とは AWS Direct Connect - AWS Direct Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

とは AWS Direct Connect

AWS Direct Connect は、標準のイーサネット光ファイバケーブルを介して内部ネットワークを AWS Direct Connect ロケーションにリンクします。ケーブルの一方の端はルーターに接続され、もう一方の端は AWS Direct Connect ルーターに接続されています。この接続を使用すると、パブリック AWS サービス (Amazon S3 など) または Amazon VPC への仮想インターフェイスを直接作成でき、ネットワークパス内のインターネットサービスプロバイダーをバイパスできます。 AWS Direct Connect ロケーションは、関連付けられているリージョン AWS の へのアクセスを提供します。パブリックリージョンで単一の接続を使用することも AWS GovCloud (US) 、他のすべてのパブリックリージョンでパブリック AWS サービスにアクセスすることもできます。

次の図は、 がネットワークと AWS Direct Connect どのように連携するかの概要を示しています。


			 AWS Direct Connect

AWS Direct Connect コンポーネント

に使用する主なコンポーネントは次のとおりです AWS Direct Connect。

接続

AWS Direct Connect ロケーションで接続を作成して、オンプレミスから AWS リージョンへのネットワーク接続を確立します。詳細については、「AWS Direct Connect 接続」を参照してください。

仮想インターフェイス

AWS サービスへのアクセスを有効にする仮想インターフェイスを作成します。パブリックな仮想インターフェイスでは、Amazon S3 などのパブリックなサービスへのアクセスが可能です。プライベート仮想インターフェイスは、VPC へのアクセスを有効にします。詳細については、「AWS Direct Connect 仮想インターフェイス」および「仮想インターフェイスの前提条件」を参照してください。

ネットワークの要件

AWS Direct Connect ロケーション AWS Direct Connect で を使用するには、ネットワークが次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • ネットワークが既存の AWS Direct Connect ロケーションとコロケーションされている。利用可能な AWS Direct Connect ロケーションの詳細については、AWS 「Direct Connect 製品の詳細」を参照してください。

  • AWS Direct Connect パートナーネットワーク (APN) のメンバーである AWS パートナーと連携しています。詳細については、「AWS Direct Connect をサポートする APN パートナー」を参照してください。

  • 独立系サービスプロバイダを利用して に接続する AWS Direct Connect

さらに、お客様のネットワークは以下の条件を満たしている必要があります。

  • ネットワークでは、1 ギガビットイーサネットの場合は 1000BASE-LX (1310 nm) トランシーバー、10 ギガビットイーサネットの場合は 10GBASE-LR (1310 nm) トランシーバー、100 ギガビットイーサネットの場合は 100GBASE-LR4 トランシーバーでシングルモードファイバーを使用する必要があります。

  • ポート速度が 1 Gbps を超える接続では、ポートのオートネゴシエーションを無効にする必要があります。ただし、接続を提供する AWS Direct Connect エンドポイントによっては、1 Gbps の接続で自動ネゴシエーションを有効または無効にする必要がある場合があります。仮想インターフェイスがダウンしたままの場合は、レイヤー 2 (データリンク層) 問題のトラブルシューティング を参照してください。

  • 802.1Q VLAN のカプセル化が、中間デバイスを含む接続全体でサポートされている必要があります。

  • デバイスがボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) と BGP MD5 認証をサポートしている必要があります。

  • (省略可能) ご使用のネットワークで双方向フォワーディング検出 (BFD) プロトコルを設定できます。非同期 BFD は AWS Direct Connect 、仮想インターフェイスごとに自動的に有効になります。Direct Connect 仮想インターフェイスに対して自動的に有効になりますが、お客様のルーターで設定するまでは利用可能になりません。詳細については、「Enable BFD for a Direct Connect connection」(Direct Connect 接続に対して BFD を有効にする) を参照してください。

AWS Direct Connect は、IPv4 と IPv6 の両方の通信プロトコルをサポートします。パブリック AWS サービスによって提供される IPv6 アドレスは、 AWS Direct Connect パブリック仮想インターフェイスからアクセスできます。

