ステップ 1: 信頼の環境セットアップ - AWS Directory Service

ステップ 1: 信頼の環境セットアップ

このセクションでは、Amazon EC2 環境をセットアップし、新しいフォレストをデプロイして、AWS との信頼に備えて VPC を設定します。

Windows Server 2019 の EC2 インスタンスを作成する

Amazon EC2 で Windows Server 2019 のメンバーサーバーを作成するには、次の手順に従います。

Windows Server 2019 の EC2 インスタンスを作成するには

  1. Amazon EC2 コンソール (https://console.aws.amazon.com/ec2/) を開きます。

  2. Amazon EC2 コンソールで、[Launch Instance] (インスタンスを起動) を選択します。

  3. [Step 1] (ステップ 1) ページのリストで、[Microsoft Windows Server 2019 Base - ami-xxxxxxxxxxxxxxxxx] を見つけます。続いて、[Select] (選択) を選択します。

  4. [Step 2] (ステップ 2) ページで、[t2.large][Next: Configure Instance Details] (次へ: インスタンスの詳細の設定) の順に選択します。

  5. [Step 3] (ステップ 3) ページで、以下の操作を行います。

    • [Network] (ネットワーク) で、[vpc-xxxxxxxxxxxxxxxxx AWS-OnPrem-VPC01] (基本のチュートリアルでセットアップ済み) を選択します。

    • [Subnet] (サブネット) で、[subnet-xxxxxxxxxxxxxxxxx | AWS-OnPrem-VPC01-Subnet01 | AWS-OnPrem-VPC01] を選択します。

    • [Auto-assign Public IP] (自動割り当てパブリック IP) リストで、サブネットのデフォルト設定が [Enable] (有効) でない場合、[Enable] (有効) を選択します。

    • 残りの設定はデフォルトのままにしておきます。

    • [Next: Add Storage] (次へ: ストレージの追加) をクリックします。

  6. [Step 4] (ステップ 4) ページで、デフォルト設定をそのままにして、[Next: Add Tags] (次へ: タグの追加) をクリックします。

  7. [Step 5] (ステップ 5) ページで、[Add Tag] (タグを追加) をクリックします。[Key] (キー) に「example.local-DC01」と入力し、[Next: Configure Security Group] (次へ: セキュリティグループの設定) を選択します。

  8. [Step 6] (ステップ 6) ページで、[Select an existing security group] (既存のセキュリティグループを選択する) を選択し、[AWS On-Prem Test Lab Security Group] (AWS On-Prem テストラボセキュリティグループ) (基本のチュートリアルでセットアップ済み) を選択します。次に [Review and Launch] (確認と作成) を選択してインスタンスを確認します。

  9. [Step 7] (ステップ) ページで内容を確認した上で、[Launch] (起動) をクリックします。

  10. [Select an existing key pair or create a new key pair] (既存のキーペアを選択するか、新しいキーペアを作成します。) ダイアログボックスで、以下の操作を行います。

    • [Choose an existing key pair] (既存のキーペアの選択) をクリックします。

    • [Select a key pair] (キーペアの選択) で、[AWS-DS-KP] (基本のチュートリアルでセットアップ済み) を選択します。

    • [I acknowledge...] (...を認識しています) チェックボックスをオンにします。

    • [Launch Instances] (インスタンスを起動) をクリックします。

  11. [View Instances] (インスタンスの表示) をクリックして Amazon EC2 コンソールに戻り、デプロイのステータスを確認します。

サーバーをドメインコントローラーに昇格する

信頼を作成する前に、新しいフォレスト用に最初のドメインコントローラーを構築してデプロイする必要があります。このプロセスでは、新しい Active Directory フォレストを設定し、DNS をインストールして、名前の解決にローカル DNS サーバーを使用するようにこのサーバーを設定します。この手順の最後にサーバーを再起動する必要があります。

注記

AWS で、オンプレミスのネットワークでレプリケートするドメインコントローラーを作成する場合は、最初に EC2 インスタンスをオンプレミスのドメインに手動で結合します。その後、サーバーをドメインコントローラーに昇格できます。

サーバーをドメインコントローラーに昇格するには

  1. Amazon EC2 コンソールで [Instances] (インスタンス) をクリックし、先ほど作成したインスタンスを選択して、[Connect] (接続) をクリックします。

  2. [Connect To Your Instance] (インスタンスへの接続) ダイアログボックスで、[Download Remote Desktop File] (リモートデスクトップファイルのダウンロード) をクリックします。

