3. 仮想インターフェイスを選択したら、[View details (詳細の表示)] を選択します。

  4. [承諾] を選択します。

  5. これは、プライベート仮想インターフェイスおよびトランジット仮想インターフェイスに適用されます。

    (トランジット仮想インターフェイス) [仮想インターフェイスの承諾] ダイアログボックスで、Direct Connect ゲートウェイを選択して、[仮想インターフェイスの承諾] を選択します。

    (プライベート仮想インターフェイス) [仮想インターフェイスの承諾] ダイアログボックスで、仮想プライベートゲートウェイまたは Direct Connect ゲートウェイを選択して、[仮想インターフェイスの承諾] を選択します。

  6. ホスト仮想インターフェイスを承諾すると、AWS Direct Connect 接続の所有者はルーター設定ファイルをダウンロードすることができます。[ルーター設定をダウンロードする] オプションは、ホストされた仮想インターフェイスを承諾するアカウントでは利用できません。

コマンドラインまたは API を使用して、ホストされたプライベート仮想インターフェイスを承諾するには

コマンドラインまたは API を使用して、ホストされたパブリック仮想インターフェイスを承諾するには

コマンドラインまたは API を使用して、ホストされたトランジット仮想インターフェイスを承諾するには