ステップ 1: VPC の作成と設定 - AWS Directory Service

ステップ 1: VPC の作成と設定

次のセクションでは、AWS Directory Service で使用するために VPC を作成し、設定する方法を説明します。

VPC を新規作成する

このチュートリアルでは、いずれかの VPC 作成ウィザードを使用して、次のものを作成します。

  • VPC

  • いずれかのサブネット

  • インターネットゲートウェイ

VPC ウィザードを使用して VPC を作成するには

  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. [VPC Dashboard] (VPC ダッシュボード)で、[Launch VPC Wizard] (VPC ウィザードの起動) を選択します。

  3. [Step 1: Select a VPC Configuration] (ステップ 1: VPC 設定の選択) で、[VPC with a Single Public Subnet] (1 個のパブリックサブネットを持つ VPC) から、[Select] (選択) を選択します。

  4. ウィザードに次の情報を入力し、[Create VPC] (VPC の作成) をクリックします。

    [IP CIDR block] (IP CIDR ブロック)

    10.0.0.0/16

    [VPC name] (VPC 名)

    ADS VPC

    [Public subnet] (パブリックサブネット)

    10.0.0.0/24

    [Availability Zone] (アベイラビリティーゾーン)

    [No Preference] (指定なし)

    [Subnet name] (サブネット名)

    ADS Subnet 1

    [Enable DNS hostnames] (DNS ホスト名を有効化)

    デフォルトの選択をそのままにしておく

    [Hardware tenancy] (ハードウェアのテナンシー)

    [Default] (デフォルト)

  5. VPC の作成には数分かかります。VPC が作成されたら、次のセクションに進み、2 つ目のサブネットを追加します。

2 つ目のサブネットの追加

AWS Directory Service では、VPC に 2 つのサブネットが必要です。また、各サブネットは異なるアベイラビリティーゾーンに存在している必要があります。VPC ウィザードでは、サブネットを 1 つしか作成できないため、2 つめのサブネットは手動で作成する必要があります。また、最初のサブネットとは異なるアベイラビリティーゾーンを指定する必要があります。2 つめのサブネットを作成するには、次の手順を実行します。

サブネットを作成するには

  1. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Subnets] (サブネット) を選択し、ADS Subnet 1 という名前のサブネットを選択して、ページの下部にある [Summary] (概要) タブを選択します。このサブネットのアベイラビリティーゾーンを書き留めておきます。

  3. [Create Subnet] (サブネットの作成) をクリックし、次の情報を [Create Subnet] (サブネットの作成) ダイアログボックスに入力して、[Yes, Create] (はい、作成する) をクリックします。

    [Name tag] (名前タグ)

    ADS Subnet 2

    [VPC]

    VPC を選択します。これは ADS VPC という名前の VPC です。

    [Availability Zone] (アベイラビリティーゾーン)

    ステップ 2 で書き留めたもの以外の、任意のアベイラビリティーゾーンを選択します。AWS Directory Service で使用される 2 つのサブネットは、異なるアベイラビリティーゾーンに存在する必要があります。

    [CIDR Block] (CIDR ブロック)

    10.0.1.0/24