のハイレベルな見解 AWS DMS - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

のハイレベルな見解 AWS DMS

データベース移行を実行するには、 AWS DMS ソースデータストアに接続し、ソースデータを読み取り、ターゲットデータストアで使用できるようにデータをフォーマットします。次に、ターゲットデータストアにデータをロードします。この処理のほとんどはメモリ内で行われますが、大きいトランザクションではディスクへのバッファリングが必要になることがあります。キャッシュされたトランザクションとログファイルもディスクに書き込まれます。

を使用するときには、 AWS DMS 大まかに次のことを行います。

  • ネットワーク環境内で移行の適切な候補となるデータベースを検出する。

  • ソースデータベーススキーマとほとんどのデータベースコードオブジェクトを、ターゲットデータベースと互換性のある形式に自動的に変換する。

  • レプリケーションサーバーを作成します。

  • データストアに関する接続情報を持つソースエンドポイントとターゲットエンドポイントを作成します。

  • ソースデータストアとターゲットデータストアの間でデータを移行するには、1 つ以上の移行タスクを作成します。

タスクは、3 つの主なフェーズで構成できます。

  • 既存データの移行 (フルロード)

  • キャッシュされた変更の適用

  • 継続的なレプリケーション (変更データキャプチャ)

ソースから既存のデータをターゲットに移動するフルロードマイグレーションでは、 AWS DMS ソースデータストアのテーブルからターゲットデータストアのテーブルにデータをロードします。全ロードの進行中、ロードするテーブルに加えられた変更はすべてレプリケーションサーバーにキャッシュされます。これらがキャッシュされた変更点です。注意すべき点は、テーブルの全読み込みが開始されるまで、 AWS DMS そのテーブルの変更はキャプチャされないということです。つまり、変更キャプチャが開始されるポイントは、個々のテーブルごとに異なります。

特定のテーブルの全ロードが完了すると、 AWS DMS そのテーブルのキャッシュされた変更の適用がすぐに開始されます。テーブルが読み込まれ、キャッシュされた変更が適用されると、 AWS DMS 進行中のレプリケーションフェーズでトランザクションとして変更の収集が開始されます。トランザクションにテーブルがまだ完全にロードされていない場合、変更はレプリケーション インスタンスにローカルに保存されます。 AWS DMS キャッシュされた変更をすべて適用すると、テーブルのトランザクションの整合性が保たれます。この時点で、変更内容をトランザクションとして適用する、 AWS DMS 進行中のレプリケーションフェーズに移行します。

継続的なレプリケーションフェーズの開始時、トランザクションのバックログにより、ソースデータベースとターゲットデータベースの間に通常いくらかの遅延が発生します。このトランザクションバックログが終わると、移行は最終的に安定した状態になります。この時点で、アプリケーションをシャットダウンして、残りのトランザクションをターゲットに適用できるようにし、ターゲットデータベースをポイントするようになったアプリケーションを起動できます。

AWS DMS データ移行に必要なターゲットスキーマオブジェクトを作成します。を使用すると AWS DMS 、最小限の方法で、データを効率的に移行するのに必要なオブジェクトのみを作成できます。この方法では、テーブル、主キー、 AWS DMS 場合によっては固有のインデックスが作成されますが、ソースからデータを効率的に移行するために必要のない他のオブジェクトは作成されません。

あるいは、DMS Schema Conversion AWS DMS を内部で使用して、ソースデータベーススキーマとほとんどのデータベースコードオブジェクトを、ターゲットデータベースと互換性のある形式に自動的に変換することもできます。この変換は、テーブル、ビュー、ストアドプロシージャ、関数、データ型、シノニムなどを対象としています。DMS Schema Conversion が自動的に変換できないオブジェクトには、判別しやすいマークが付けられます。移行を完了するには、このようなオブジェクトは手動で変換します。