AWS Direct Connect とは - AWS Direct Connect

AWS Direct Connect とは

AWS Direct Connect は、お客様の内部ネットワークを AWS Direct Connect ロケーションに、標準のイーサネット光ファイバケーブルを介して接続するサービスです。ケーブルの一端がお客様のルーターに、他方が AWS Direct Connect のルーターに接続されます。この接続を使用すると、Amazon S3 などの AWS のパブリックサービス、または Amazon VPC に対する仮想インターフェイスを直接作成できるため、ネットワークパスのインターネットサービスプロバイダーを回避できます。AWS Direct Connect ロケーションは、関連付けられているリージョン内の AWS へのアクセスを提供します。パブリックリージョン、または AWS GovCloud (US) 内の単一の接続を使用して、その他すべてのパブリックリージョン内にある AWS のパブリックサービスにアクセスすることができます。

次の図は、AWS Direct Connect とお客様のネットワークがどのように連結されるかを示したものです。


			 AWS Direct Connect

AWS Direct Connect コンポーネント

以下は、AWS Direct Connect に使用する主要コンポーネントです。

接続

AWS Direct Connect ロケーションで接続を作成し、ユーザーの施設から AWS リージョンへのネットワーク接続を確立します。詳細については、「AWS Direct Connect 接続」を参照してください。

仮想インターフェイス

AWS のサービスへのアクセスを有効にするには、仮想インターフェイスを作成します。パブリックな仮想インターフェイスでは、Amazon S3 などのパブリックなサービスへのアクセスが可能です。プライベート仮想インターフェイスは、VPC へのアクセスを有効にします。詳細については、「AWS Direct Connect 仮想インターフェイス」および「仮想インターフェイスの前提条件」を参照してください。

ネットワークの要件

AWS Direct Connect のロケーションで AWS Direct Connect を使用するには、お客様のネットワークが以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • ネットワークが既存している AWS Direct Connect ロケーションと同じ場所にある。利用可能な AWS Direct Connect ロケーションの詳細については、AWS Direct Connect 製品の詳細を参照してください。

  • AWS パートナーネットワーク (APN) のメンバーである AWS Direct Connect パートナーと連携している。詳細については、AWS Direct Connect をサポートする AWS パートナーを参照してください。

  • 独立系サービスプロバイダを利用して に接続するAWS Direct Connect

さらに、お客様のネットワークは以下の条件を満たしている必要があります。

  • ネットワークでは、1 ギガビットイーサネットの場合は 1000BASE-LX (1310 nm) トランシーバー、10 ギガビットイーサネットの場合は 10GBASE-LR (1310 nm) トランシーバー、100 ギガビットイーサネットの場合は 100GBASE-LR4 トランシーバーでシングルモードファイバーを使用する必要があります。

  • ポート速度が 1 Gbps を超える接続では、ポートのオートネゴシエーションを無効にする必要があります。ただし、AWS Direct Connect エンドポイントが接続を処理する場合、1 Gbps 接続でオートネゴシエーションを有効または無効にする必要がある場合があります。仮想インターフェイスがダウンしたままの場合は、レイヤー 2 (データリンク層) 問題のトラブルシューティング を参照してください。

  • 802.1Q VLAN のカプセル化が、中間デバイスを含む接続全体でサポートされている必要があります。

  • デバイスがボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) と BGP MD5 認証をサポートしている必要があります。

  • (省略可能) ご使用のネットワークで双方向フォワーディング検出 (BFD) プロトコルを設定できます。非同期 BFD は AWS Direct Connect 仮想インターフェイスに対して自動的に有効になりますが、ユーザーがそれをルーターで設定するまで実施されません。

AWS Direct Connect では、IPv4 と IPv6 の両方の通信プロトコルがサポートされます。AWS のパブリックサービスが提供する IPv6 アドレスは、AWS Direct Connect パブリック仮想インターフェイス経由でアクセスできます。

AWS Direct Connect は 1522 バイトまたは 9023 バイトのイーサーネットフレームサイズ (14 バイトイーサーネットヘッダー + 4 バイト VLAN タグ + IP データグラム用バイト + 4 バイト FCS) をリンクレイヤーでサポートします。使用するプライベート仮想インターフェイスの MTU を設定できます。詳細については、「プライベート仮想インターフェイスまたはトランジット仮想インターフェイスのネットワーク MTU の設定」を参照してください。

AWS Direct Connect の料金

AWS Direct Connect には、ポート時間とアウトバウンドデータ転送の 2 つの請求要素があります。ポート時間料金は容量および接続のタイプ (専用接続あるいはホスト型接続) によって決定されます。

プライベートインターフェイスとトランジット仮想インターフェイスのデータ送信料金は、データ転送を行う AWS アカウントに割り当てられます。マルチアカウントの AWS Direct Connect ゲートウェイを使用する際に追加料金はかかりません。

パブリックにアドレス指定できる AWS リソース (例えば、Amazon S3 バケット、Classic EC2 インスタンス、インターネットゲートウェイを経由する EC2 トラフィック) では、アウトバウンドトラフィックが同じ AWS 支払者アカウントによって所有されるパブリックプレフィックス宛てであり、AWS Direct Connect パブリック仮想インターフェイスを通じて AWS にアクティブにアドバタイズされている場合、データ送信 (DTO) の使用量が AWS Direct Connect データ転送レートでリソース所有者に請求されます。

詳細については、AWS Direct Connect の料金を参照してください。