AWS Managed Microsoft AD の制限 - AWS Directory Service

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS Managed Microsoft AD の制限

次に示しているのは、AWS Managed Microsoft AD のデフォルトの制限です。特に明記されていない限り、制限はリージョンごとに存在します。

AWS Managed Microsoft AD の制限事項
Resource デフォルトの制限
AWS Managed Microsoft AD ディレクトリ -20
手動スナップショット * 5/AWS Managed Microsoft AD
手動スナップショットの期間 ** 180 日間
ディレクトリあたりのドメインコントローラーの最大数 -20
Standard Microsoft AD ごとの共有ドメイン数 5*
Enterprise Microsoft AD あたりの共有ドメイン数 $125
ディレクトリあたりの登録済み証明機関 (CA) 証明書の最大数 5*

* 手動スナップショット制限は変更できません。

** 手動スナップショットの最大サポート期間は 180 日で、これを変更することはできません。これは、削除済みオブジェクトの Tombstone-Lifetime 属性によるものです。この属性は、Active Directory のシステム状態のバックアップの有効期間を定義します。180 日より古いスナップショットから復元することはできません。詳細については、Microsoft ウェブサイトの「Active Directory のシステム状態のバックアップの有効期間について」を参照してください。

注記

AWS Elastic Network Interface (ENI) にパブリック IP アドレスをアタッチすることはできません。

アプリケーションの設計と負荷分散については、「アプリケーションのプログラミング」を参照してください。

ストレージとオブジェクトの制限については、「 Directory Service 料金表」ページの「AWS比較表」を参照してください。

制限の引き上げ

リージョンの制限を引き上げるには、以下の手順を実行します。

リージョンの制限の引き上げをリクエストするには

  1. AWS サポートセンターのページに移動して、必要に応じてサインインし、[新しいケースを開く] をクリックします。

  2. [内容] で [サービスの制限引き上げ] を選択します。

  3. [制限のタイプ] で [AWS Directory Service] を選択します。

  4. フォームのすべての必要なフィールドに入力して、希望する連絡方法のページの下にあるボタンをクリックします。