AWS Direct Connect のクォータ - AWS Direct Connect

AWS Direct Connect のクォータ

次の表に、AWS Direct Connect に関連する制限事項の一覧を示します。他に明記されていない限り、AWS Direct Connect 制限フォームを使用して、これらのいずれの上限についても引き上げをリクエストできます。

コンポーネント 制限 コメント

AWS Direct Connect 専用接続あたりのプライベートまたはパブリック仮想インターフェイス数

50

この制限を増やすことはできません。

AWS Direct Connect 専用接続あたりのトランジット仮想インターフェイス数

1

この制限を増やすことはできません。
AWS Direct Connect ホスト接続あたりのプライベート、パブリック、またはトランジット仮想インターフェイス数1 1 この制限を増やすことはできません。

1 つのアカウントで、リージョンごとのアクティブな AWS Direct Connect 接続

10
Link Aggregation Group (LAG) あたりの仮想インターフェイスの数 50

プライベート仮想インターフェイスのボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) セッションあたりのルート

BGP セッションで 100 を超えるルートにアドバタイズしている場合、BGP セッションはアイドル状態になり BGP セッションは DOWN になります。

100

この制限を増やすことはできません。

パブリック仮想インターフェイスのボーダーゲートウェイプロトコル (BGP) セッションあたりのルート数

1,000

この制限を増やすことはできません。

Link Aggregation Group (LAG) ごとの専用接続数

4

リージョンごとの Link Aggregation Group (LAG) の数

10

アカウントあたりの AWS Direct Connect ゲートウェイ

200

AWS Direct Connect ゲートウェイ当たりの仮想プライベートゲートウェイの数

10

この制限を増やすことはできません。

AWS Direct Connect ゲートウェイあたりのトランジットゲートウェイ数 3 この制限を増やすことはできません。

AWS Direct Connect ゲートウェイあたりの仮想インターフェイス (プライベートまたはトランジット)

30

オンプレミスからトランジット仮想インターフェイスの AWS へのプレフィックス数 100 この制限を増やすことはできません。
AWS からトランジット仮想インターフェイスの AWS への AWS Transit Gateway ごとのプレフィックス数 20 この制限を増やすことはできません。

AWS Direct Connect は次のシングルモードファイバのポート速度をサポートします。1 Gbps: 1000BASE-LX (1310nm) および 10 Gbps: 10GBASE-LR (1310nm)。

1: キャパシティーが 1 Gbps 未満のホスト接続で、トランジット仮想インターフェイスを作成することはできません。

負荷分散に関する考慮事項

複数のパブリック VIF で負荷分散を使用する場合は、すべての VIF が同じリージョンにある必要があります。