LAG を更新する - AWS Direct Connect

LAG を更新する

次の Link Aggregation Group (LAG) 属性が更新できます。

  • LAG の名前。

  • LAG 自体が機能するために使用する必要がある、接続の最小数を指定する値。

  • LAG の MACsec 暗号化モード。

    MACSec は専用接続でのみ使用が可能です。

    AWS は、LAG の構成部分である各接続にこの値を割り当てます。

    有効な値は以下のとおりです。

    • should_encrypt

    • must_encrypt

      暗号化モードにこの値を設定した場合は、暗号化がダウンした際に接続もダウンします。

    • no_encrypt

  • タグ。

注記

使用できる接続の最小数のしきい値を調整する場合は、新しい値によって LAG がこのしきい値を下回り、機能しなくなることがないようにしてください。

Console

LAG を更新するには

  1. AWS Direct Connect コンソール (https://console.aws.amazon.com/directconnect/v2/home) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [LAGs] を選択します。

  3. LAG を選択し、その後で [編集] をクリックします。

  4. LAG の変更

    [名前の変更] [LAG 名] に新しい LAG 名を入力します。

    [接続最小数の調整]: [最小リンク数] に、使用可能な状態にする接続の最小数を入力します。

    [タグの追加] [タグの追加] を選択して、以下を実行します。

    • [キー] にはキー名を入力します。

    • [] にキー値を入力します。

    [タグの削除] タグの横にある [タグの削除] を選択します。

  5. [Edit LAG (LAG の編集)] を選択します。

Command line

コマンドラインまたは API を使用して LAG を更新するには

コマンドラインを使用してタグを追加または削除するには