許可されたプレフィックスのインタラクション - AWS Direct Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

許可されたプレフィックスのインタラクション

許可されたプレフィックスが Transit Gateway や仮想プライベートゲートウェイとやり取りする方法について説明します。詳細については、「ルーティングポリシーと BGP コミュニティ」を参照してください。

仮想プライベートゲートウェイの関連付け

プレフィックスリスト (IPv4 と IPv6) は、同じ CIDR またはより小さな範囲の CIDR が Direct Connect ゲートウェイにアドバタイズされることを許可するフィルタとして機能します。プレフィックスは、VPC CIDR ブロックと同じ範囲またはより広い範囲に設定する必要があります。

注記

許可リストはフィルタとしてのみ機能し、関連付けられた VPC CIDR のみがカスタマーゲートウェイにアドバタイズされます。

CIDR 10.0.0.0/16 が仮想プライベートゲートウェイにアタッチされた VPC があるシナリオを考えてみます。

  • 許可されたプレフィックスリストが 22.0.0.0/24 に設定されている場合、ルートは受け取りません。これは、22.0.0.0/24 が 10.0.0.0/16 と同じあるいはより広くないためです。

  • 許可されたプレフィックスリストが 10.0.0.0/24 に設定されている場合、ルートは受け取りません。これは、10.0.0.0/24 が 10.0.0.0/16 と同じでないためです。

  • 許可されたプレフィックスリストが 10.0.0.0/15 に設定されている場合、10.0.0.0/16 は受け取ります。これは、IP アドレスが 10.0.0.0/16 より広いためです。

許可されたプレフィックスを削除または追加しても、そのプレフィックスを使用しないトラフィックは影響を受けません。更新中、ステータスは associated から updating に変化します。既存のプレフィックスを変更すると、そのプレフィックスを使用するトラフィックだけが遅延する可能性があります。

トランジットゲートウェイの関連付け

Transit Gateway の関連付けの場合、許可されたプレフィックスリストを Direct Connect ゲートウェイでプロビジョニングします。このリストは、Transit Gateway にアタッチされた VPC に割り当てられた CIDR がない場合でも、Direct Connect ゲートウェイとの間のオンプレミストラフィックを Transit Gateway にルーティングします。使用可能なプレフィックスは、ゲートウェイのタイプによって動作が異なります。

  • トランジットゲートウェイアソシエーションでは、入力された許可されたプレフィックスのみがオンプレミスにアドバタイズされます。これらは Direct Connect ゲートウェイ ASN から発信されたものとして表示されます。

  • 仮想プライベートゲートウェイの場合、入力された許可されたプレフィックスは、同じまたはより小さい CIDR を許可するフィルターの役割を果たします。

CIDR 10.0.0.0/16 が Transit Gateway にアタッチされた VPC があるシナリオについて考えてみます。

  • 許可されたプレフィックスリストが 22.0.0.0/24 に設定されている場合、トランジット仮想インターフェイスで BGP 経由で 22.0.0.0/24 を受信します。許可されたプレフィックスリスト内のプレフィクスを直接プロビジョニングするため、10.0.0.0/16 は受信しません。

  • 許可されたプレフィックスリストが 10.0.0.0/24 に設定されている場合、トランジット仮想インターフェイスで BGP 経由で 10.0.0.0/24 を受信します。許可されたプレフィックスリスト内のプレフィクスを直接プロビジョニングするため、10.0.0.0/16 は受信しません。

  • 許可されたプレフィックスリストが 10.0.0.0/8 に設定されている場合、トランジット仮想インターフェイスで BGP 経由で 10.0.0.0/8 を受信します。

複数のトランジットゲートウェイが Direct Connect ゲートウェイに関連付けられている場合、許可されるプレフィックスの重複は許可されません。例えば、許可されたプレフィックスリストに 10.1.0.0/16 を含むトランジットゲートウェイがあり、許可されたプレフィックスリストが 10.2.0.0/16 と 0.0.0.0/0 を含む 2 番目のトランジットゲートウェイがある場合、2 番目のトランジットゲートウェイからの関連付けを 0.0.0.0/0 に設定することはできません。0.0.0.0/0 にはすべての IPv4 ネットワークが含まれるため、複数のトランジットゲートウェイが Direct Connect ゲートウェイに関連付けられている場合、0.0.0.0/0 を設定することはできません。許可されたルートが Direct Connect ゲートウェイの 1 つ以上の既存の許可ルートと重複していることを示すエラーが返されます。

許可されたプレフィックスを削除または追加しても、そのプレフィックスを使用しないトラフィックは影響を受けません。更新中、ステータスは associated から updating に変化します。既存のプレフィックスを変更すると、そのプレフィックスを使用するトラフィックだけが遅延する可能性があります。