  3. [Windows Security] ダイアログボックスで、Windows Server コンピュータのローカル管理者の認証情報 (「administrator」など) を入力してログインします。ローカル管理者のパスワードがない場合は、Amazon EC2 コンソールに戻り、インスタンスを右クリックして [Get Windows Password] (Windows パスワードを取得) を選択します。AWS DS KP.pem ファイルまたは個人用の .pem キーに移動して、[Decrypt Password] (パスワードの復号) を選択します。

  4. [Start] (スタート) メニューで、[Server Manager] (サーバーマネージャー) を選択します。

  5. [Dashboard] (ダッシュボード) で、[Add Roles and Features] (ロールと機能の追加) をクリックします。

  6. [Add Roles and Features Wizard] (ロールと機能の追加ウィザード) で、[Next] (次へ) をクリックします。

  7. [Select installation type] (インストールタイプの選択) ページで、[Role-based or feature-based installation] (ロールベースもしくは機能ベースのインストール) を選択し、[Next] (次へ) をクリックします。

  8. Select destination server (送信先サーバーの選択) ページで、ローカルサーバーが選択されていることを確認し、[Next] (次へ) をクリックします。

  9. [Select server roles] (サーバーロールの選択) ページで、[Active Directory Domain Services] (Active Directory ドメインサービス) を選択します。[Add Roles and Features Wizard] (ロールと機能の追加ウィザード) ダイアログボックスで、[Include management tools] (管理ツールを含める (該当する場合)) チェックボックスがオンになっていることを確認します。[Add Features] (機能を追加)、[Next] (次へ) の順に選択します。

  10. [Select features] (機能を選択) ページで、[Next] (次へ) を選択します。

  11. [Active Directory Domain Services] (Active Directory ドメインサービス) ページで、[Next] (次へ) を選択します。

  12. [Confirm installation selections] (インストールの選択を確認) ページで、[Install] (インストール) を選択します。

  13. Active Directory バイナリがインストールされたら、[Close] (閉じる) をクリックします。

  14. Server Manager (サーバーマネージャー) が表示されたら、上部の [Manage] (管理) の横にあるフラグを確認します。このフラグが黄色に変われば、サーバーを昇格する準備は完了です。

  15. 黄色のフラグを選択し、[Promote this server to a domain controller] (このサーバーをドメインコントローラーに昇格) を選択します。

  16. [Deployment Configuration] (デプロイ設定) ページで、[Add a new forest] (新しいフォレストを追加) を選択します。[Root domain name] (ルートドメイン名) に「example.local」と入力し、[Next] (次へ) を選択します。

  17. [Domain Controller Options] (ドメインコントローラーのオプション) ページで、次の操作を行います。

    • [Forest functional level] (フォレストの機能レベル) と [Domain functional level] (ドメインの機能レベル) の両方で、[Windows Server 2016] を選択します。

    • [Specify domain controller capabilities] (ドメインコントローラーの機能を指定) で、[Domain Name System (DNS) server] (Domain Name System (DNS) サーバー) と [Global Catalog (GC)] の両方が選択されていることを確認します。

    • Directory Services Restore Mode (DSRM) のパスワードを入力し、確認します。続いて、[Next] (次へ) をクリックします。

  18. [DNS Options] (DNS のオプション) ページで、委任に関する警告を無視し、[Next] (次へ) を選択します。

  19. [Additional options] (追加のオプション) ページで、NetBios のドメイン名として [EXAMPLE] が表示されていることを確認します。

  20. [Paths] (パス) ページで、デフォルト値のまま [Next] (次へ) を選択します。

  21. [Review Options] (オプションの確認) ページで、[Next] (次へ) を選択します。これで、ドメインコントローラーのすべての前提条件が満たされていることがサーバーで確認できます。いくつかの警告が表示されることがありますが、無視して構いません。

  22. [Install] (インストール) をクリックします。インストールが完了すると、サーバーが再起動し、ドメインコントローラーとして機能するようになります。