AWS Direct Connect は 1522 バイトまたは 9023 バイトのイーサーネットフレームサイズ (14 バイトイーサーネットヘッダー + 4 バイト VLAN タグ + IP データグラム用バイト + 4 バイト FCS) をリンクレイヤーでサポートします。使用するプライベート仮想インターフェイスの MTU を設定できます。詳細については、「プライベート仮想インターフェイスまたはトランジット仮想インターフェイスのネットワーク MTU の設定」を参照してください。

の料金 AWS Direct Connect

AWS Direct Connect には、ポート時間とアウトバウンドデータ転送の 2 つの請求要素があります。ポート時間料金は容量および接続のタイプ (専用接続あるいはホスト型接続) によって決定されます。

プライベートインターフェイスとトランジット仮想インターフェイスのデータ転送出力料金は、データ転送を担当する AWS アカウントに割り当てられます。マルチアカウントの AWS Direct Connect ゲートウェイを使用する際に追加料金はかかりません。

パブリックにアドレス指定可能な AWS リソース (Amazon S3 バケット、Classic EC2 インスタンス、インターネットゲートウェイを通過する EC2 トラフィックなど) の場合、アウトバウンドトラフィックが同じ AWS 支払者アカウントが所有するパブリックプレフィックス宛てで、 AWS Direct Connect パブリック仮想インターフェイス AWS を介してアクティブにアドバタイズされている場合、データ転送アウト (DTO) の使用量は、 AWS Direct Connect データ転送レートでリソース所有者に対して測定されます。

詳細については、AWS Direct Connect の料金を参照してください。

AWS Direct Connect メンテナンス

AWS Direct Connect は、Direct Connect がサービスをサポートするハードウェアフリートのメンテナンスアクティビティを定期的に実行するフルマネージドサービスです。Direct Connect 接続はスタンドアロンのハードウェアデバイスにプロビジョニングされるため、 Amazon Virtual Private Cloud とオンプレミスインフラストラクチャの間に回復性の高いネットワーク接続を作成できます。この機能により、信頼性が高く、スケーラブルで、費用対効果の高い方法で AWS リソースにアクセスできます。詳細については、「‭‬AWS Direct Connect  の回復性に関する推奨事項‭‬」を参照してください。

Direct Connect メンテナンスには、計画的なメンテナンスと緊急メンテナンスの 2 種類があります。

  • 計画的なメンテナンス。計画的なメンテナンスは、可用性の向上と新機能の提供を目的に事前にスケジュールされます。このタイプのメンテナンスは、メンテナンスウィンドウ中にスケジュールされ、10 カレンダー日、5 カレンダー日、1 カレンダー日の 3 つの通知が提供されます。

    注記

    カレンダーの日には、営業日以外の日と祝祭日が含まれます。

  • 緊急メンテナンス。緊急メンテナンスは、サービスに影響する障害が発生し、サービスを復元するために  AWS  からの即時アクションが必要とされる場合に開始されます。このタイプのメンテナンスは事前に計画されません。影響を受けるお客様には、メンテナンスの 60 分前までに緊急メンテナンスの通知が届きます。

メンテナンス中にトラフィックを冗長な Direct Connect 接続に適切かつプロアクティブに移行するために「AWS Direct Connect  の回復性に関する推奨事項」に従うことが推奨されます。また、冗長接続の回復性を定期的に積極的にテストして、フェイルオーバーが意図したとおりに機能することを検証することをお勧めします。AWS Direct Connect フェイルオーバーテスト 機能を使用すると、トラフィックが冗長仮想インターフェイスの 1 つを介してルーティングされていることを確認できます。

計画的メンテナンスのキャンセルをリクエストする資格基準に関するガイダンスについては、「Direct Connect のメンテナンスイベントをキャンセルする方法を教えてください」を参照してください。

注記

緊急メンテナンスリクエストはキャンセルできません。サービスを復元するために がすぐに処理 AWS する必要があるためです。

メンテナンスイベントの詳細については、「 のAWS Direct Connect FAQs」を参照してください。