VPC の設定

次の 3 つの手順で、AWS と接続するように VPC を設定します。

VPC のアウトバウンドルールを設定するには

  1. AWS Directory Service コンソールで、基本のチュートリアルで作成した corp.example.com の AWS Managed Microsoft AD のディレクトリ ID を書き留めます。

  2. Amazon VPC コンソール (https://console.aws.amazon.com/vpc/) を開きます。

  3. ナビゲーションペインで、[Security Groups] (セキュリティグループ) をクリックします。

  4. AWS Managed Microsoft AD のディレクトリ ID を検索します。検索結果の中から、「AWS created security group for d-xxxxxx directory controllers」(AWS により d-xxxxxx ディレクトリコントローラーのセキュリティグループが作成されました) という説明が表示されている項目を選択します。

    注記

    このセキュリティグループは、ディレクトリを最初に作成するときに自動的で作成されます。

  5. そのセキュリティグループの下にある [Outbound Rules] (アウトバウンドルール) タブを選択します。[Edit] (編集)、[Add another rule] (別のルールの追加) の順に選択し、次の値を追加します。

    • [Type] (タイプ) で、[All Traffic] (すべてのトラフィック) を選択します。

    • [Destination] (送信先) に「0.0.0.0/0」と入力します。

    • 残りの設定はデフォルトのままにしておきます。

    • [Save] (保存) をクリックします。

Kerberos の事前認証が有効になっていることを確認するには

  1. example.local ドメインコントローラーで、[Server Manager] (サーバーマネージャー) を開きます。

  2. [Tools] (ツール) メニューで、[Active Directory Users and Computers] (Active Directory ユーザーとコンピュータ) を選択します。

  3. [Users] (ユーザー) ディレクトリに移動してユーザーを右クリックし、[Properties] (プロパティ) を選択して [Account] (アカウント) タブを選択します。[Account options] (アカウントオプション) リストを下にスクロールし、[Do not require Kerberos preauthentication] (Kerberos の事前認証を要求しない) が選択されていないことを確認します。

  4. corp.example.com-mgmt インスタンスの corp.example.com ドメインに対しても同じ手順を実行します。

DNS の条件付きフォワーダーを設定するには

注記

条件付きフォワーダーは、クエリ内の DNS ドメイン名に従って DNS クエリを転送するためのネットワーク上の DNS サーバーです。例えば、widgets.example.com で終わる名前に関して受信したすべてのクエリを、特定の DNS サーバーや複数の DNS サーバーの IP アドレスに転送するように DNS サーバーを設定できます。

  1. まず、AWS Managed Microsoft AD に関するいくつかの情報を取得する必要があります。

    AWS Management Console にサインインし、AWS Directory Service コンソール (https://console.aws.amazon.com/directoryservicev2/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Directories] (ディレクトリ) を選択します。

  3. AWS Managed Microsoft AD の [directory ID] (ディレクトリ ID) を選択します。

  4. 完全修飾ドメイン名 (FQDN) であるディレクトリの DNS アドレスと corp.example.com を書き留めます。

  5. ここで、example.local ドメインコントローラーに戻り、[Server Manager] (サーバーマネージャー) を開きます。

  6. [Tools] (ツール) メニューで、[DNS] を選択します。

  7. コンソールツリーで、信頼を設定するドメインの DNS サーバーを展開し、[Conditional Forwarders] (条件付きフォワーダー) に移動します。

  8. [Conditional Forwarders] (条件付きフォワーダー) を右クリックし、[New Conditional Forwarder] (新しい条件付きフォワーダー) を選択します。

  9. DNS ドメインに、「corp.example.com」と入力します。

  10. [IP addresses of the master servers] (マスターサーバーの IP アドレス) で、[<Click here to add ...>] (ここをクリックして追加) をクリックし、AWS Managed Microsoft AD ディレクトリの最初の DNS アドレス (前の手順で書き留めたもの) を入力して、Enter キーを押します。2 つ目の DNS アドレスにも同じ操作を行います。DNS アドレスを入力すると、「タイムアウト」または「解決できません」というエラーが表示される場合があります。通常、このエラーは無視できます。

  11. [Store this conditional forwarder in Active Directory, and replicate as follows] (Active Directory で条件付きフォワーダーを保存して、次の通りにレプリケートする) チェックボックスをオンにします。ドロップダウンメニューで [All DNS servers in this Forest] (このフォレストのすべての DNS サーバー) を選択し、[OK] を選択します。